9月21日 DAY3 九寨溝


さて、そろそろ皆さんが最も気になるであろう、トイレ問題について言及していきます。

空港ですら殆ど洋式トイレが無い(ツアー参加者の一人は膝が悪くてしゃがめないため、とても不自由されていました)ことからも、基本的に汚いです・・・。
この旅行で何度、ウ〇チを見たことか・・・。

5つあるトイレのうち、1つはウ〇チ有り、1つはドアが無い、1つは鍵がかからない、1つは水が流れない、で、(日本人には精神的に)1つしか使えないじゃん!ということもありました。

洋式があってもあえてしゃがむのを(和式と呼ぶのも、ねぇ?)選ぶのは習慣の違いとして受け入れるとして、すごーく不思議なのは、鍵がかかるのにかけず、水を流せるのに流さない人が多々いること。
一度、ドアを開けたらしゃがんでいる人と目が合ってしまい、鍵がかからないのかぁ・・・と気まずい思いをしながら待ち、次に入ったら流れておらず、ぎえっ!水も流れないのかぁ・・・と思ったら、流れるし鍵もかかったということも。


結果的に黄龍ではケーブルカーに乗る前と下山してからしかトイレに行かなかった為、山のトイレの状況は分からず。
九寨溝は、洋式で、画期的なオートビニール巻き取りシステム?となっており、むしろ街中のトイレより衛生的でした!
↓こんなの
http://www.club-t.com/special/abroad/kyusaiko/qa.htm


で、九寨溝。
黄龍はケーブルカーで昇って、下山しながら様々な池を観るという方式でしたが、九寨溝は山の中に専用バスが走っていて、それに乗って様々なポイントに行くという方式です。
何だか楽そうに聞こえるかもしれませんが、ホテルを7時半に出発し、戻って来たのは17時半。お昼休憩を除くと、なんだかんだ8時間位、ちょっとバスに乗っては15分歩き、またちょっとバスに乗っては30分歩き、を繰り返して疲労困憊でした。


で、このバス!
ざっくりAとBとCの3ルートがあるとしましょう。
麓で最初のバスに乗るのですが、これがもう地獄絵図。阿鼻叫喚。
まるで満州での引き揚げ列車に乗るかのような命がけ状態です。
あまりに混雑しており、乗るのに必死でルートなんて選べません。
ここでAルートのバスに乗ったとしたら、その後はBルートに乗ってと、後からルートを決めていくことになります。

で、この循環バス。英語表記が無くて分かり辛いのですね。
黄龍は個人でも観光できると思いますが(実際にガイドさんは、「この先が五彩池です。では14時15分に麓で!」てな感じでしたし)、九寨溝はガイドさんが同行しないと厳しいと思います。
私一人だったら、無限バスループにはまり、一生九寨溝から出られなくなりそうです。


昨日も書きましたが、九寨溝のレストランは1か所しかなく、ブッフェですが食べたい物が全然ありません。
ちなみにこの日の朝食はホテルだったのですが、やはり食べたい物が全然無く、蒸しパンを2つほど齧り、部屋に戻ってシリアルバーを食べました。
さすがにひもじく、夜は付いていたホテルでの夕食を放棄し、ガイドさんにお薦めレストランに連れて行ってもらいました。


とは言え、九寨溝も素晴らしい風景です。
思わず叫んでしまったくらい。

透明度が高すぎて反射してしまい写真が撮れないくらいの五花海
060

コバルトブルーの五彩池
100
101

098