趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

参考にしている読書ブログで知り読んでみたら凄く面白かったのですが、このブログを書くにあたりネットで検索してみたところ、なんと、

「本屋大賞」 2019年 翻訳部門 第1位
『このミステリーがすごい! 2019年版』第1位
『週刊文春ミステリーベスト10 2018』第1位
『ミステリが読みたい! 2019年版』第1位
『2019本格ミステリ・ベスト10』第1位

5冠だったわー。

という訳で、今更何をと思う方も多いと思いますが、とても面白かったのです。
全くネタバレしたくない方は、以降、読まないでください。
自分の備忘録的に書きます。

上下巻となっているのですが、まず上巻。
舞台は1955年のイギリス・サマセット州。
階段から転落死したパイ屋敷の家政婦は、事故か殺人か。
名探偵アティカス・ピュントが捜査を始めたことで、美しい小さな村のドロドロした人間関係が徐々に明らかになっていきます。
まさに、アガサ・クリスティのポワロのオマージュかというような展開。

で、上巻のラストで、ピュントが犯人の目途がついた的なことを言い、ついに真相が明らかになるのね!とわくわくして下巻のページをめくったところ、冒頭からあれ??と。

下巻は突然、編集者の視点で描かれるのですよ。
つまり、上巻はまるまる有名ミステリ作家の原稿だったということ。
これがかなりショックで。
ピュントも村の人々も創作上の人物だったのかということが(いや、いずれにせよ創作上の人物なんですが)、なかなか受け入れられなかったわ・・・。

で、そのミステリ作家アラン・コンウェイが自宅の塔から転落死し、事故か自殺か殺人か分からないと。
しかも原稿のラストも行方不明で、(ピュントのパートの)真相が分からないと。
このままだとアランの遺作は出版できない!ということで、編集者が原稿の行方探し&アランの死の真相も追及していくという展開です。
アランと揉めている人がこれまた多くて。

この入れ子構成、面白かった。
まぁ、上巻の方が出来が素晴らしく、下巻はやや失速した感がありますが、

確かに、下巻でどうやって引っ張るんだ?と一瞬疑問がよぎったんですよね。


国別シリーズの第3弾です。

オランダ記念病院で病院の創設者である大富豪の老女の手術が行われる。だが手術室に運ばれてきた彼女は、既に何者かに絞殺されていた・・・。

まだ国別シリーズに乗り切れていません。
何が面白くないのだろう?
捜査の過程かなぁ。
キャラクターに魅力が無いのかなぁ。
翻訳の問題??

本作は前作より、犯人にドラマがあって、ラストにドンデン返し感がありました。

私は叙述トリック(登場人物の性別や事件の発生した時間や場所などを示す記述を意図的に伏せることで、読者をミスリードし、読後の衝撃をもたらす)好きです。
叙述トリックは映像化が難しく、小説ならではの醍醐味だと思います。

本作は叙述トリックばかりを集めた短編集ということで、大いに期待して読んだのですが、期待しすぎました・・・。
半分はトリックというかオチに気付きました。

小説としてもちょっと軽くて私の好みではなかった。

良かったです。
タイトルも秀逸で、タイトルだけで女性達に伝わると思う。
女性の生き辛さ、葛藤、日々感じる「あれ?」という違和感。
短編小説とエッセイが収録されています。

エッセイ「ライク・ア・ガール」に出てきたエピソードが印象的でした。
アメリカの生理用品ブランドが作ったプロモーション動画。
大人の女性、男性、少年を集め、「女の子らしく走ってみて」と指示を出すと、全員がなよなよ走ったという。
そこで本物の女の子に「女の子らしく走ってみて」と言ったところ、少女たちは誇り高く全力で走って見せた。
そして、「女の子らしく走るってどういう意味?」と訊いたところ、一人の少女がこう答えた。
「できるだけ速く走るって意味」

なんか泣けました。

そして「しずかちゃの秘密の女ともだち」という短編が最高でした。
これは是非、女性はもちろん、男性にも読んでもらいたい。

エラリー・クイーンの国名シリーズの第2弾。
第1弾の『ローマ帽子の秘密』は本当に読み進まなかったのですが、今回は一気に読めました。
単に慣れたのかも。

ニューヨークの五番街にあるフレンチ百貨店。
そのショーウィンドウに展示された格納ベッドから女性の死体が発見される。
殺されたのは百貨店の社長夫人で、死体の傍にあったハンドバッグからは、不審な白い粉が入った夫人の娘の口紅が見つかる。
犯人は失踪した夫人の娘と思われたが・・・

アレをフランス白粉と表現するなんて洒落ているぜ。

エラリー・クイーンにはまれないのは、アガサ・クリスティと違い、人間ドラマが無いからなのよね。
 

人生はオーディションの連続である。
辛くても嫌でも逃げられない。

なるほどなぁと思いました。
オーディションとは何も芸能人だけではなく、普通の人の日常に溢れている。
例えば就職活動、結婚。
相手に選ばれるかどうか、合格出来るかどうか、それはつまりオーディションであると。

本作は主人公・渡辺展子さんの半生が描かれています。
森絵都さんの『みかづき』を彷彿させます。

受験、結婚、就職、出産、子育て。
ネタバレになるともったいないのであまり書きませんが、人生って本当に色々ありますよね。

私は早く今年が終わって欲しいです。
早く定年して老後を迎えたいと思う日曜の深夜。。。


 

様々な境遇に身を置く人生後半戦のおじさん達が社交ダンスに挑戦する話。

定年後に何か運動をと思って始めた人もいれば、出世レースに敗れた商社マンや後継者の息子に手を焼く工場経営者も。
そして妻を亡くしてから無気力な講師の米山。

ありがちなストーリー展開ですが、感情移入しました。
印象的だったくだりを抜粋。

望み通りの人生だと胸を張って言える人は、一人もいないんじゃないでしょうか。
皆、したくもない体験をしてきたんですよ。
生きるとはそういうもんですから。
辛くても、しんどくても、歩いて来たんです。でこぼこ道を。
お迎えが来るまでは、これからも歩いていかなくちゃなりません。

私もしんどいです。
だからたくさん趣味を持たないと耐えられない。

彩瀬さんも好きな作家の一人で著作を全て読んでいるのですが、本作はなんとも不思議な話で。

有名作家の妻がある日、植物の種を大量に食べ、発芽し、森になってしまう。
彼女はその作家のミューズのような存在だった。

担当編集者、作家の不倫相手の主婦、後任の編集者、そして森になった妻。
周囲の視点から描かれていきます。

ファンタジーとリアルの入り混じった感じが私にはちょっと合わなかったのですが、編集者達も主婦もそして妻も夫婦生活に問題を抱えていて、その点では理解できました。
みんな色々ありますからね。夫婦の問題を外野がとやかく言うことじゃないですよね。

再ブレイクを果たした脚本家・斉川亜樹のもとに役所から封書が届く。
それは亜樹の叔母だという赤松三代子の扶養義務についてだった。
そんな人物は会ったことも聞いたこともなく・・・。

正直、あらすじが説明できません。
真梨さんらしいジェットコースター小説で、次から次へと登場人物が増え、リンクしているんだかしていないんだかも訳が分からなくなります。

真梨さんの小説はリーダビリティがあるのですが、混沌としていて何の話なのだか分からない。
と最近ずっと思っていたのですが、一周回って、作者伏せても真梨さんの小説だと分かる独自の文体と言えるのかもしれないと思い始めました。


良かったです。

いるいないとは、子供が、という意味です。

自分は欲しくないけれど夫が欲しがっている既婚女性。
妻が欲しがっているけれど、自分に原因があり不妊の既婚男性。
子供が嫌いな独身女性。
子供を亡くし妻とも離婚したバツイチ中年男性。
子供が出来ず、夫は養子を検討したがっているが、妻が反対しているという夫婦。

色々なパターンがありますよね。
きっと誰もが誰かに共感できるのではないかなと思います。

そう、色々な考え方があるのです。
だから、「一度は産んでみなよー」とか「お腹痛めて産んでナンボ」みたいなことを軽々しく言う人って、想像力が無いのだなぁ、もっと本を読んだり映画を観たりすれば良いのにと思います。

私が共感したのは3番目の子供が嫌いな独身女性。
最初から子どもという存在が嫌いだ、という人間に好意を持ってくれる人なんて多分いない。
だから自分が結婚することはないと思っています。

私もそう思っていました。
(私の場合は、他人の子供は好きなのだけど、自分は欲しくないというパターンですが。)
でも幸運なことに同じ考え方の人と出会え、結婚しました。

子供がいてもいなくても、結婚してもしなくても、それだけで人生の幸・不幸が決まるはずがないと思っています。
ましてや他人に決められるはずがない。


↑このページのトップヘ