売れないシンガーソングライターのジャックが交通事故に遭い、目覚めると、そこは「ビートルズ」が存在しない世界だった。

というあらすじに、日本人的には『僕はビートルズ』を思い浮かべるかもしれません。
私も妄想したことがあるのですが、誰の曲だろうと1曲もソラで歌える曲が無いという・・・。

監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル、脚本は「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」のリチャード・カーティスと、最高の組み合わせ。

面白かったです。
とは言え、割と想定通りに話は進んでいきます。

個人的にはエド・シーラン自身が本人役で出演していて、エド・シーランのマネージャーの「エドはジャックが現れるまでの繋ぎだったんだわ」的な扱いに爆笑。エド・シーランって良い人だなぁ。まぁ、それだけビートルズを崇拝しているということか。

ジャック役、何故もっとイケメンにしなかったのだろう?せめてもっと歌が上手い人にすべきだったのでは??と思ったのですが、イケメンで歌が上手かったら、もっと違う展開になっていたか。



3.5点
https://www.yesterdaymovie.jp/