趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

映画 「ヴィジット」

若い頃に男と駆け落ちしたことが原因で絶縁状態になっている両親から、SNSを通じて「孫に会いたい」と連絡が来る。
冬休みを会ったことの無い祖父母の家で過ごすことになった姉弟。
最初は優しい祖父母だと思っていたが、二人の行動が徐々におかしくなっていき・・・。

ナイト・シャマラン監督は、『シックス・センス』含め、あまり好きではありませんでした。いつも、ラスト、えー?ちょっとそれはズルくないか??と思わせられると言うか。
なのですが、これはちょっと気になって観に行ってみたら、いやはや凄かった。
あれやこれや衝撃的な映像が多々あって、しばらく忘れられそうにない・・・。
とにかく祖父母がすんごいです。
あまりに振り切っていて、かなり爆笑してしまいました。
多分、皆さんが思っているような話ではない。良い?意味で。

弟役の少年がものすごくナチュラルな演技をしていて、とても良いです。
でも私はあんな目に遭ったら、あんなラップ作れるようになるのに10年はかかりそうだけど・・・。


3点(5点満点)
http://thevisit.jp/

映画 「007 スペクター」

冒頭のヘリコプターアクション、アストンマーティンDB10のカーチェイス、雪山でまさかのアレを橇に!?、そして何よりもダニエル・クレイグが超絶かっこ良い、Qも結構好き、というのは期待通り。

なのですが、こんなの観たことない!という映像は無く(冒頭のヘリコプターアクションとあの大大大爆発シーンがCGじゃないというのは驚きですが)、期待以上なことは無かった。
ハイレベルで面白いことは間違いないのですが、2015年の5作には入らないなぁ。

もちろん面白い(しつこい)ということを大前提に、いくつかツッコミを。

(1)モニカ・ベルッチ、あれだけかい!

(2)トドメを刺すというのは殺し屋としての鉄則だよ!

(3)とにもかくにも、レア・セドゥがブス過ぎて、レア・セドゥがボンドガールではあのラストになるはずがない。
よく見て!おブスよねっ!おブスよー!!
団子鼻だし、三白眼だし、全然可愛くないよ。
あの列車内のドレス姿で現れたシーン、赤い口紅も似合ってないし、007シリーズでこれほど濡れ場にドキドキしなかったことは無いわ。

映画を観て思ったことは、「結局のところ、人間のモチベーションというのは、ものすごく個人的なことに起因するのだろうな」と。



4点(5点満点)
http://www.007.com/spectre/?lang=ja

映画 「マイ・ファニー・レディ」

新進のハリウッド女優・イザベラがインタビューを受けている。
イザベラは元コールガールだったことも隠さず、女優になったいきさつを語り始める。

初めて会った客に、コールガールを辞めて自分の将来のために使うなら3万ドルあげると言われたイザベラは、実際にコールガールを辞めて、夢だった女優を目指して舞台のオーディションに向かう。すると、その舞台の演出家こそが3万ドルをくれた客で。

イザベラ、演出家のアーノルド、その舞台の主演を務めるアーノルドの妻、イザベラを好きになる脚本家、脚本家の恋人のカウンセラー、デルタに思いを寄せる売れっ子俳優、イザベラを執拗に追い回す元客の判事、その判事が雇った探偵、たーくさんの登場人物が複雑に絡んでいく様は、御都合主義的な偶然と言う人もいるかもしれませんが、お見事だし、楽しめました。まぁ映画だし、そんな目くじら立てなくても良いじゃないですか、と思う。

台詞が良いです。
みーんな早口で喋りまくるのですが、粋だしオシャレ。

アーノルド役のオーウェン・ウィルソンが、ハマり役です。
そして、ヒステリックなカウンセラー(おまえが一番カウンセリングが必要と言いたくなるような)を演じたジェニファー・アニストンが、本当に嫌な女で良い味を出しています。

プロデューサーに、ウェス・アンダーソンも。
そしてラストにあの人がカメオ出演していて、驚きます。

ウディ・アレンが好きな人は、本作も好きじゃないかなぁと。



3.5点(5点満点)
http://www.myfunnylady.ayapro.ne.jp/
記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村