趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

旅行

2018GW 南イタリア旅行 アルベロベッロ 

そして最終訪問地のアルベロベッロへ。
アマルフィからアルベロベッロまでは車で5時間位です。

17世紀頃から建設が始まった円錐型の屋根と白い壁が特徴的な伝統家屋トゥルッリの街並みで知られる街で、トゥルッリが密集する旧市街のモンティ地区とアイア・ピッコラ地区が世界遺産に登録されています。
アルベロベッロとは、イタリア語で「すばらしい木」という意味なのだそうです。
CIMG3156
CIMG3152
CIMG3151

トゥルッリに泊まりたかったので、ホテルは「チャーミング・トゥルッリ」というところに。
レセプションと朝食レストランは聖コズマ・エ・ダミアーノ教会のそばにあり、トゥルッリはその周囲に点在しています。
CIMG3148
お部屋はWiFiもあり、キッチンもあって長期滞在も出来そう。
(でもアルベロベッロは一泊で十分だけど。)
CIMG3146
CIMG3143
CIMG3145
CIMG3142

「Mile Voglie」でジェラート
IMG_5683
IMG_5686

ディナーはホテル近くの「Evo Ristorante」へ。
やはりトリップアドバイザーで評価が高く、ガイドブックには載っていないをポイントにオンラインで事前予約しました。
IMG_5693
そうそう。今回の旅行では食べ過ぎない(去年のGWはポルトガルで5夜連続でフルコースを食べて太ったので…)を意識し、コースではなくアラカルトでオーダーしてきたのですが、こちらのレストランだけコースでオーダーしました。
なんとなくコース全体で表現している感があったので。
(デザートが含まれないコースにし、デザートはオーダーせず。)
IMG_5695
IMG_5697
IMG_5698
IMG_5701
IMG_5696
FullSizeRender
そして夫はアルコールペアリングに。
IMG_5700
IMG_5699

2018GW 南イタリア旅行 マテーラ

DAY6

アマルフィからアルベロベッロに向かいます。
これも日本で車を手配済みでした。

途中、マテーラに立ち寄りました。
石灰岩の岩肌を削って建設した岩窟住居サッシの街並みで、旧市街全体が世界遺産に登録されています。
CIMG3127
CIMG3130
CIMG3140

サンタ・マリア・デ・イドリス岩窟教会
※中は写真撮影NG
CIMG3134
CIMG3135
ラピュタのモデルらしい?

ドゥオーモ
CIMG3139
CIMG3137


2018GW 南イタリア旅行 アマルフィ篇 【グルメ】 

アマルフィで行った飲食店をズラリ。

「Santa Caterina Restaurant」
https://www.hotelsantacaterina.it/it/ristoranti-e-bar
ホテル「サンタ・カテリーナ」のメインダイニングです。
今回のイタリア旅行のベストレストランはこちら!
お料理もサービスも最高でした。
宿泊客しなくても利用できるので、ぜひアマルフィに行かれる際は候補に!
アミューズ
IMG_5646
私の前菜(Zuppa di Pomodoro)
IMG_5650
夫のパスタ(Traditional Neapolitan Lasagna)
IMG_5648
私のパスタ(Home Made Potato Ravioli)
IMG_5655
夫のメイン(Lamb Chops) 
IMG_5654
 
食後のカフェ
IMG_5657
IMG_5653


「Sensi Restaurant」
https://sensiamalfi.it/sensi/
トリップアドバイザーのアマルフィ・高級レストラン部門で1位、ガイドブックに載っていない、ということでこちらのレストランをオンラインで事前予約しました。
コースも€65、€85とそんなに高くないです。
テラス席は眺望が素晴らしく、お料理もとても美味しかった。
アミューズ
FullSizeRender
私の前菜(ポーチエッグ、アスパラガス、パルメザンチーズ、トリュフ)
FullSizeRender
私のパスタ(フジッリ、イエロートマト)
IMG_5612

IMG_5608
IMG_5613


「Da Maria Trattoria Pizzeria」
http://www.amalfitrattoriadamaria.com/en/index.html
ドゥオーモ広場からすぐのトラットリア&ピッツェリア。
ここでもピッツァ・マルゲリータを頂きました。
(この旅行でマルゲリータを3回食べましたが、どこもハイレベルだったなぁ。)
ランチでもクレジットカードOKです。
IMG_5641
IMG_5640


「Pansa」
ドゥオーモ広場に面する老舗カフェ。
朝から深夜まで営業しています。
グラッパの種類がすごくて、メニューが1ページ半くらいあります。
IMG_5637
IMG_5635


「Savoia」
ドゥオーモ広場入口にあるパスティッチェリア。
ジェラート美味しいです。

IMG_5603

2018GW 南イタリア旅行 アマルフィ篇 【観光】

観光と言っても、アマルフィに観光スポットは多くありません。

町の中心のドゥオーモ
CIMG3098
CIMG3097

天国の回廊
CIMG3118

地下礼拝堂
CIMG3123
CIMG3121

ちなみにワタクシ、パリのアメリカンチャーチで挙式したのですが、本当はこのアマルフィの大聖堂かスロヴェニアの聖マリア教会で挙げたかったの。
3つとも実際に行ってみての結論。
海外挙式するなら、絶対にブレッド湖に浮かぶ聖マリア教会がお薦め!!
今すぐ検索してみてー。

石畳の細い路地や階段を迷いながら
CIMG3099

辿り着いた共同墓地
CIMG3107

ここはビュースポットでもあります。
CIMG3102



2018GW 南イタリア旅行 アマルフィ篇【ホテル】

DAY4

ナポリからアマルフィに向かいます。
日本で旅行会社さんに車を手配してもらいました。
途中、ポジターノの写真を撮りつつ、海岸線を走ります。
CIMG3066

アマルフィでは5ツ星の「サンタ・カテリーナ」に2泊しました。
https://www.hotelsantacaterina.it/
映画「アマルフィ 女神の報酬」でロケ地となったホテルです。
CIMG3092

このように崖っぷちに建っています。
CIMG3074
プールにはエレベーターで降りていきます。
CIMG3082

一番安い部屋で良かったのだけど空いておらず、二番目に安い部屋(ちなみに1泊15万くらい…2泊で30万…)で予約していたのですが、なんとジュニア・スイート的な部屋にアップグレードしてくれました。
しかも11時前に到着したら、チェックインまで3時間以上あるのに部屋に通してくれた。(本当は荷物を預けて、街に出ようと思っていた。)
なんて良いホテルなのー!!!

CIMG3067
CIMG3071
浴槽とは別にシャワールームもありました。
CIMG3070
CIMG3068
バルコニー付き。

CIMG3072

朝食はブッフェで、スパークリングワインあり、スイーツも充実。
IMG_5625IMG_5628
IMG_5626IMG_5618
IMG_5623IMG_5622
IMG_5616IMG_5627
IMG_5615IMG_5620

IMG_5630

FullSizeRenderIMG_5631
IMG_5632IMG_5633

2018GW 南イタリア旅行 ナポリ篇

という訳で、カプリ島から予定より早くナポリに戻りました。
いったん荷物を置きにホテルへ。

ナポリでは、グランドホテルオリエンテ(4ツ星)に宿泊。
https://www.grandhoteloriente.it/
港にもトレド通りにも近くて、とても便利なホテルです。
IMG_5504

朝食は最上階で。テラス席もあります。
IMG_5510IMG_5511
IMG_5508IMG_5505
IMG_5507IMG_5506

まずは、サンテルモ城を目指します。
AUGUSTEO駅からフニコラーレでFUGA駅へ。そこから徒歩で20分。
IMG_5567

サンテルモ城は単に要塞ですが、眺めが素晴らしいです。
(大学生の時にも行ったなぁ。)
CIMG3034
CIMG3039

同じルートでAUGUSTEO駅に戻り、1860年創業の王室御用達のカフェ「Gambrinus(ガンブリヌス)」へ。
テラス席に座りましたが、中のサロン席の方が優雅でお薦め。
カフェ・ノッチョーラ、美味しかった。
IMG_5568

ミッレ通り(ブランドストリート)でウインドウショッピング。
GUCCIで欲しいお財布があったのですが、コルレオーネファミリーみたいな人達に店員さんが大わらわで、誰も私のこと眼中に無く…。
結局、帰りのローマ空港で買いました。これです。
FullSizeRenderFullSizeRender


ナポリと言えばピッツァ!ということで、ディナーは「Brandi(ブランディ)」へ。
ピッツァ・マルゲリータ発祥の店として有名な1780年創業の老舗です。
地元の方からすると、一番美味しいという訳ではないようですが、私達には十分美味しかった。これで一番じゃないって、さすがナポリだわ。
IMG_5572
IMG_5570IMG_5571




2018GW 南イタリア旅行 カプリ島篇

GW明けから仕事が忙しくて、全然アップできませんでした。

2018年のGWは、18年振り3度目のイタリアへ。
今回はナポリ(1泊)→カプリ島(1泊)→ナポリ(1泊)→アマルフィ(2泊)→マテーラ→アルベロベッロ(1泊)という6泊8日ルートです。

4月29日(日)アリタリアで成田→ローマ→ナポリへ。
ナポリで1泊し、翌朝一番早いフェリーでカプリ島へ。
ナポリ⇔カプリ島は、高速フェリーで1時間位です。
(フェリーのチケットは、オンラインで事前に予約しておきました。)
なお、ナポリ→カプリ島→ナポリと挟んだので、スーツケースはナポリのホテルに預け、1泊分の荷物で身軽にカプリ島へ。

カプリ島のホテルは、奮発して、5ツ星の「シーザーオーガスタス」に。
https://www.caesar-augustus.com/
港の近くのカプリ地区ではなく、アナカプリ地区(青の洞窟はこちらの方が近い)にあるホテルで、断崖絶壁に建つ眺望が素晴らしいホテルです。
CIMG3002
CIMG2999
CIMG3027CIMG3006

お部屋(このホテルでは一番安いカテゴリーのお部屋だと。)
CIMG3021CIMG3020
CIMG3023CIMG3022

ディナーはホテルのメインダイニングにて。
IMG_5535IMG_5536
IMG_5537IMG_5538
IMG_5539IMG_5540

朝食はブッフェで、スイーツ類が充実していました。
IMG_5544IMG_5549
IMG_5545IMG_5548
IMG_5546IMG_5543
IMG_5542IMG_5547

IMG_5550FullSizeRender

なお、港からすぐにホテルに向かい(ホテルのお迎え有り)、荷物を預けて青の洞窟に行く予定だったのですが、コンシェルジュの方に訊いたら、波が高くて今日はクローズとのこと・・・。

まだチェックインまで時間があったので、チェアリフトでソラーロ山へ。
このチェアリフト、結構面白いです。
IMG_5525
ソラーロ山からの眺望もなかなか。
CIMG3010

翌朝、9時前にチェックアウトして青の洞窟(9時オープン)に行ってみたのですが、なんと二日連続でクローズ・・・。
CIMG3028

ものすごくショックで諦めつかず、1時間位グダグダしていましたが、気持ちを切り替え、予定より早くナポリに戻り、ナポリ観光すること。
ちなみにナポリは大学生の時に行ったので、今回は観光するつもりがなかったのですが、でもまぁ、夫は初めてのナポリだったので。






「奈良ホテル」 

という訳で、土日で奈良に行ってきました。
宿泊は奈良ホテル。
近付くにつれ、わーとなりました。
IMG_5967

明治42年に「関西の迎賓館」として創業。
IMG_5972
IMG_5977
IMG_6014

国内からだけではなく、海外からもVIPが宿泊されています。
セルゲイ・プロコフィエフ、アルベルト・アインシュタイン、チャールズ・リンドバーグ、愛新覚羅溥儀、チャールズ・チャップリン、ヘレン・ケラー、リチャード・ニクソン、オードリー・ヘップバーン、ダライ・ラマ14世・・・

新館のツインルームに宿泊しました。
IMG_5973

夜はまた趣きがありますね。
IMG_5995


2017年11月 ハノイ旅行 DAY4

旧市街でバインミー(ベトナムサンドイッチ)の朝ごはんを。
本当は「バインミー25」というお店に行きたかったのですが、間違えてすぐ近くの別の店に入ってしまいました。(入ると言っても、路上でプラスチックの風呂椅子に座って食べるのですが。)
具材を選べまして、こちらはパテ&エッグ。ここも美味しかった!
2017-11-04-12-13-592017-11-04-12-17-21

ここから20分くらい歩いて、オペラハウスへ。(隣がヒルトンです。)
2017-11-04-13-09-39

オペラハウスに併設されている「ハイランズコーヒー」(チェーン店)のオープンカフェが雰囲気良かった!
2017-11-04-13-23-30 2017-11-04-13-29-35

ランチは素敵な邸宅レストラン「リー・クラブ」へ。
2017-11-04-14-03-332017-11-04-14-06-34
セットランチは298万ドン(約1,500円)で、プリフィクスのウエスタンかベトナム料理のコースを選べます。ベトナム料理を選びました。
前菜は青マンゴーのサラダ、メインはローストポークのキャラメリゼ、デザートはフルーツをチョイス。
2017-11-04-14-20-502017-11-04-14-38-32
2017-11-04-14-57-11
雰囲気良くて、お料理も美味しく、優雅なひと時を過ごせました!
お客さんはほぼ欧米人でした。

タクシーを呼んでもらい、「ロッテ・センター・ハノイ」へ。
※この旅でタクシーに何度か乗りましたが、一番高くても、このリー・クラブからロッテ・センター・ハノイへの移動の9万ドン(約450円)でした。

地下5階、地上65階建てで、ショッピングモールとレジデンスとホテルが。
65階には展望デッキがあります。入場料は23万ドン(約1,150円)です。
2017-11-04-15-55-37 2017-11-04-16-02-16
2017-11-04-16-04-10 2017-11-04-15-52-50

タクシーで、西湖の方にある「パン・パシフィック・ハノイ」というホテルへ。
こちらのルーフトップバー「ザ・サミット」に行くのを楽しみにしておりました。
時間の経過とともに変化していく景色をぼんやり眺めながら。
2017-11-04-19-14-11 2017-11-04-19-03-38
2017-11-04-19-30-50 2017-11-04-19-46-57

ディナーは、旧市街のローカルな感じのおこわ専門店「ソイイエン」へ。
風呂椅子系です。
緑豆ペーストのおこわに、フライドエッグと豚角煮をトッピング。
これで35万ドン(約180円)!
2017-11-04-20-53-55

この後、ホテルの近くの「ヴァンスアン」(本店)でボディマッサージ70分を受けました。料金は19万ドン+チップ10万ドンで、日本円で1500円弱。
フットマッサージとボディマッサージ両方受けての感想は、フットマッサージの方がオススメかな。

今回は一人旅だったので、ランチは高級レストラン、ディナーはローカル。
カフェやルーフトップバーをたくさん回る。
というテーマで計画しました。
食べたい物は全部食べ、思い残すこと無しです!!
大満喫しましたー!!

2017年11月 ハノイ旅行 DAY3

3日目は世界遺産のハロン湾へ!
こちらはベルトラという会社のオプショナルツアーを申し込みました。

ハロン湾まではバスで片道4時間。
途中でトイレ休憩のためにお土産屋さんに寄りますが、食品系はことごとくスーパーの2~3倍の値段を付けているので、買わないように!!

ハロン湾到着。湾の周囲にはホテルが並んでいます。
船はこんな感じ。(トイレ、清潔でした!)
2017-11-03-14-36-24

船の中でランチです。
(もっとたくさん出てくるのですが、一部だけ載せます。)
2017-11-03-14-48-502017-11-03-15-31-46

奇岩が見えてきました!
2017-11-03-15-17-542017-11-03-15-19-28
2017-11-03-15-20-272017-11-03-15-39-33

途中で船を下りて鍾乳洞見学。
2017-11-03-16-33-482017-11-03-16-46-30
2017-11-03-16-52-282017-11-03-16-51-17
このネオンのようなライトアップをどう取るかですね・・・。

ツアーバスはヒルトンホテルに帰着したので、そこからタクシーで「ビンミン」という焼鳥屋さんへ。運転手さんが少し迷ったりで、タクシー代は7万ドン(約350円)ちょっとでした。
ビンミンでは、もも肉、手羽先、蜂蜜パン、ミネラルウォーターで114,500ドン(約580円)でした。
日本人好みの味です!(中野に支店があるんですよね。)
2017-11-03-22-21-052017-11-03-22-36-29
2017-11-03-22-27-30

ビンミンからタクシー(お店の方が呼んでくれます)で、ホアンキエム区のスーパー「インティメックス」へ。
ここでハノイビール、カシューナッツ、コーヒー、ロータスティー、サツマイモチップスなど、なんでも揃います!(MAROUのチョコレートはありませんでしたが、これは空港に売っていました!)

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村