島本さんの著作も全て読んでいて、一番好きなのは『よだかの片想い』です。
島本さん、『Red』で唯川恵さん方向に行ったなぁと思ったのですが、本作では金原ひとみさん方向に行ったと思いました。

神父の金井という共通の登場人物はありますが、4本の中篇が収録されています。

『Red』辺りから官能的な描写が一気に増えましたが、これまではそうは言ってもお上品だったのです。本作は露悪的な要素が加わり、私は「サテライトの女たち」で、おー、ここまで島本さんが書いたか!とちょっと驚きました。

薄い本なのですが、なかなかに難解です。

そうか。私達女性はこんなに傷付いているのか。
いや、そんなか?
でももしかしたら、見ないフリをしているだけ、奥底にしまっているだけなのか。