幼稚園児の遺体が発見される。
絞殺後、性的暴行も加えられていた。
近所に住む幼い娘を持つ主婦の保奈美は、警察には任せていられないと、常軌を逸した行動に出るが・・・。

『暗黒女子』『放課後に死者は戻る』の秋吉さんの直近の作品です。
前2作同様に、ドンデン返しなラストです。

湊かなえさんや真梨幸子さんと似た作風です。
私も以前はこの手の小説を面白く読んでいましたが、最近はちょっと食傷気味。

この手の小説って、ストーリーを順列に並べると、大した話じゃないと思う。
それを主語をぼやかし、構成を入れ替えることで、ドンデン返しに見せているというか。

本作も、3つほどドンデンがありますが、ちょっとズルイわ・・・(て言うか、成立していない)と思うものも。

こういうのってテクニックであって、小説が上手いとは思えないんだよなぁ。