『模倣の殺意』に続いて読んでみました中町信。

落ち目の作家・柳生照彦から編集者の花積明日子に持ち込まれたのは犯人当てリレー小説だった。
柳生の問題編に対し、柳生は解決編をタレント作家の尾道由起子に書いてもらいたいと指名する。
面白い企画だと思った明日子だったが、柳生が書いた問題編は実際にあった事件そのままだった。
柳生は犯人を知っているのか?なぜ由起子を指名したのか?


設定は面白いと思いました。
この人が犯人なのかな?と思うと、その人が殺され、とにかく次々と人が殺されていきます。
あまりの多さにむしろリアリティさに欠けてしまい、少し鼻白むというか。
ちょっとごちゃごちゃしすぎて、後半が失速気味。