中山七里さん、相変わらず量産されてますねー。
もう次の新作が出てますわ・・・。

銀行を舞台にした連作短編小説集です。
銀行と言ってもお金を貸す側ではなく、回収する側を描いているのは新鮮でした。

営業と管理は経営の両輪。なるほど。
「営業畑だけ歩いて支店長になったヤツは少ない。将来上に立つ行員は必ず両輪を知らなきゃならん」
そうなんだー。

債権回収の方法が斬新でした。

スルスル読めます。
が、特に何も残らず。

娯楽小説ということでしょうか。