趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

念願の「友栄」さんに行ってきました!!
IMG_0101

場所は箱根登山鉄道の風祭駅から徒歩10分弱。
ちなみに小田原までは往復ロマンスカーで、鰻食べたら全く観光もせず、14時には帰宅するという…。
友人に「大人食い」と言われ、まさに。

友栄さん、席の予約は出来ませんが、鰻のお取り置きは出来ます。
と言うより、鰻をお取り置きしないと食べられないと思いますので、必ず電話を。
お店に行って受付して、お席が空く大体の時間を教えてもらいます。

10時半オープンで10時40分頃に行ったところ、40~50分で席が空くと言われたので、風祭の駅に戻り、箱根ビールshopでビールと珈琲を買ったところで電話が。結局、20分で席が空きました。
風祭の駅の近くに鈴廣かまぼこの里があり、カフェも入っているので、時間は潰せると思います。

前置きが長くなりましたが、上うな重(4,800円)
IMG_0096
IMG_0097

きも焼きのタレ(800円)
FullSizeRender

鰻重、ものすごく美味しかった!
鰻屋さんは101軒行っているのですが、今まで食べた中で一番ふわふわ。
口の中でとけます。皮の存在感を全く感じません。
(皮がパリっとしているのが好きな方もいると思いますが。)

ちなみに夫はご飯もっとやれると言っておりました。

これは毎年のお正月恒例行事にしたいですね。

ところで皆さん、鰻を夏に食べていませんか?
毎月鰻を食べている方は良いとして、年に数回行くか行かないかという方。
行くなら夏ではなく冬です。
夏の鰻は痩せてしまうので食べたらダメだと、おそらく日本で一番予約の取れないあの鰻屋の大将も仰っていました。

鰻の旬は初冬で、夏は売れなくて困ったから、土用の丑の日をうなぎの日として宣伝した訳です。
平賀源内はすごいなぁ。現在でいう秋元康氏か佐々木宏氏か。


使ったお金: 5,800円
点数:5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:うなぎ | 風祭駅入生田駅

麹町駅近くの風情ある数寄屋造りの鰻屋さん。
創業100年以上の老舗です。
久々に訪問しました!

昼も夜もコースでないと予約できないので、とりあえず行ってみたところ、運良く入れました。

入荷していればオーダーしようと思っていた共水うなぎ(5,600円)を頂きました。
+300円で赤出汁を追加。(きも吸いは苦手)
IMG_9765
IMG_9766

共水うなぎ、やはり美味しい。
肉厚でふわふわ。タレの味も好みです。
ちょっと怯む値段ですが、あったら頼むべしと思いました。


使ったお金: 5,900円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:うなぎ | 麹町駅半蔵門駅四ツ谷駅

創業190年の鰻問屋「ての字」の鰻が食べられるお店です。
御成門の本丸に2度行きまして、ここの鰻重はタレの味も焼き加減もドンピシャで好みなのです。

http://tomosan63.blog.jp/archives/5104848.html

本日、よみうり大手町ホールで野村萬斎さんの狂言(今年11公演目、お芝居など入れたら13公演目)を観た後、大手町店があることを思い出して行ってみました。

遅い時間だったので、鰻重ではなく鰻丼(1,950円)にしました。
IMG_9556
IMG_9557

やはり美味しいなー。雰囲気的には本丸の方が好きだけど。


使ったお金: 1,950円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:うなぎ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

ずっとBMしていた鰻屋さん。
なんと現在は一見さんお断りになっているということで、えーー行けないのか!と目の前が真っ暗になりかけましたが、グルメなお姉さまが連れて行ってくれました!!貴重な席を感謝です!!

天然と養殖の食べ比べコース(19,500円?)を頂きました。

う巻き
IMG_8922

肝焼き
IMG_8923

白焼き(養殖)
FullSizeRender

白焼き(天然)
IMG_8925

うざく
IMG_8926

鰻重(上が天然、下が養殖)
IMG_8928

私は天然至上主義ではなく、泥臭い天然より養殖の方が美味しいと思っていたのですが、こちらの天然は全く泥臭くなく、それでいて食べ比べると養殖と天然の違いが分かるという。

鰻重美味しかったなぁ。
またいつか行けると良いです!

一見さんお断りだし、5,000円では食べられないのに、なぜかミシュランガイド東京2020でビブグルマンに選ばれている。


使ったお金: 22,000円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。





関連ランキング:うなぎ | 東高円寺駅新中野駅中野富士見町駅

西麻布の「いちのや」には何度か行ったことがあるのですが、神泉は初。

事前にうな重(4,800円)を予約しました。
IMG_8758
IMG_8759

うーむ・・・西麻布の方が美味しい気がする。
これで4,800円は結構取るなぁという印象。

事前に予約しておかないと、焼き上がりまで50分位かかるそうなので、事前予約をお勧めします。


使ったお金: 4,800円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:うなぎ | 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅

六本木ヒルズのレストランフロアで半分くらいお店が入れ替わりました。
こちらも新店で、際グループが手がける鰻屋さんで、蒸さずに焼くスタイルです。

鰻重は、3,800円~8,800円という、なかなか強気なお値段。
鰻重の並、3,800円をいただきました。
IMG_8433

やはり私は関東風の蒸してから焼くふわふわタイプが好きだわー。
歯ごたえが楽しめるとのことですが、私はこの弾力が苦手。

私は再訪しないと思いますが、鰻は好みだからねー。


使ったお金: 3,800円
点数: 2点
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:うなぎ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

浅草駅近くの鰻屋さん。

席数が結構ありそうだったので大丈夫かなと思ったのですが、念のため当日予約。
行ったら並んでいたので、予約しておいて良かった!

上うな重(3,700円)を頂きました。
FullSizeRender
IMG_8190

固めであまり好みではなく。
タレの味は悪くないです。


使ったお金: 3,700円
点数: 2点
 
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:うなぎ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

春日駅近くの鰻屋さんで、ミシュランのビブグルマンを獲得しています。

ランチに行きましたが、予約マストな感じでした。
(事前に予約しておりました。)

うな重の上(3,340円)を頂きました。
FullSizeRender
IMG_7659

ふわふわ柔らかい系。
タレは少な目で薄味。


使ったお金: 3,340円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



関連ランキング:うなぎ | 春日駅後楽園駅本郷三丁目駅

創業明治4年の老舗鰻屋さん。
鰻重は竹・梅・菊の3種類。
竹がハーフ、梅が1尾、菊が1尾半とのこと。
梅(3,400円)にお吸い物(200円)を付けました。
IMG_7339
IMG_7340

まずまず美味しい鰻でした。

喫煙可なのが気になりますが、タイミング良く、吸っている人がいなくて助かった。


使ったお金: 3,600円
点数: 3点
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:うなぎ | 小伝馬町駅人形町駅三越前駅

学芸大学の鰻屋さん。
築地築地本廛の流れを汲む宮川のれん会の一つです。 
IMG_6339

予約は取れず、行ってみてになります。
喫煙と禁煙でお部屋が分かれていました。

「に」からが一尾分とのことで、「ほ」(3,000円)をオーダー。
IMG_6340

IMG_6341
肝吸い、お漬物、唐揚と枝豆も付いてきました。

IMG_6342
これで3,000円は昨今の市場を考えるとお安いのではと。
タレがちょっと辛め(醤油っぽい)のがあまり好みではなく。


使ったお金: 3,000円
点数: 2点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。 

関連ランキング:うなぎ | 学芸大学駅

↑このページのトップヘ