秋吉さんの著作も全て読んでいます。
(今のところベストは『絶対正義』です。)

東京グランド・バレエ団の創立15周年公演の演目が「ジゼル」に決定する。
実はこのバレエ団では15年前にこのジゼル役を巡って死亡事件が起きており、「ジゼル」はずっと封印されてきたのだ。
公演に向けて練習が始まると、幽霊騒ぎや芸術監督が事故に遭うなど不可解な事件が相次ぎ、プリマの嶺衣奈は精神的に追い詰められていき…。

一言で表すと、秋吉版「ブラックスワン」ということですかね。

ジゼルのストーリーと実際の出来事がリンクしていきます。

私は大人バレエを始めて2年半(子供の頃にもやっていたけど…封印)なので、バレエ用語やバレエ界の話など馴染みがあって面白かったです。
私の先生も同期がファーストソリストに抜擢されたのをきっかけに退団したそうだし、バレエ団の人間関係は大変そうだなぁと思っていました。

ただしミステリーとしてはややチープ。
もっとドロドロの人間ドラマに特化しても良かったのではないかなと。