1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦したフィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。

これ、予告を観た時に、綱渡るだけの話をどう2時間にしているのだろうと思ったのですよ。
一つのゴールだけで引っ張って、間に回想を入れていく「キャプテン翼」方式みたいなこと??と。
でもまぁ、ロバート・ゼメキスだし、きっと何かあるのだろうと思ったのですが・・・出オチというか設定だけというか一発屋(これ意味違うか)というか・・・。

確かに、ワールド・トレード・センターの空中綱渡りの映像は凄いです。もう宇宙だろうと古代だろうと映像ではなかなか驚かなくなってきたけれど、これは初めて観る映像だなぁ、なるほどなぁとは思いました。でも、これなら10分で良いや。

フィリップ・プティの回想方式で物語が進んでいくのですが、一番の問題は、フィリップ・プティに綱渡り以外で映画化に値するようなドラマが無いこと。だから、綱渡りに至るまでが退屈で退屈で、睡魔との闘い、そして時々負けて意識を失いました。

そして、綱渡り前日。これも大した障害が無いのよ。エレベーターが使えないかもとか、ワイヤーのガイドにするために対ビルから放った矢が見付からないとか、警備員に見つかりそうとか、そんなでもないトラブルに大仰な音楽を付けて煽る煽る。それが鼻白むのですよ・・・。
そして綱渡り。私は最初はおぉっ!と思ったけれど、やり過ぎというか調子に乗り過ぎというか、これまた鼻に付きました。本当にこんなことしたのかしら?ちょっと盛ったでしょう?みたいな。

ワールド・トレード・センターの綱渡りの映像は凄い。
フィリップを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットがいかにも大道芸人っぽい。
この2点は良かった。

最後に。
彼が成し遂げた前代未聞の偉業
そうお?こういうのを偉業と言うの??
偉いの??


2.5点(5点満点中)
http://www.thewalk-movie.jp/