大阪地検の一級検事である不破俊太郎は、どんな時でも感情を表に出さず、表情を全く変えないことから、陰で<能面>と呼ばれている。

そんな不破とすぐに感情が顔に出てしまう新米検察事務次官の美晴が、あるストーカー殺人事件を調べているうちに、捜査資料の一部が無くなっていることに気付く。そしてそのことが大阪府警全体を揺るがす一大スキャンダルへと発展していく。

もうこのあらすじだけで、よくある展開だなぁと思いますよね。
実際読んでもそうでした。

また中山七里さんが毒にも薬にもならない小説を量産しているなと。
もう読むの止めようかなと何度も思いながらも、ここまで読んできたし…と半ば意地?で読んでしまっています。