10年振りにあの「京味」に行ってきました!!

10年前、どうしても「京味」に行ってみたくて。でも紹介制とのこと。紹介してくれる人いないし、どうしたものかなと考え、思い切って電話。電話に出たお弟子さんに、「紹介制ということは承知しておりますが、それは信用の問題ですよね?それなら、コース料金を事前に振り込むとういのではいかがですか?」と訊いたところ、困ったお弟子さんが西さんに「大将~、事前に振り込むと言ってるんですけど…」と言っているのが聞こえてくる。すると西さんが電話を代わり、「うちはそんな大層な店じゃないんですけどねぇ。でもそこまで仰るならいらっしゃい」と仰って下さり、念願の京味を訪問できたという次第であります。

土曜日のランチ。確かあの時はなぜかカウンターに私と友人の二人だけで。(今考えると信じられないほどの贅沢。)西さんに「今日、松茸が届いたけど食べますか?」などと訊かれながら、次々と美味しいものを出して頂きました。帰りがけ、二人とも夫を家に置いてきたと言ったら、西さんに「えぇ!?奥さんなのに旦那さんを置いて!?」と驚かれ、「次は旦那さんといらっしゃい」と言われたのであります。

時は流れ。次の予約が全然取れなくて。
ようやっと、旦那さんを連れて、西さんに会いに行けました!!
西さんに、ナプキンを巻いてもらった時は感慨ひとしおでした。

写真撮影不可のため、食べたものだけ記します。

すりながし
鯛のお鮨 鱧の骨の唐揚
ずいき
鱧(落とし&焼き締め)
いちじく
雲丹のゼリー
アスパラガスと鮑の天ぷら
お造りはアコと鰹
鱧のお椀
鮎の一夜干し のどぐろ
にしん茄子
湯葉(中に魚のすり身)
ハラスご飯
デザートは葛切り、ぜんざい、わらび餅の3種類から選べます。
葛切りは西さんが目の前で作ってくれます。夫は葛切り、私はわらび餅。

鱧のお椀に驚いた。と、一品一品についての感想もありつつも、何というかトータルの満足感がすごい。このお値段なのに全く高いと感じない。
西さんの存在感に圧倒され、唯一無二のマエストロ、総監督だなぁと思いました。
「京味を知っている人生と、知らない人生」という言葉が浮かびました。

素晴らしいひと時を過ごせました。次はいつ行けるだろうか…。
(次の予約を取りたかったのですが、年内は満席で、来年のことはまだ決めていないとのこと…。)


使ったお金: 5点
点数: 45,000円

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。










関連ランキング:京料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅