店名でピンと来た方、お目が高いですね!
2018年5月にオープンした、神楽坂の名店「ラトラス」のスーシェフがシェフを務めるお店です。
フィスは息子という意味なのだそうです。
美術愛住館という美術館に併設されていて、雰囲気も良いです。

ディナーコースは6,500円と10,000円の2種で、6,500円でも十分な皿数だったので、6,500円のコースにしました。
前菜とお肉は2種から選べました。

頂いたもの。

パルメザンチーズの生地のクッキーとビスケット
ビスケットは猪のミンチが挟んであります。
クッキーはブラックペッパーが練り込まれています。
IMG_9827

百合根のフラン
IMG_9829

スモーク香るジャガイモとトリュフのヴルーテ
オマール海老と地鶏のコンソメジュレ
IMG_9831

鮮魚のポワレ サフラン香るアサリのジュ
IMG_9835

鴨胸肉のロースト トリュフソース
IMG_9836

パンも美味しい。
IMG_9833

クレープシュゼット
IMG_9837

柿のコンポート ミルフィーユ 日本酒のアイス
IMG_9838

食後のお飲み物と小菓子
IMG_9840
IMG_9841

お料理どれも美味しかった!
特にジャガイモとトリュフのヴルーテと鴨胸肉のローストがシェフのスペシャリテなのに納得。
デザートも凝っていて楽しかった。
これで6,500円はコスパも良いです。


使ったお金: 9,300円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。






関連ランキング:フレンチ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅