趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

伊坂幸太郎 『AX』(KADOKAWA)

『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる〈殺し屋シリーズ〉の最新刊です。

主人公の〈兜〉は、超一流の殺し屋なのだが、家では妻に全く頭が上がらず、息子も呆れている。
妻子は〈兜〉が殺し屋であることを知らない。
〈兜〉は文房具メーカーの営業マンとの二足の草鞋を履いているのだ。

とても良かったです。
『死神の精度』に近いかな。
飄々としながらも、温かい。

これまでの〈殺し屋シリーズ〉と、一味違います。
連作短編となっており、〈兜〉は粛々と殺し屋の仕事をこなしていくのですが、それはメインプロットではない。
〈兜〉の夫として父としての物語だなと思いました。

まずは、〈兜〉の殺し屋と家庭との両立の苦労が面白いです。
殺し屋だけど、家庭人でもあるので、自宅の庭のスズメバチに悩まされたり、息子の進路を心配したり。

そして、物語が進むうちに、徐々に〈兜〉の生い立ちも分かってきます。

いつだって、暗いぬかるみの中を歩いてきた。
子供のころから親しい者もおらず、
俯きながら裏道を歩く日々を過ごしてきた。


そんな〈兜〉がようやく手に入れた家族。
本当は息子が生まれた時に、殺し屋の仕事を辞めたかったのです。
でも、そう簡単には足抜けさせてもらえない。
家族を守るために、〈兜〉がした選択とは。

いやぁ、〈兜〉がかっこ良くて、痺れます。
一見、恐妻家で情けないように思えるけど、実は物凄く強くて、気づいてもらえないけど、実は家族を守っている。

正直、〈兜〉の妻が酷すぎて、何で離婚しないのだろう?とも思ってしまうのですが、不意を突かれました・・・。
伊坂さん、上手いなぁ。
これは泣けるよ。
夫婦って良いよね・・・。
未婚の人はきっと結婚したくなるはず。


浦賀和宏 『眠りの牢獄』(講談社)

本作で初めて知った作家さんです。
1978年生まれ、19歳で第5回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。
本作の刊行は2001年、浦賀氏が23歳の時です。

二つの話が交互に描かれていきます。

5年前、自宅の階段から突き落とされ、今なお昏睡状態の亜矢子。
事故当時、現場に居合わせた浦賀、北澤、吉野は、亜矢子の兄によって地下シェルターに監禁されてしまう。

恋人に振られて恨みを募らせている福山冴子は、ネットで知り合った友人から交換殺人を持ちかけられる。

一見、何の関係も無さそうな二つの話が繋がっていきます。

叙述トリック(登場人物の性別や事件の発生した時間や場所などを示す記述を意図的に伏せることで、読者をミスリードし、読後の衝撃をもたらす)によるドンデン返しが複数仕掛けられていて、面白かった。
一気読みしました。

先に言っておくと、グロいシーンもあるので、ご注意を。

銀座 「林屋新兵衛」

京都の老舗茶舗「京はやしや」がプロデュースするカフェです。
(創業の地は加賀・金沢で、三代目が京都・宇治に茶園を開き、五代目が煎茶や抹茶を使ったスイーツを世に送り出したのだそうです。)

東京にも「京はやしや」がいくつかありますが、「林屋新兵衛」はより高級感ある雰囲気。

林屋新兵衛特製パフェ 1,500円(税抜)
2017-12-13-14-05-58

抹茶のアイスクリーム、国産本わらび餅、白玉、小豆、あんずのコンポートがトッピングされています。

どれ一つ微妙な部位が無く、完成度が高いです。
美味しかった!

このお値段なら、温かいお茶を出してくれても良いのでは?とは思うけど。


使ったお金: 1,620円
点数: 4点
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



関連ランキング:カフェ | 銀座駅内幸町駅日比谷駅

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村