朝井さんの小説、過去のものでいくつか未読のものがあり、追いかけることにしました。

統廃合により校舎の取り壊しが決まったとある高校の卒業式を描いた連作短編小説集です。

好きだった先生、幼馴染、好きだった先輩、彼氏、友人・・・
7人の少女の視点で「別れ」が描かれていきます。

それぞれ、しみったれていないけど切ない。
この匙加減がすごいなぁと思います。

最終章はネタバレにならない方が良いと思いますので、どんな別れかは書きませんが、上手いなぁと思いました。

朝井さん、文章上手いわぁ。この時、何歳よ。ちょっと悔しくなるくらいの才能。