エラリー・クイーンの国名シリーズの第2弾。
第1弾の『ローマ帽子の秘密』は本当に読み進まなかったのですが、今回は一気に読めました。
単に慣れたのかも。

ニューヨークの五番街にあるフレンチ百貨店。
そのショーウィンドウに展示された格納ベッドから女性の死体が発見される。
殺されたのは百貨店の社長夫人で、死体の傍にあったハンドバッグからは、不審な白い粉が入った夫人の娘の口紅が見つかる。
犯人は失踪した夫人の娘と思われたが・・・

アレをフランス白粉と表現するなんて洒落ているぜ。

エラリー・クイーンにはまれないのは、アガサ・クリスティと違い、人間ドラマが無いからなのよね。