趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦したフィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。

これ、予告を観た時に、綱渡るだけの話をどう2時間にしているのだろうと思ったのですよ。
一つのゴールだけで引っ張って、間に回想を入れていく「キャプテン翼」方式みたいなこと??と。
でもまぁ、ロバート・ゼメキスだし、きっと何かあるのだろうと思ったのですが・・・出オチというか設定だけというか一発屋(これ意味違うか)というか・・・。

確かに、ワールド・トレード・センターの空中綱渡りの映像は凄いです。もう宇宙だろうと古代だろうと映像ではなかなか驚かなくなってきたけれど、これは初めて観る映像だなぁ、なるほどなぁとは思いました。でも、これなら10分で良いや。

フィリップ・プティの回想方式で物語が進んでいくのですが、一番の問題は、フィリップ・プティに綱渡り以外で映画化に値するようなドラマが無いこと。だから、綱渡りに至るまでが退屈で退屈で、睡魔との闘い、そして時々負けて意識を失いました。

そして、綱渡り前日。これも大した障害が無いのよ。エレベーターが使えないかもとか、ワイヤーのガイドにするために対ビルから放った矢が見付からないとか、警備員に見つかりそうとか、そんなでもないトラブルに大仰な音楽を付けて煽る煽る。それが鼻白むのですよ・・・。
そして綱渡り。私は最初はおぉっ!と思ったけれど、やり過ぎというか調子に乗り過ぎというか、これまた鼻に付きました。本当にこんなことしたのかしら?ちょっと盛ったでしょう?みたいな。

ワールド・トレード・センターの綱渡りの映像は凄い。
フィリップを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットがいかにも大道芸人っぽい。
この2点は良かった。

最後に。
彼が成し遂げた前代未聞の偉業
そうお?こういうのを偉業と言うの??
偉いの??


2.5点(5点満点中)
http://www.thewalk-movie.jp/

8歳の少女の交通事故死。
加害者のバカなボンボン、愛人とのデートを優先して少女の搬送受け入れを拒否した医師、その愛人のエステティシャン、金のために偽証した主婦、被害者の母親・・・
事件に関わる様々な登場人物の目線で描かれていく連作で、面白そう!と思ったのですが、うーん、なんか惜しい・・・という感じ。

ミステリーとして読むと、ラストの驚きは殆ど無いし(もっと巧くミスリードを張れたと思うのだけどなぁ・・・)、人間ドラマとして読むと、登場人物の闇をもっと掘り下げないと面白くない。
もっとどちらかに振り切るべきだったと思うなぁ。

赤堀雅秋さんの新作舞台を観てきました。
実は赤堀さんの舞台を観るのは初めてで、赤堀さんが初監督された映画「その夜の侍」がとても良かったので、ずっと舞台を観たいと思っていたのであります。

ダメながらも愛すべき人間たちの関係を緊密にリアルに描き、独特のユーモアを交えることで観客に強い共感と高揚感を与える、というのが赤堀さんの作風だそうで、本作も同様でした。

10年前に妻を交通事故で亡くしている総菜屋の店主(光石研)、その事故の加害者(大森南朋)、総菜屋の従業員(赤堀雅秋)、寝たきりの店主の父親を介護しているヘルパー(麻生久美子)、店主の娘(木下あかり)、店主の商店街仲間(田中哲司)という超豪華キャスト。
店主の妻の命日の一日を描いているのですが、ストーリーはあってないようなもの。

舞台って、あの狭いスペースを逆手に取るか(劇団「ヨーロッパ企画」のような)、生の演技を見せつけるか、どちらかしか無いと思っているのですが、今回は完全に後者でした。

もう6人の演技が本当に素晴らしく、ストーリーは関係無く(失礼?)、見入ってしまいますし、つまらないと思う瞬間が全くありませんでした。
光石研も大森南朋も田中哲司も、いつもの演技と言えばいつもの演技なのですが、いやぁでも上手いねぇ。自分の役割を完璧にこなしているし、間とか本当に上手い。彼らの演技を間近で見られて、本当に贅沢な2時間を過ごすことが出来ました。

http://setagaya-pt.jp/performances/20160205onajiyume.html 

↑このページのトップヘ