趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

窪美澄 『やめるときも、すこやかなるときも』(集英社)

窪さんは常に「喪失と再生」をテーマに書き続けていると思いますが、今回も同様のテーマでした。

大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。
欠けた心を抱えたふたりが出会い、少しずつ寄り添っていく。

家具職人の壱晴は、高校3年生の時に目の前で恋人を亡くすという経験をしており、以来、恋人の命日から1週間、声が出なくなるという症状を抱えている。そして、何かから逃げようとするように、数々の女性と一晩限りの刹那的な関係を結んでいる。

一方、アル中の父親の代わりに両親を支えている桜子は、恋をする余裕が無かった。やっとできた彼氏に処女であることを引かれて以来、すっかり臆病になっている。

窪さんはやはり文章が上手だなぁと思います。
安定していて、ブレが無い。
人間の気持ちという文字にしにくいものをこんなに上手く表現できることに、いつも感心します。

ちょっとだけ気になったのは、桜子の痛さ。
かなりの痛さで、しかも顔も可愛くないみたいだし、やはり壱晴が桜子に惹かれていくのが、話が作られているように感じてしまいます。
もしくはコバルト小説っぽい展開というか。

でも、男が女に求めるのは「受容」である、という私の持論は立証されているなと思います。
女子の皆さん、必要なのは菩薩力ですよ!

銀座 「銀座815」

2016年12月にオープンしたお鮨屋さん。
2017-10-12-18-50-04
こちらは英国王室御用達のシャンパーニュ・メゾン「BOLLINGER(ボランジェ)」とミシュラン1つ星の鮨店「銀座いわ」(一度行ったことあります)コラボーレーションなのです。

オープン1周年記念で、通常22,680円(税込)のペアリングコースが、18,000円(税込)で食べられると知り、シャンパン好きの先輩と行ってきました!
※江戸前鮨コースが12,000円で、ペアリングが6,000円という内訳。

ペアリングは「シャンパン&ワイン&日本酒」か「ボランジェのフリーフロー」が選べます。
前者にしてみました。

では食べたものを。

柿の白和え キャビア添え
柿の白和え、美味しい・・・。
2017-10-12-18-57-09
こちらのペアリングはシャンパーニュ。
「アヤラ ビリュット ナチュール」
2017-10-12-18-55-54

お造りは秋刀魚!綺麗です!!
2017-10-12-19-06-36
こちらのペアリングは白ワイン。
「シャトー シガラス・ラボー ラ・セミヨン・ド・シガラス」 

焼き物はノドグロでした。
皮はパリっと、身は脂が乗っていて美味しかった。
2017-10-12-19-15-19
こちらのペアリングはシャンパーニュ。
「ボランジェ スペシャル・キュヴェ」
2017-10-12-19-16-01

蟹と木の子のサラダ トリュフを添えて
トリュフの香りが広がります。
蟹とトリュフってオムレツでもありますよね。合います。
2017-10-12-19-26-16
こちらのペアリングは白ワイン。
「シャンソン ベルナン・ヴェルジュレス プルミエ・クリュ レ・カラドゥー」

ここからお鮨です!
お鮨には、日本酒がペアリングされました。
「盛田 無濾過吟醸 本生」

スミイカ
2017-10-12-19-42-32

真鯛の昆布締め
2017-10-12-19-44-03

コハダ
2017-10-12-19-45-42

車海老
2017-10-12-19-47-57

ウニ
2017-10-12-19-52-12

赤身
2017-10-12-19-53-50

中トロ
2017-10-12-19-55-05

穴子
2017-10-12-19-56-44

いくら
2017-10-12-19-59-39

魚介の吸物
身体に染み入ります・・・。
2017-10-12-20-05-12

最後はやはりボランジェ!
「ボランジェ ラ グランダネ 2007」
2017-10-12-19-54-55
ラ・グランダネはブドウの当たり年にだけ造られるそうで、グラスで飲めることは殆どないそうです。
酒屋さんでも1本2万円位するようで、レストランで飲んだら1本いくらするのだろう・・・。
ということで、かなり酔っぱらっていましたが、これは飲み干しました。

デザートはオリーブオイルのジェラート
2017-10-12-20-12-18
ジェラートにもオリーブオイルが練り込まれています。
初めて食べたけど、オリーブオイルとジェラートって合うのね!

お料理、季節を感じられ、しかも彩りが美しかったです。
お鮨は真鯛、ウニ、中トロが特に美味しかった!!
お酒は、素人の私にもスッキリ→樽感という流れが伝わりました。

シャンパンを飲みながら、美味しいお魚を頂くというコンセプトのお店なので、ある程度お酒が飲めるとかなり楽しいと思いますが、ペアリングにしなくてもOKです。
お鮨をひたすら食べるというよりは、季節のお魚を色々食べ、最後お鮨で締めたいという人にも良いと思います。

銀座でこれだけ飲んで食べて2万円切るというのは良心的かと!


使ったお金: 一人18,000円

点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



関連ランキング:寿司 | 銀座駅日比谷駅内幸町駅

中目黒 「LONCAFE STAND NAKAMEGURO」

江ノ島に本店があるフレンチトースト専門店です。
(鎌倉など他にも何ヵ所か支店が。)
2017-10-15-12-05-03

本店には行ったことがないのですが、かつて、白金高輪に期間限定で支店があって、その時に食べました。

フレンチトーストは11種類ありました。
季節限定のかぼちゃのモンブラン、中目黒限定のライムクリームのティラミス、数量限定の黒トリュフのホワイトソースといったメニューも。

いちじくとクリームチーズと迷った末・・・、
キャラメルバナナとくるみ 860円
2017-10-15-11-51-46
+250円でホットコーヒーを付けました。

味的には白金高輪店で食べたのと変わらない印象。
柔らかくて美味しいと思います。
また機会があれば他のメニューも食べたいです。


使ったお金: 1,200円 

点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:カフェ | 中目黒駅代官山駅恵比寿駅

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村