ワタクシ、高校生の時にロンドンでミュージカル「CATS」を観たのですよ。
英語が分からなくてストーリーが全く分からなかったのですが、本日、字幕で分かりました。
ストーリーが無いということが。

ストーリーと言えるようなストーリーが無いので、LIVEならコンサートのように音楽を楽しめるから良いと思うのですが、映画だときつい。
ものすごく長いミュージックビデオを見させられているようだった。

しかも舞台をそのまま撮影しているような感じなので、映画化する意味があったのかなぁと。

良かったのは、ヴィクトリアを演じたロイヤルバレエ団のプリンシパルであるフランチェスカ・ヘイワードが美しかったことかな。

個人的にはジェニファー・ハドソンの「Memory」は野太すぎた。

生理的に受け付けないという声も多いこのビジュアルは、予告編を何度も見ているうちに見慣れました。


3点
https://www.cats-movie.jp/