冒頭のヘリコプターアクション、アストンマーティンDB10のカーチェイス、雪山でまさかのアレを橇に!?、そして何よりもダニエル・クレイグが超絶かっこ良い、Qも結構好き、というのは期待通り。

なのですが、こんなの観たことない!という映像は無く(冒頭のヘリコプターアクションとあの大大大爆発シーンがCGじゃないというのは驚きですが)、期待以上なことは無かった。
ハイレベルで面白いことは間違いないのですが、2015年の5作には入らないなぁ。

もちろん面白い(しつこい)ということを大前提に、いくつかツッコミを。

(1)モニカ・ベルッチ、あれだけかい!

(2)トドメを刺すというのは殺し屋としての鉄則だよ!

(3)とにもかくにも、レア・セドゥがブス過ぎて、レア・セドゥがボンドガールではあのラストになるはずがない。
よく見て!おブスよねっ!おブスよー!!
団子鼻だし、三白眼だし、全然可愛くないよ。
あの列車内のドレス姿で現れたシーン、赤い口紅も似合ってないし、007シリーズでこれほど濡れ場にドキドキしなかったことは無いわ。

映画を観て思ったことは、「結局のところ、人間のモチベーションというのは、ものすごく個人的なことに起因するのだろうな」と。



4点(5点満点)
http://www.007.com/spectre/?lang=ja