弁護士・御子柴礼司シリーズの最新刊です。

シリーズ未読の方に補足すると、御子柴は14歳の時に殺人(酒鬼薔薇的な)を犯しているのですね。
そこから弁護士になったと。

今回、御子柴の妹・梓が30年ぶりに訪れ、母・郁美の弁護を依頼します。
郁美は、再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕されたと。
郁美が御子柴の母親だと知った同業者は、弁護を引き受けてくれず、仕方なく、梓は御子柴に依頼したという経緯です。

調べていくうちに、郁美の最初の夫(御子柴の父親)と再婚相手の自殺の仕方がそっくりだとわかるんですね。
本当に郁美は無実なのか?

私は完全に冒頭でミスリードされてしまいました・・・。