大手テレビ局「FOXニュース」の人気キャスターだったグレッチェン・カールソンが、CEOのロジャー・エイルズをセクハラで提訴するという実話を基にした映画。

グレッチェンを演じたニコール・キッドマン他、シャーリーズ・セロンとマーゴット・ロビーと大女優の競演となっており、そこは見ごたえあります。

が、脚本も演出も平凡で、期待していた程ではなかった。

一点、モヤっとしたのは、グレッチェンは干されたからロジャーを訴えた訳で、もしあのまま一線にいられたら訴えなかったと思うんです。それって結局、魚心あれば水心ということなのではと。

3.5点
https://gaga.ne.jp/scandal/