舞台は翌年に東京オリンピックを控えた昭和38年。
南千住で起きた強盗殺人事件と浅草で起きた誘拐事件。
捜査線上に浮上したのは子供達から「莫迦」と呼ばれる北国訛りの一人の青年だった。

長いけど、リーダビリティがあり、一気読みしました。
が、こんなに引っ張っておいて、結末これか…という残念感が。
きっとドンデン返しや裏があるに違いないと期待して読んでいたのに、まんまだった。

私、奥田さんの『オリンピックの身代金』も長いだけでピンと来なかったからなぁ。