趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

映画 「007 スペクター」

冒頭のヘリコプターアクション、アストンマーティンDB10のカーチェイス、雪山でまさかのアレを橇に!?、そして何よりもダニエル・クレイグが超絶かっこ良い、Qも結構好き、というのは期待通り。

なのですが、こんなの観たことない!という映像は無く(冒頭のヘリコプターアクションとあの大大大爆発シーンがCGじゃないというのは驚きですが)、期待以上なことは無かった。
ハイレベルで面白いことは間違いないのですが、2015年の5作には入らないなぁ。

もちろん面白い(しつこい)ということを大前提に、いくつかツッコミを。

(1)モニカ・ベルッチ、あれだけかい!

(2)トドメを刺すというのは殺し屋としての鉄則だよ!

(3)とにもかくにも、レア・セドゥがブス過ぎて、レア・セドゥがボンドガールではあのラストになるはずがない。
よく見て!おブスよねっ!おブスよー!!
団子鼻だし、三白眼だし、全然可愛くないよ。
あの列車内のドレス姿で現れたシーン、赤い口紅も似合ってないし、007シリーズでこれほど濡れ場にドキドキしなかったことは無いわ。

映画を観て思ったことは、「結局のところ、人間のモチベーションというのは、ものすごく個人的なことに起因するのだろうな」と。



4点(5点満点)
http://www.007.com/spectre/?lang=ja

映画 「マイ・ファニー・レディ」

新進のハリウッド女優・イザベラがインタビューを受けている。
イザベラは元コールガールだったことも隠さず、女優になったいきさつを語り始める。

初めて会った客に、コールガールを辞めて自分の将来のために使うなら3万ドルあげると言われたイザベラは、実際にコールガールを辞めて、夢だった女優を目指して舞台のオーディションに向かう。すると、その舞台の演出家こそが3万ドルをくれた客で。

イザベラ、演出家のアーノルド、その舞台の主演を務めるアーノルドの妻、イザベラを好きになる脚本家、脚本家の恋人のカウンセラー、デルタに思いを寄せる売れっ子俳優、イザベラを執拗に追い回す元客の判事、その判事が雇った探偵、たーくさんの登場人物が複雑に絡んでいく様は、御都合主義的な偶然と言う人もいるかもしれませんが、お見事だし、楽しめました。まぁ映画だし、そんな目くじら立てなくても良いじゃないですか、と思う。

台詞が良いです。
みーんな早口で喋りまくるのですが、粋だしオシャレ。

アーノルド役のオーウェン・ウィルソンが、ハマり役です。
そして、ヒステリックなカウンセラー(おまえが一番カウンセリングが必要と言いたくなるような)を演じたジェニファー・アニストンが、本当に嫌な女で良い味を出しています。

プロデューサーに、ウェス・アンダーソンも。
そしてラストにあの人がカメオ出演していて、驚きます。

ウディ・アレンが好きな人は、本作も好きじゃないかなぁと。



3.5点(5点満点)
http://www.myfunnylady.ayapro.ne.jp/

新宿御苑前 「BROTHER飲食堂」

ロティサリーチキンのお店です。

この日は、セルリアンのブッフェに朝食に行った為お腹いっぱいで、昼食を抜いたら、夜には空腹で倒れそうに。
お店の人にフルサイズは多いと言われハーフにしたら、足りないっ!
(ロティサリーチキンの他にも、何品か頼んだのですが。)
思わず帰りにカレー食べようかと思いましたが、何とか踏みとどまりました。
ロティサリーチキンはこんがりで美味しかった!

12553007_919741901408563_4046423703231691450_n


BROTHER飲食堂
住所: 新宿区新宿1-32-1 苑フタミビルB1F
アクセス: 丸ノ内線 新宿御苑前駅 2番出口から徒歩5分
電話: 03-6457-8416
定休日: 日曜日・祝日
営業時間: 12:00~16:00 18:00~23:30 
       ※ランチは平日のみ
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13170775/

使ったお金: 二人で6,000円くらい
点数: 2点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 近くにいればor誘われたら再訪しても良い。
2点: 一度行けば良いかな。
1点: 行く必要無し。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村