15年後に届けられたラブレター、礼状、遺書、脅迫状、受賞通知。
それにより、受け取った者たちの運命が変わっていき…。

これも設定は面白いと思ったのですが、思っていたような話ではなかった。

本当にこういう企画があって(つくば万博の際に実際にあったんですよね)、ちゃんと送り手に明確な意図があって、15年後に相手にラブレターや受賞通知が届くようにしたということなら面白いと思うの。
でも今回の小説は、送り手にそんな企画に参加した憶えが無く、なぜ相手に15年後に届けられたのかも分からないという設定で、面白さがズレているように思えました。
その点含め二重のミステリーになっていて、複雑な構成になっています。