趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

赤羽橋 「東麻布 天本」

「海味」で二番手を務めた後、滋賀「しのはら」(銀座に移転)、京都「祇園さヽ木」で修業を重ねられた天本さんが独立されたのが一年前。
オープンして半年でミシュラン2ツ星を獲得。

半年待ちでようやく行けました!
2017-06-24-17-53-01

おまかせで25,000円~?(お鮨では値段は気にしない)
怒涛の29品!!(かんぴょう巻きは追加だけど。)

福岡・糸島のもずく
2017-06-24-18-03-52

福岡・志賀島のひらめ
2017-06-24-18-09-21

唐津のアオリイカ ◎
2017-06-24-18-12-42

久里浜の蛸 和歌山のとこぶし 岩手のバフンウニ
2017-06-24-18-17-16

福岡・柳川のまじゃく ◎
2017-06-24-18-23-33

静岡・焼津の鰯 ◎
2017-06-24-18-29-04

船橋のカマス ◎
2017-06-24-18-43-49

勝浦の鰹
2017-06-24-18-46-33

西伊豆のシマアジ ◎
2017-06-24-18-58-47

金沢八景のマコガレイ
2017-06-24-19-04-51

唐津のヤリイカ
2017-06-24-19-09-12

千葉県の大原の金目鯛 ◎
2017-06-24-19-13-23

江戸前キスの塩締め ◎
2017-06-24-19-18-42

天草のコハダ
2017-06-24-19-27-19

このこ 茶碗蒸し
2017-06-24-19-35-52

大阪湾の鯵 ◎
2017-06-24-19-42-37

鳥取・境港のマグロ
2017-06-24-19-47-25

中トロ ◎
2017-06-24-19-50-51

大トロ
2017-06-24-19-55-55

大分の海老
2017-06-24-20-04-36

北海道のムラサキウニ
2017-06-24-20-09-48

北海道・神恵内のぼたん海老 ◎
2017-06-24-20-19-27

対馬の鯖
2017-06-24-20-30-17

かんぴょう巻き
2017-06-24-20-41-17

穴子 ◎
2017-06-24-20-43-58

玉子焼き ◎
2017-06-24-20-47-20

赤出汁(写真無し)

久々にお鮨でものすごく感動。
天本さんのネタに対するこだわりがすごい。
一番美味しいものを出そうという熱意がすごい。
全て美味しかったけど、特に素晴らしかったものに◎付けました。
鯵とぼたん海老と穴子はおかわりしたかった・・・。

帰りに次の予約を取ろうと思ったのですが、年内全て予約でいっぱいだそう。
来年1月以降の予約は、10月からホームページで受け付けるそうです。

天本さんの人柄も素敵で、常連さんに応援されるだろうなぁと思いました。
とても美味しくて楽しいひと時を過ごせたわー。


使ったお金: 一人33,000円 (ま、2名分を私が払ったけどね)

点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:寿司 | 赤羽橋駅神谷町駅麻布十番駅

白金高輪 「すし龍尚」

四の橋(焼肉ジャンボ)近くのお鮨屋さん。
2017-05-21-18-40-15

おまかせコースは18,000円(税込)で明瞭。
怒涛の24ネタ!!

大分の雲丹&富山の白えび   
2017-05-21-18-50-01

大間の本鮪 大トロ   
2017-05-21-18-57-36

しまあじ まだい まこがれい   
2017-05-21-18-59-57

天草のコハダ
2017-05-21-19-07-39

竹岡(千葉県)の太刀魚    
2017-05-21-19-11-49
  
すみいか
2017-05-21-19-26-37

鯛の酒盗 
2017-05-21-19-32-04
              
づけ
2017-05-21-19-39-29

九十九里の蛤 その出汁と酢飯にオリーブオイル 
2017-05-21-19-45-32

鹿児島の鯵
2017-05-21-19-54-37

閖上(宮城県)の赤貝    
2017-05-21-19-59-36

一色(愛知県)の鰻
2017-05-21-20-07-35

白いか              
2017-05-21-20-12-28

中トロ
2017-05-21-20-14-27

鮑の磯辺焼き      
2017-05-21-20-20-43


2017-05-21-20-24-41

ぼたん海老      
2017-05-21-20-26-13

金目鯛
2017-05-21-20-30-59

鴨と北海道のばふん雲丹     
2017-05-21-20-36-55

穴子
2017-05-21-20-45-04

玉子焼き                                   
2017-05-21-20-46-37

お味噌汁
2017-05-21-20-52-29

プリン
2017-05-21-20-58-47

美味しかった!!
特に、中トロとづけ、こはだ、鯵、鰯。

コース18,000円って高めですが、過去行ったお店を振り返ってみると、トータルの金額は高い方じゃないのですよ。
たぶん、他では追加しちゃっているからだと。
こちらは、握りがこんなに出てくるので、追加しなくてもお腹いっぱい。


使ったお金: 二人で40,000円弱

点数: 4点
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:寿司 | 白金高輪駅広尾駅

代々木上原 「艪(かい)」

代々木上原で食べログの評価の高いお鮨屋さん。

おまかせ13,000円かな??

食べたものを一挙公開。

春キャベツのすり流し
2017-04-08-19-35-51

気仙沼の中トロ
2017-04-08-19-40-02

佐渡の蛸
2017-04-08-19-42-24

もずく 白ばい貝 穴子の骨
2017-04-08-19-46-23

平目の昆布締め
2017-04-08-19-50-44

コハダ
2017-04-08-20-00-09

烏賊とキャビア
2017-04-08-20-04-34

ホタルイカの若竹煮
2017-04-08-20-08-44

鰆のたたき
2017-04-08-20-14-05

ミル貝
2017-04-08-20-18-33


2017-04-08-20-20-54

ぼたん海老
2017-04-08-20-28-51

がんも ズワイガニ
2017-04-08-20-30-50

鮪のヅケ
2017-04-08-20-39-41

赤貝
2017-04-08-20-43-15

ノドグロ
2017-04-08-20-47-17

サヨリ
2017-04-08-20-50-26

鰆の磯辺焼き
2017-04-08-20-52-29

平目のエンガワ
2017-04-08-20-56-49

車海老
2017-04-08-21-04-23

金目鯛の昆布締め
2017-04-08-21-08-47

酒盗の茶碗蒸し
2017-04-08-21-10-02

雲丹
2017-04-08-21-21-59

あさりのお椀
2017-04-08-21-26-00

穴子
2017-04-08-21-30-10

玉子
2017-04-08-21-30-32

追加のかんぴょう巻き
2017-04-08-21-37-06

デザート
2017-04-08-21-43-33

感動する程ではないですが、まずまず美味しいです。
特に平目の昆布締め、鰆のたたき、ノドグロあたり。

ネタによっては塩が効きすぎているかなと思いました。
あと、穴子がちょっと残念だった。

でもまぁ、これだけ出てくると、食べた感はありますね。




住所: 渋谷区上原1-17-14 LAビル1F

アクセス: 代々木上原駅 東口から徒歩2分
電話:
03-6407-9309      
定休日: 月曜日
営業時間: 17:00~23:00  ※日・祝は15:00~22:00  
https://sushi-kai.jimdo.com/

使ったお金: 一人16,000円位 
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

広尾 「鮨 心白」

土曜日指定だったからかもしれませんが、4ヶ月待ちで行ってきました!!
2017-03-11-18-47-24

ご主人の石田氏は、銀座「くろ寿」、青山「えさき」、恵比寿「幸せ三昧」、中目黒「酒人あぎ」という経歴だそう。
この中でお鮨屋さんは銀座「くろ寿」のみということもあるのか、おまかせコースは、握りよりつまみに重点を置いた構成になっています。

なんと、つまみだけで23品!!

秘伝豆とシャチ豆
2017-03-11-18-55-25

鰯のつみれ
2017-03-11-19-03-49

牡蠣
2017-03-11-19-09-16

ニジマス
2017-03-11-19-14-43

つぶ貝
2017-03-11-19-16-48

おこぜ
2017-03-11-19-19-14


2017-03-11-19-23-10

つぶ貝の肝(撮り忘れ)

アオリイカ
2017-03-11-19-29-47

帆立の卵巣と精巣
2017-03-11-19-36-03

帆立のウロ 
※食べてはいけない部分。岩手県小石浜のものだけ食べてOKなのだそう。

2017-03-11-19-37-33

アオリイカのげそ
2017-03-11-19-42-47

水蛸
2017-03-11-19-45-28

なめら河豚(真河豚)
2017-03-11-19-53-57

もすそ貝
2017-03-11-20-01-18

なめら河豚の頭
2017-03-11-20-04-02

赤貝
ものすごく立派な赤貝が手に入ったとのこと!
2017-03-11-20-05-05
2017-03-11-20-13-36

ナマコ
2017-03-11-20-22-59

のれそれ(穴子の稚魚)
2017-03-11-20-31-39

赤貝の肝を炊いたもの
2017-03-11-20-39-17

わらずか
2017-03-11-20-45-18

ホタルイカと鱈の白子
2017-03-11-21-02-51

イノシシと古代米
2017-03-11-21-20-40

わらずかを始め、食べたことのないものをたくさん頂きました。
石田氏のこだわりが凄いです。
赤貝は新鮮すぎて、野菜みたいな瑞々しい味がしました。
ナマコは嫌いなのですが、こちらのは大丈夫だったのです!

ここからようやく握りです。

真鯛
2017-03-11-21-34-24


2017-03-11-21-42-58

鱒の漬け
2017-03-11-21-47-01

カマス
2017-03-11-21-54-14

北寄貝
2017-03-11-22-00-46


2017-03-11-22-07-55

帆立と雲丹
2017-03-11-22-17-34

車海老
2017-03-11-22-25-11

金目鯛
2017-03-11-22-31-09

玉子焼き
2017-03-11-22-33-03

追加のかんぴょう巻き
2017-03-11-22-54-53

真鯛、鯵、鱒、鰆が素晴らしかった。
シャリもバランスが良くて好みです。

会計から逆算すると、おまかせコースで13,000円なのだと。
(私、お鮨屋さんに関しては、全く値段を気にしたことがない。)
前に某鮨屋のご主人が、都心だと鮪を出せる境界線は15,000円と仰っていましたが、こちらも、高級食材をバンバン出すというよりは、石田氏がこだわり抜いた魚介を提供しているという感じ。

注意点としては、普通に食べると4時間近くかかりますので、お時間には余裕をもって。
ゆっくり日本酒とつまみを味わうお店なのだなと思いました。
とは言え、ソフトドリンクやお茶の種類もその辺のカフェより多く、お酒の飲めない私も十分楽しかったです。



鮨心白
住所: 渋谷区恵比寿 2-37-8 グランデュオ広尾 1F
アクセス: 広尾駅から徒歩10分
電話: 03-6721-7880
定休日: 水曜日 
営業時間: 18:00~
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13176585/

使ったお金: 一人18,000円 
点数: 4点


5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

浅草 「弁天山美家古寿司」

創業1866年!
江戸前寿司の古典的技法を守り続ける老舗で、現在の親方は五代目です。
2017-02-25-19-05-19

先日、「人生最高レストラン」で中尾彬さんが40年通っていらっしゃるお鮨屋さんとしてあげられていましたが、実際に店内の暖簾や飾られている絵は中尾さんによるものでした。

握りのコースは5,500円~10,250円(税抜)で4種類。
おまかせは10,000円と12,000円(税抜)の2種類。
おまかせ一本ではなく、選択肢が豊富です。

12,000円の司コースを頂きました。

◆つまみ

海苔と鮪
2017-02-25-19-12-18

平貝
2017-02-25-19-17-01

ぬた
2017-02-25-19-21-49

◆刺身 蛸の頭、シマアジ、中トロ
2017-02-25-19-28-42

◆握り

平目と鯛
2017-02-25-19-36-26

赤貝と北寄貝
2017-02-25-19-39-11

車海老とコハダ
2017-02-25-19-42-02

穴子とスルメイカ
2017-02-25-19-45-12

鮪の漬けと玉子焼き
2017-02-25-19-50-30

追加で

煮蛤
2017-02-25-19-54-36

かんぴょう巻き
2017-02-25-19-57-39

平目と鮪の漬け、玉子焼きが特に美味しかったです。
ネタは良いと思いましたが、ワサビが効きすぎているなぁと。
あと、シャリが好みではありませんでした。
(これは好みだと思いますが、ちょっと冷たくて硬い。)

親方はチャーミングで素敵です。



弁天山美家古寿司
住所: 台東区浅草2-1-16
アクセス: 浅草駅 6番出口から徒歩3分 
電話: 03-3844-0034 
定休日: だいたい月曜日?HPでご確認を。
営業時間: 11:30~14:30 17:00~21:00 ※日曜日は~18:30
http://www.bentenyama-miyakosushi.com/ja/

使ったお金: 一人16,000円くらい
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

札幌 「鮨一幸」

今回の北海道旅行の目玉は、「鮨一幸」に行くことでございました。

2014年に放送された「情熱大陸」をご覧になった方もいらっしゃるかと。
http://www.mbs.jp/jounetsu/2014/01_19.shtml

店主の工藤さんは35歳。
25歳の時に真駒内の倒産寸前の鮨屋を父親から継ぎ、人気店に変え、32歳でミシュラン獲得。
食べログの北海道総合でも1位となっています。

行ってみて分かりました。
工藤さんは尋常ではない勉強家で、ものすごいこだわりを持っています。
例えば、マグロとカスゴで仕事を変えるのは、高級店ならまぁ普通ですよね。
でも工藤さんの場合、そのマグロが一本釣りなのか定置網なのかによっても仕事を変えるのです。

漁にも出るので、漁師さんとも親しく、ここでしか食べられない(年に10日しか食べられない)牡蠣とか、珍しいものが出てきます。

では食べたもの。
(あ、音の出ないカメラ機能で撮っています。念のため…。)

シロアマダイ 生と炙り


2017-01-28-18-12-13

迷いカツオ(究極の鰹)とメジマグロ
2017-01-28-18-23-58

余市の鮟肝
これが出てきた時は「うわぁ!」と言ってしまった。
2017-01-28-18-28-28
2017-01-28-18-29-52

タラバの内子(他の方々は上述の牡蠣)
2017-01-28-18-41-18

カスゴ
2017-01-28-18-57-11

サヨリ
2017-01-28-19-00-42

金目鯛
2017-01-28-19-04-59

中トロ
2017-01-28-19-10-03

大トロ
2017-01-28-19-15-01

羅臼の雲丹
2017-01-28-19-22-06

のどぐろ
2017-01-28-19-27-28

コハダ
image

フグの白子の鮨
(手渡しだったため写真撮れず。)

赤貝
2017-01-28-19-49-58

穴子
2017-01-28-19-55-05

玉子
美しいわぁーー
2017-01-28-19-57-39
2017-01-28-19-58-41

かんぴょう巻き
2017-01-28-20-06-59

全て美味しかった。
金目鯛、中トロ&大トロ、ノドグロ、白子、穴子、かんぴょう巻き、素晴らしい。

来年も必ず訪問します!!!


鮨一幸
住所: 札幌市中央区南2条西5-31-4 スカレッタビル 2F
アクセス: 大通駅から徒歩2分 
電話: 011-200-1144
定休日: 水・祝
営業時間: 18:00~ 20:30~ 2部制
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1044489/

使ったお金: 二人で52,000円 
点数: 5点


5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

人形町 「志乃多寿司總本店」

甘酒横丁にある明治10年創業のいなり寿司屋さん。
2016-12-28-12-21-18

いなり寿司4つ+かんぴょう巻き3個の7個入り 550円(税別)
2016-12-29-00-42-02
甘すぎない感じで美味しいです。

歌舞伎の「葛の葉子別れ」の場面の古歌に因み「志乃多」と名づけとHPにありますが、歌詞を読んでも、いなり寿司との関連性がよく分からず。
でも他に3つ(神田、浅草、四ツ谷)も志乃多という名前のいなり寿司屋さんがあるのですよねぇ。

「神田志乃多寿司」
http://tomosan63.blog.jp/archives/14885349.html

四ツ谷「志乃多寿司」
http://tomosan63.blog.jp/archives/10496703.html

この3軒だと、四ツ谷が一番甘い印象でした。
神田と人形町は似ている。



志乃多寿司總本店
住所: 中央区日本橋人形町2-10-10
アクセス: 人形町駅 A1出口から徒歩3分 
電話: 03-5614-9300
定休日: 無し
営業時間: 9:00~19:00
http://www.shinodazushi.co.jp/index.html

使ったお金: 594円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 近くにいればor誘われたら再訪しても良い。
2点: 一度行けば良いかな。
1点: 行く必要無し。


淡路町 「神田志乃多寿司」

人形町、神田、浅草、四谷に「志乃多寿司」というお店がありますが、系列ではないみたい。

四谷「志乃多寿司」の記事はこちらから。
http://tomosan63.blog.jp/archives/10496703.html

で、「神田志乃多寿司」に行ってきました。
創業は明治35年(1902年)です。
地下にイートインスペースもあるようです。
2016-12-19-13-42-13

いなり3個+かんぴょう巻き3個のセット。
甘さは程よく、大きくて食べた感があります。
2016-12-19-19-18-42
2016-12-19-19-19-47


神田志乃多寿司
住所: 千代田区神田淡路町2-2
アクセス: 丸の内線 淡路町駅 A3出口から徒歩1分
電話: 03-3255-2525
定休日: 火曜日
営業時間: 7:30~18:00

http://www.kanda-shinodasushi.co.jp/frame.htm

使ったお金: 600円くらい 
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 近くにいればor誘われたら再訪しても良い。
2点: 一度行けば良いかな。
1点: 行く必要無し。

銀座 「鮨 鈴木」

店主の鈴木氏は「鮨 青木」出身。
銀座の外堀通り沿いのビルの5階。
同じフロアには「TENDER」(とても有名なバー)が。
2016-12-23-19-01-17

おまかせで頂きました。

【つまみ】
・香箱蟹
2016-12-23-19-06-20
・ひらめ、くえ
・ぼたん海老、蒸し鮑
・帆立の磯辺巻き
・あん肝
2016-12-23-19-41-31

【握り】
・鰤
・鮪 赤身
・中トロ
2016-12-23-19-58-52
・大トロ
2016-12-23-20-00-17
・こはだ
・しめ鯖
・赤貝
2016-12-23-20-10-11
・ばふん雲丹
2016-12-23-20-15-38
・すみいか
・車海老
2016-12-23-20-31-37
・煮はまぐり
2016-12-23-20-37-20
・穴子
2016-12-23-20-44-06
・玉子焼き
・かんぴょう巻き

すごく美味しかった!!
大トロ、しめ鯖、赤貝、ばふん雲丹、車海老、素晴らしい。

が、結構なお値段。
同じ銀座でいうと、「あらい」超えかぁ、「さわ田」並みだなぁと思うと、どっひゃーという感もある。
余計なお世話ですが、このビルじゃなかったら、もう少しお値段下げられるのではないかしら!?

銀座で日・祝営業、個室有りというのもプラス評価です。



鮨 鈴木
住所: 中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル5F
アクセス: 銀座駅 B9出口から徒歩3分 
電話: 03-5537-6868
定休日: 月曜日
営業時間: 12:00~14:00 17:30~22:00
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13184367/


使ったお金: 二人で62,000円 
点数: 4点


5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 近くにいればor誘われたら再訪しても良い。
2点: 一度行けば良いかな。
1点: 行く必要無し。

武蔵小山 「いずみ」

武蔵小山駅から歩くと15分という決してアクセスの良くない場所にその店はあります。
知る人ぞ知る凄いお鮨屋さんです。
2016-11-13-18-32-29


①完全予約制で暖簾は出さず、常に準備中の札。
②仕事をしていないネタは出さない。仕事をしていない、それは単なる生魚をのせた酢飯とのこと。
③シャリは赤酢と白酢を使い分ける。
④ヅケ醤油も3種類を使い分ける。
⑤煮ヅメ(タレ)も5種類(煮穴子、煮蛤、煮蛸、煮烏賊、あと一つ忘れた・・・)を使い分ける。
⑥お客さんごとに何を出したか全て記録して一年間保管。鮨ネタは季節によってはかぶるけれど、同じツマミは出さない。

というものすごいこだわり。
と聞くとプレッシャーに思うかもしれませんが、大将は気さくでチャーミングでとても面白い方で、一見でも居心地良いです。

食べたもの。

【つまみ】
・大根、ねぎ味噌、桜海老
・芝海老の出汁巻き玉子
・あんきも
・ヒラメ(鮟肝に絡ませて食べる)
・寒ブリ
・ハガツオ
・渋柿の鶏そぼろあんかけ
2016-11-13-19-11-13
・牡蠣
2016-11-13-19-17-27
・塩辛4種
・カラスミ4種

【握り】
・クエ
・コハダ 赤酢
・コハダ 白酢
・コハダ きび酢
・コハダ 昆布締め
・鰹
・どうまん蟹(流通していない!)
・穴子の白蒸し
・車海老withおぼろ卵
・烏賊のヅケ
・ぼたん海老の昆布締め
・メカジキ
・焼き白子
・焼き牡蠣の海苔巻き
・煮蛤
・煮穴子
・かんぴょう巻き

ちなみに握りの写真は撮れませんでした。
なぜならば、手渡しなのです。
江戸時代は、鮨はひっくり返してネタを下にして(舌にあてる)食べていたそう。
確かに舌に最初にあたるのがネタの方が味がわかりますもんね。
お箸だとひっくり返せないから手渡ししているのだそうです。

どれも美味しかったのですが、どうまん蟹、車海老のおぼろ卵、焼き白子の鮨は他で食べたことがないです。

お鮨や魚や築地のことなど、とても興味深いお話もたくさん聞けて楽しかった!!


鮨いずみ
住所: 目黒区下目黒6-6-9
アクセス: 武蔵小山駅から徒歩15分 
電話: 03-3793-9150
定休日: 月曜日
営業時間: 18:30~
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13018559/

使ったお金: 二人で48,000円
点数: 5点


5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 近くにいればor誘われたら再訪しても良い。
2点: 一度行けば良いかな。
1点: 行く必要無し。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村