趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

旅行

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【お買い物】

ポルトとマデイラ島ではワインを購入。

リスボンでは、その他のお土産を購入しました。
良かったお店をご紹介します。
(写真を撮る前に配っちゃったのもあり、一部ですが。)

A Vida Portuguesa
http://www.avidaportuguesa.com/
リスボン旅行中に絶対に行くだろうシアート地区にあります。
とてもお洒落な雑貨屋さんで、チョコレートや缶詰などの食品、ハンドクリームや石鹸などのコスメ系、文具や玩具など何でも揃っているので、ここだけで良いと思います!

歯磨き粉・ハンドクリーム・石鹸 / チョコレート
2017-05-15-22-10-092017-05-08-13-30-19

Conserveira de Lisboa
コルメシオン広場近くにある1930年創業の缶詰専門店。
2017-05-15-22-09-19
壁一面にずらりと並ぶ缶詰は壮観。パッケージも可愛い。
でも上述のA Vida~にも売っています。

Luvaria Ulisses
http://www.luvariaulisses.com/
ロシオ広場近くにある手袋専門店。
ここ、本当に素敵なので是非行ってみて下さい!
マダムが超絶プロで、私の手を見て、棒みたいなので一瞬測って、ピッタリの手袋を出してくれました。
ピッタリ過ぎて、今までの手袋観(?)が全く変わります。
今までしてきた手袋って何だったの!?という感じ。
しかも安い。日本で買ったら2万円近くするだろう品質のものが、50~60€。
2017-05-15-22-12-05
これを買いました。52€です!びっくり。

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【ディナー②】

最終日は、ザ・ポルトガル料理なお店へ。
(一応、ここまでの4ディナーもジャンルとしてはポルトガル料理なのですが。)

「Solar dos Presuntos」
http://www.solardospresuntos.com/
2017-05-06-03-10-50

有名人(ベッカムやロナウドも)も旅行客も地元の人もたくさん訪れる人気店。
1階から3階まであるけど予約で満席で、2回転はさせている感じ。

2017-05-06-03-39-47

最初からテーブルに前菜が並んでいますが、要らないものは断ってOK。
パンとチーズだけ残してもらいました。
2017-05-06-03-24-15

こちらはコースはなく、アラカルトでオーダーします。

パスティス・デ・バカリャウ(干しダラのコロッケ)
2017-05-06-03-30-54

タコ
2017-05-06-03-30-32

バカリャウ・アサード(干しダラのオーブン焼き)
2017-05-06-03-48-40

ロブスターライス
2017-05-06-03-48-50

レモンソルベ
2017-05-06-04-20-38

足りないかなと思ったけど、ロブスターライスなんて、何人前だよ!?という量でお腹はちきれそう・・・。
もっと大人数だったら、色々頼めたんだけどなぁ。

お料理はどれも美味しい!が、結構しょっぱい。
お酒には合うのだろうけれど。

お店の方々のサービスが素晴らしく、ワインが安く(グラスで4€とか)、お店は活気があって楽しく、良いレストランです!




2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【観光③】

ベルンからの復路は、列車+地下鉄にしてみました。

ラレイロ・ド・パソ駅で降りて、コルメシオ広場へ。
CIMG2537

コルメシオ広場はテージョ川に面しているのですが、
CIMG2534
対岸になんか見たことのあるシルエットが!
CIMG2535
リオ・デ・ジャネイロの
コルコバードのキリスト像」を模して造った「クリスト・レイ」です。

勝利のアーチ
CIMG2538

カテドラル
CIMG2540
CIMG2541

これでリスボン観光は終了。
CIMG2543
この後は、お土産などお買い物をしました。
それはまた別途。

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【スイーツ】

ポルトガルのスイーツと言えば、「パステル・ダ・ナタ」!
エッグタルトですね。

その中でも最も有名なのが、ベルンの「パスティス・デ・ベレン」です。
CIMG2530
1837年創業、ジェロニモス修道院から伝えられた配合と作り方を今も守っているのだそう。

CIMG2531
CIMG2532
焼き立ては格別の美味しさ!

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【観光②】

リスボン2日目は、リスボン中心部から西へ6kmのベルン地区へ。
大航海時代、エンリケ航海王子ですね!

行きはフィゲイラ広場(始発)から市電15番で。
30分強くらいで到着。

ベルン地区の見どころは、「ジェロニモス修道院」「発見のモニュメント」「ベルンの塔」の3つ。
まず一番遠いベルンの塔に行き、戻りながら、発見のモニュメント⇒ジェロニモス修道院を見学しました。
他の観光客に釣られて「Mosteiro Jeronimos」駅で降りてしまいましたが、このコースの場合は、その先の「Largo de Princesa」で降りることをお薦めします。

ベルンの塔
テージョ川を行き交う船を監視し、河口を守る要塞として造られました。
CIMG2512
CIMG2510CIMG2508

発見のモニュメント
1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して建てられました。
CIMG2513
想像以上の大きさ!
CIMG2514
エンリケ航海王子、ヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン、ザビエルなど。

ジェロニモス修道院
エンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称え、また、航海の安全を祈願してマヌエル1世が1502年に着工。
CIMG2516
CIMG2523

中庭と回廊が素敵です。
CIMG2525
CIMG2524

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【ディナー①】

リスボンの2つ星レストラン「BELCANTO」へ!
http://belcanto.pt/EN/default.aspx
2017-05-05-04-02-28

本当は最終日(5月5日)に行きたかったのですが、3ヶ月前の時点で満席!
金曜日だからかなぁ。

既に満席だったので、内部の写真は撮れず。

ディナーメニューは165€、145€、125€の3種類。
さすがの私も4夜連続のフルコースとなると、胃が疲れ気味になってきたので、125€のコースにしました。

エルダーフラワーのカクテルとアミューズ
2017-05-05-04-18-31
2017-05-05-04-26-19

グースとエッグとトリュフ
2017-05-05-04-35-43
2017-05-05-04-36-55
これ、すごく美味しかった!

シーバス
2017-05-05-04-47-44

ポルトガルのポトフ
2017-05-05-04-57-45

仔豚のロースト
2017-05-05-05-07-08

パンは数種類から選べました。美味しい。
2017-05-05-04-32-06

マンダリンのムースとジェラート
これも美味しかったー。
2017-05-05-05-30-15

小菓子
2017-05-05-05-43-51

お会計は二人で346€でした。
「The Yeatman」(ポルト)と「IL GALLO D'ORO」(マデイラ島)とコースの料金はほぼ同じですが、こちらが一番高くなったのは、ワインのお値段ですね。
グラスで頼むと、イチイチ値段を教えてくれないから、おぉ・・・ということになることがありますよね。

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【観光①】

リスボンのヘソであるロシオ広場
正式にはドン・ペドロ4世広場という名前なのですが、ロシオ(公共広場)という呼び方が定着したそう。
CIMG2467

ロシオ広場から少し南下しまして、見えてくるのが「サンタ・ジュスタのエレベーター」です。
エッフェルの弟子であるフランス人建築家によって造られました。
CIMG2481

この後行く、サン・ジョルジェ城が見えます。
CIMG2470

テージョ川方向。
CIMG2472

なお、このエレベーターの料金は往復で5€ですが、「ヴィヴァ・ヴィアジェン」(パスモみたいなもの)が使えます。
24時間乗り放題(地下鉄・バス・市電・ケーブルカー、そしてこのエレベーター含む)の料金が6.15€なので、絶対お得。

このエレベーターは単に展望の為だけではなく、エレベーターを上がったところにバイロ・アルトというエリアに通じる連絡橋があり、カルモ教会の裏側に出ることができます。
(つまり、それだけ高低差があるということで、エレベーター使わないと坂上がるの大変。)

「カルモ教会」の内部は博物館になっています。
CIMG2479

カルモ教会の裏側には、素敵なオープンエアのカフェが。
CIMG2546
CIMG2547

では、サン・ジョルジェ城」へ。
(丘の上ですが、エレベーターを駆使すると楽に行けるので、ガイドブック等で調べてみて下さい!)

城と言っても、残っているのは城壁だけな感じ。
CIMG2494

場内は公園になっており、リスボンの街を一望できます!
CIMG2483
サンタ・ジュスタのエレベーターも見えます。
CIMG2486

散策しながら、レスタウラドーレス駅近くに乗り場があるケーブルカーのグロリア線に乗ります。
と言っても、坂一つ上がるだけなので、乗っている時間は一瞬。

CIMG2499
ケーブルカーを降りた所には「サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台」が。
CIMG2500
サン・ジョルジェ城が見えますね。

なぜ、こんなに展望ばかりしていたのか?翌日の天気予報が雨だったから。
既に雲が多くなっているのが分かります。

ケーブルカーを降りて右に「サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台」。
左には「サン・ロケ教会」が。
CIMG2505
1584年に日本の天正遣欧少年使節が滞在したイエズス会の教会です。
CIMG2502

というところで、この日の観光は終了。
一度ホテルに戻って、着替えて、ディナーです。

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【ランチ】

ちょうどホテルに着いたのがチェックイン開始時間の14時。
荷物を置いて、リスボン観光へ出発。

その前に、遅いランチを。

ポルトガルで絶対に食べようと思っていたのが、フランセジーニャとビファナ。
ビファナは、焼いた豚肉または甘辛いソースで煮込んだ豚肉をパンに挟んだもの。

フィゲイラ広場にある「カサ・ダス・ビファナ」へ。
2017-05-04-23-03-48

これがビファナです。
2017-05-04-23-13-47
2017-05-04-23-14-23

うーむ・・・、もう少し豚肉がジューシーだと良いなぁ。
もしくは、マヨネーズが欲しい。

2017GW ポルトガル旅行 リスボン篇 【ホテル】

5月4日、マデイラ島からリスボンに移動しました。
宿泊先は、地下鉄のマルケス・デ・ポンバル駅の目の前の「フロリダ」です。

ホテル「フロリダ」の日本語の公式サイトがある!
http://florida.lisbon-hotel.org/ja/

空港バス(LINE1)がポンバル広場を通っているので便利です。
片道1人3.5€。事前にネットで購入すると10%引き。
https://www.yellowbustours.com/pt-PT/Lisboa/AeroBus-Lisboa-Transporte-do-Aeroporto-de-Lisboa.aspx

ホテルの外観の写真を撮り忘れましたが、え、ここが4つ星??という感じ。
ポルトのメルキュール同様、立地による加点でしょう。

室内はこんな感じ。
各部屋、ハリウッドスターや監督名が付いており、私達の部屋はイーストウッドでした。
CIMG2465
バスタブはあります!
CIMG2466

朝食はこんな感じ。
2017-05-05-16-01-48
アップルパイが美味しく、ペロリでした・・・。
2017-05-05-16-06-14

2017GW ポルトガル旅行 マデイラ島篇 【ディナー②】

マデイラ島2日目の夜は、宿泊先の「The Cliff Bay」から徒歩5分の「Cris's Place」へ。
https://www.facebook.com/Criss-Place-Restaurant-1727189560892405/
ここはトリップアドバイザーでフンシャルのレストラン544軒中の1位なのです。
2017-05-04-03-54-46

メニューを見て、安さに驚く!
2017-05-04-04-05-16

更に驚いたのが、この42.50€、ワインペアリング込みなのです!
ロゼ、白ワイン、赤ワイン、ポートワインが付きました。
しかもお代わり注いでくれます!

なお、私はスパークリング1杯が致死量のため、ペアリングを外してもらったところ、37.50€に。
これだけお酒付くのに、差額たった5€・・・。

カニサラダ
2017-05-04-04-13-45

ロブスター オクトパス 白身魚
2017-05-04-04-21-40

グリーンピースのポタージュ
2017-05-04-04-30-50

シーバス
2017-05-04-04-45-07

レモンソルベ
2017-05-04-05-01-40

牛ステーキ
2017-05-04-05-13-21

フロマージュブランとベリー
2017-05-04-05-38-32
2017-05-04-05-54-16

ここはとにかくコスパがすごい!
お会計は二人で80€ですよ。

お料理も美味しいです。
特にグリーンピースのポタージュ。

ただし、旦那さんいわく、ペアリングのワインはそんなに美味しくなかったそう。
でもまぁ、この値段ですからね!
記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村