監督・脚本は、『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』のミシェル・ゴンドリー。

14歳の少年2人による、ひと夏のロードムービーです。
(フランスでも14歳は中二病なのね!)

女の子のような外見でクラスメイトからミクロと呼ばれ馬鹿にされているダニエル。そんなダニエルのクラスにテオという機械に強い変わり者の転校生が現れ、クラスから浮いている二人は意気投合し、夏休みにとある計画を立てる。それは廃品を集めて車を作り、二人だけで旅に出るというものだった。

ダニエルとテオの演技が瑞々しく、そしてリアルで、あぁーー14歳の男子って本当に馬鹿だよねぇ!と嬉しくなってしまいます。
そして、14歳がどんなだかを忘れていないミシェル・ゴンドリー監督ってすごいなぁと。
お父さん、お母さん、14歳だった頃の自分を思い出して!!という気持ちになります。

本作を観ても思いますが、女の子って14歳の頃から現実的なのですよね。
これはもうどちらが偉いとかいうことではないけれど、男子の方が一つの(好きな)ことに物凄く集中できるし、そして良い意味で馬鹿だし、だからこそ何かを発明をするのは男なんだよなぁ。
14歳の心を忘れずに大人になった男が、大発明を生み出すんだろうなぁ。


3点
http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/