趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

筒井康隆 『ロートレック荘事件』(新潮社)

筒井康隆さんって、ミステリも書いていたのですね。

クローズドサークル&叙述トリックものです。

夏の終わりにロートレック荘に招待された青年たち。
そこで次々と美貌の若き女性たちが殺されていきます。

んー、この叙述トリックは嬉しい悲鳴をあげられない。
卑怯にすら感じる。

あと、吹雪に閉ざされれているとか無人島で船が無いとかでもないのに、なぜ一人目が殺された時点でこの屋敷から離れないのか疑問。リアリティに欠けます。

芦沢央 『悪いものが、来ませんように』(KADOKAWA)

助産院で働く紗英は夫の浮気と不妊に悩んでいた。
彼女の心の拠り所である奈津子もまた、夫のモラハラやボランティアサークルでの人間関係に悩んでいた。
共依存とも言える二人の関係が悲劇を生みます。

叙述トリックを使っていて、後半、あれ??となり、ラストでえーーとなり、読み返したくなると思います。

が、一通りショックが治まると、…だから何?と肩透かしな気持ちにも。

紗英も奈津子も友達にはなりたくないタイプ。
色々と周囲に不満があるようだけど、自分自身のせいだと気づいて欲しい。

芦沢央
、初めて読みました。美人さんですね!


中目黒 「楽食ふじた」

ミシュランのビブグルマンに選ばれている中目黒の小料理屋さん。
コースも可能なようですが、アラカルトでオーダー。
メニューに金額表示がありません…!

お通しが豪華
IMG_2558

以下、オーダーしたもの。

お造りは鰹を
IMG_2559

蓮根の焼き物
IMG_2560

豚のアスパラ巻き
IMG_2561

トウモロコシの天ぷら
IMG_2562

カニミソクリームコロッケ
IMG_2563

だし巻き卵
IMG_2564

北寄貝とミョウガの土鍋ご飯
IMG_2565
IMG_2566

鰹、豚のアスパラ巻き、トウモロコシの天ぷらが特に美味しかった。
2杯ずつ飲んで、一人9,600円でした。
ちょっと高めかな。


使ったお金: 9,600円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:割烹・小料理 | 中目黒駅代官山駅恵比寿駅

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村