「サンス・エ・サヴール」の料理長だった長谷川幸太郎氏が独立し、2019年4月に地元の商店街にオープンしたお店。なお、この佐竹商店街は日本で2番目に古い商店街なのだそうですよ。

長谷川氏は2007年に「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で日本人初の入賞を果たしたという凄い方なのですが、とても物腰が柔らかくて気取らない素敵な方でした。

お料理は5,000円、8,000円、10,000円の3種類。
8,000円と10,000円の違いは前菜が1皿増えるのとメインのお肉がグレードアップするとのこと。
最近食べ過ぎなので、8,000円のコースでお願いしました。

和歌山県産のヒイカとごちそうなす ジェノベーゼソース
FullSizeRender

足赤海老とジロール茸 大麦のリゾット
IMG_5369

帆立の炭火焼と南瓜のロワイヤル
器は萬古焼だそうです。
IMG_5370

フォアグラのソテーと栗のムース
IMG_5371

和歌山の太刀魚  松茸
器は古伊万里だそうです。
IMG_5372
IMG_5373

紀州の鴨
IMG_5375

スフレグラッセとシャインマスカット
IMG_5376
IMG_5377

フレンチというよりフュージョンでしょうか。
お料理どれも美味しかったですが、足赤海老とフォアグラのソテーが特に気に入りました。
器もとても素敵で、目でも楽しみました。

お値段も良心的で、銀座だったら1.5~2倍はすると思います。


使ったお金: 11,000円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:モダンフレンチ | 新御徒町駅仲御徒町駅御徒町駅