趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

浅草・吾妻橋

田原町 「Amets」

田原町駅近くのスペイン料理のお店。
ミシュランのビブグルマンです。
2017-06-13-19-26-35

コースは無く、アラカルトのみ。

ヤギのチーズのサラダ
2017-06-13-19-50-17

スペイン風オムレツ
2017-06-13-20-00-52

バカリャウ(干しダラ)のコロッケ
2017-06-13-20-00-38

ヤリイカ
2017-06-13-19-43-07

2人で上記をシェアし、結構お腹一杯になってしまい、お肉やパエリヤには辿り着けず。
グラスのカヴァが650円だったり、リーズナブルです。

全面喫煙可なので、積極的には再訪はないかなぁ。


使ったお金: 一人5,000円くらい

点数: 3点
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:スペイン料理 | 田原町駅浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)

浅草 「ナベノ-イズム」

2016年オープンのフレンチ界・三大話題店と言えば、
「ナベノ-イズム」「sincere」「ティエリー・マルクス」でしょうか。

ようやく「ナベノ-イズム」に行けました!
2017-06-03-18-59-54
一軒家で、1階がキッチン、2階と3階がレストラン、4階がテラスです。

シェフの渡辺氏は、2004年に「ジョエル・ロブション」の総料理長に就任。
2008年の「ミシュラン東京」創刊から9年連続で3つ星を獲得。
2016年に「ナベノ-イズム」を開業されました。
東京カレンダーの「2016レストラン・オブ・ザ・イヤー」のグランプリ。
雑誌「料理王国」の「2017年シェフが選ぶベストシェフ」にて第一位。
「ミシュラン東京2017」で1つ星獲得。

ディナーコースは20,000円のみ。
image

渡辺家の家紋だそうです。
2017-06-03-19-04-21

2017-06-03-19-16-59
ブルーベリーのガスパチョ
浅草老舗とのコラボスナック
グリーンオリーヴのマリネ

2017-06-03-19-27-40
両国江戸蕎麦「ほそ川」の蕎麦粉を使ったそばがき

2017-06-03-19-37-44
鮎の米粉焼きとパテ、キュウリとスイカのマリネ

2017-06-03-19-47-24
豚足入りブーダンブラン

2017-06-03-19-58-05
フォアグラ

2017-06-03-20-09-32
天然真鯛

2017-06-03-20-24-32
オーストラリア産仔羊

パンも絶品でした!
2017-06-03-19-35-44

2017-06-03-20-12-08

2017-06-03-20-42-33
長崎産びわとアーモンドのブランマンジェ

2017-06-03-20-51-28
ガトーショコラとリ・オ・レのアイス

2017-06-03-20-55-50
プティフール

コーヒーは南千住の「バッハ」の豆を使っているそうです!
(「尾花」の帰りに行ったなぁ。)
2017-06-03-20-56-00

「ジョエル・ロブション」にも伺ったことがありますが、ロブションを離れた渡辺シェフは、ご自身のやりたいことをされているなぁと。

実は最初の2皿くらいまで、ざ、斬新・・・と思ったのですが、ブーダンブラン以降は隙無しで、完璧なるベースがあった上での新奇さ遊び心なのだなぁと。
特に、真鯛の焼き加減の完璧さには驚いた。

渡辺シェフはお出迎えもお見送りもしてくれましたよ。
店内はシンプルな内装で、ロブションの様な華やかさはありませんが、サービスも良く、とても素敵な時間を過ごせました!

テラスからの眺め
2017-06-03-21-08-04


使ったお金: 一人30,000円弱
 
点数: 4点
(お値段がね)

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:フレンチ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

本所吾妻橋 「鰻禅」

私の鰻ベスト5はこちらです!!
江戸川橋 「石ばし」
http://tomosan63.blog.jp/archives/22091854.html
本所吾妻橋 「鰻禅」
駒込 「つぐみ庵」
http://tomosan63.blog.jp/archives/7111449.html
四ツ木 「魚政」!
http://tomosan63.blog.jp/archives/9536057.html
高田馬場 「愛川」
http://tomosan63.blog.jp/archives/20783729.html

では、「鰻禅」の紹介です。

スカイツリー近くのチャーミングなご夫婦がやっている鰻屋さんで、平日は予約可ですが、土日は不可。
11時オープンなので、オープン前から並んで1巡目に入店するのが良いと思います。
11時に入店しても、焼くのに1時間くらいかかるので、2巡目だとかなり待つことに。(席が空いたら電話をもらえます。)

鰻重は量の違いで、上が3,000円、特上が3,500円。

こちらが特上。
鰻禅

ふわパリで、タレの味もドンピシャで好みでした!

また食べたいですーー。


鰻禅
住所: 墨田区吾妻橋3-6-18
アクセス: 本所吾妻橋駅 A3出口から徒歩3分 
電話: 03-3624-0475
定休日: 月曜日 ※祝日の場合は翌火曜日
営業時間: 11:00~20:00
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13058979/

点数: 5点
5点: 感動するほど美味しい!!
4点: かなり美味しい!
3点: まずまず美味しい。
2点: 普通
1点: 不味い

浅草 「大多福」

大正4年創業のおでん屋さん!
ミシュランのビブグルマンです。
趣あって素敵です!
2017-04-09-18-03-30

西浅草三丁目の交差点の近くで、最寄り駅は日比谷線の入谷かな。
アクセス良くないですが、満席です。

予約は19時半までの入店で2時間制。

①前菜&おでん 3,500円
②コース 5,400円
のどちらかを頼まねばなりません。

①を事前予約。
前菜はこちら。
2017-04-09-18-07-19

おでんが煮えるまでの間、いくつかツマミ的なものをオーダー。

鯵の南蛮漬
2017-04-09-18-10-42
鮪のぬた
2017-04-09-18-10-49
エシャレットもろきゅう
2017-04-09-18-14-40

ちなみにおでんメニューはこんな感じ。
2017-04-09-18-36-29
2017-04-09-18-36-58

そしていよいよおでんの準備が完了!
2017-04-09-18-21-33

2人で行っても、同じネタが2つずつではないので、喧嘩しないよう。
(という訳で、いくつか追加しました。)

練り物系が抜群に美味しい!
しゅうまい揚げ、海老ばくだん、もち袋がベスト3でした。

おでん楽しかったー!
また行きたいです。


大多福
住所: 台東区千束1-6-2
アクセス: 入谷駅から徒歩10分
電話: 03-3871-2521 
定休日: 月曜日 ※11~2月は無休
営業時間:
平日 17:00~23:00
日・祝 3~10月は~22:00、11~2月は12:00~14:00  16:00~22:00
http://www.otafuku.ne.jp/index.html

使ったお金: 一人7,000円くらい 
点数: 4点


5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

浅草 「龍昇亭 西むら」

創業1854年(安政元年)の歴史ある和菓子屋さん。
看板は、「栗むし羊かん」なのですが、1本買っても食べ切れないの・・・。
2017-04-09-17-47-32

本日のお目当ては、どら焼き!
浅草でどら焼きと言うと、「亀十」が有名ですよね。
なんと「西むら」と「亀十」はお隣同士なのです。

「西むら」のどら焼き
2017-04-09-20-24-45
2017-04-09-20-25-38
2017-04-09-20-26-13
2017-04-09-20-27-16

亀十のどら焼きは、大きいけど軽くてふわっとしていますが、西むらのどら焼きは厚みがあってどっしり。

皮がふわっとしていますが、餡子の存在感があって、美味しいです。



龍昇亭 西むら
住所: 台東区雷門2-18-11 
アクセス: 浅草駅 2番出口から徒歩1分
電話: 03-3841-0665
定休日: 不定休 
営業時間: 9:00~20:00
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008577/

浅草 「和菓子処 おがわ」

浅草でどら焼きと言えば、「亀十」「おがわ」「西むら」ですね。

「おがわ」のどら焼きは3種類。
小倉つぶし餡、しろ餡、うぐいす餡です。

小倉つぶし餡を購入。
おがわパサパサ
パッケージに鰻が描かれているのは、浅草の老舗鰻屋「初小川」の姉妹店だからです。
(「初小川」は閉店してしまったようですね?一度行きましたが全然美味しくなかったのよね・・・。)

鰻小川と姉妹店
皮がちょっとパサパサしているように思いました。


和菓子処 おがわ

住所: 台東区雷門2-6-4
アクセス: 浅草駅から徒歩5分
電話: 03-3844-4748  
定休日: 日・祝 
営業時間: 9:30~14:00
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008620/

浅草 「ミモザ」

奥浅草にある喫茶店。

名物の5段ホットケーキ!
ミモザ

懐かしい系の味で私は好きです。


ミモザ
住所: 台東区浅草4-38-6  
アクセス: 浅草駅から徒歩13分 
電話: 03-3874-2933  
定休日: 月曜日 
営業時間: 8:00~17:00
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13088749/

点数: 4点

5点: すごく美味しい
4点: 美味しい
3点: まぁまぁ
2点: 普通
1点: 不味い

浅草 「満願堂」

芋きんで有名なお店。
浅草に3店舗あります。
(他、吾妻橋、大丸東京、北千住、羽田空港にも。)

本店は20時まで営業。
2017-02-25-18-56-07

芋きんと江戸きんつばを購入。
2017-02-26-09-56-24
2017-02-26-09-57-28

皮と餡のバランスが良くて美味しい。
甘過ぎず、何個でも食べられそう。
どちらかなら芋きんがお薦めです。


満願堂 本店
住所: 台東区浅草1-21-5
アクセス: 浅草駅 1番出口から徒歩4分 
電話: 03-5828-0548
定休日: 無し
営業時間: 10:00~20:00  ※土日祝は9:30~
http://www.mangando.jp/index.html

浅草 「弁天山美家古寿司」

創業1866年!
江戸前寿司の古典的技法を守り続ける老舗で、現在の親方は五代目です。
2017-02-25-19-05-19

先日、「人生最高レストラン」で中尾彬さんが40年通っていらっしゃるお鮨屋さんとしてあげられていましたが、実際に店内の暖簾や飾られている絵は中尾さんによるものでした。

握りのコースは5,500円~10,250円(税抜)で4種類。
おまかせは10,000円と12,000円(税抜)の2種類。
おまかせ一本ではなく、選択肢が豊富です。

12,000円の司コースを頂きました。

◆つまみ

海苔と鮪
2017-02-25-19-12-18

平貝
2017-02-25-19-17-01

ぬた
2017-02-25-19-21-49

◆刺身 蛸の頭、シマアジ、中トロ
2017-02-25-19-28-42

◆握り

平目と鯛
2017-02-25-19-36-26

赤貝と北寄貝
2017-02-25-19-39-11

車海老とコハダ
2017-02-25-19-42-02

穴子とスルメイカ
2017-02-25-19-45-12

鮪の漬けと玉子焼き
2017-02-25-19-50-30

追加で

煮蛤
2017-02-25-19-54-36

かんぴょう巻き
2017-02-25-19-57-39

平目と鮪の漬け、玉子焼きが特に美味しかったです。
ネタは良いと思いましたが、ワサビが効きすぎているなぁと。
あと、シャリが好みではありませんでした。
(これは好みだと思いますが、ちょっと冷たくて硬い。)

親方はチャーミングで素敵です。



弁天山美家古寿司
住所: 台東区浅草2-1-16
アクセス: 浅草駅 6番出口から徒歩3分 
電話: 03-3844-0034 
定休日: だいたい月曜日?HPでご確認を。
営業時間: 11:30~14:30 17:00~21:00 ※日曜日は~18:30
http://www.bentenyama-miyakosushi.com/ja/

使ったお金: 一人16,000円くらい
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

本所吾妻橋 「レストラン吾妻」

大正2年創業の老舗洋食屋さん。
半熟のオムレツをライスに乗せて真ん中で割るスタイルは、こちらが発祥だそうですよ!

営業は夜のみで火・水・木はお休み。
そしてネット情報によると予約不可らしいということで、思い立って本日一人でフラリと行ってしまいました!

月曜の19時過ぎ、良かった、入れました。
店内はカウンターとテーブル席が一つ。
カウンター、シェフの作っているところがよく見えて、楽しいです。

コース(13,000円!だけど物凄く良いらしい)は2人からなので、アラカルトでオーダー。
迷った末・・・

カニクリームコロッケと海老フライの盛り合わせ 3,500円(税抜)
2017-01-23-19-32-11
海老は頭も尻尾も食べられます。
頭の殻がちょっと硬いからと、シェフが剥いてくれました。

2017-01-23-19-34-56
そしてカニクリームコロッケ!
ギッシリだし、クリーミーでとても美味しい。
これはソースをかけたらもったいないです。

小オムライス 2,000円(税抜)

ライスに
2017-01-23-19-42-51

半熟オムレツ乗せ!
2017-01-23-19-43-29
(割る瞬間を撮り損ねた・・・。)

完成です!!
2017-01-23-19-44-09
これ、全然「小」じゃないですよ。
普通のお店のオムライスよりボリュームあるくらい。

2017-01-23-19-46-10
卵のトロトロ感とデミグラスソースはもちろんのこと、ケチャップライスも独特で美味しい。
自家製ラードで炒めているそうで、ちょっとネットリしていて癖になる感じ。

そしてこのお皿、ノリタケさんが吾妻のオムライス用にと作って下さったのだそうです。

なお、通常のオムライスは3,000円です!
単品でオムライスを頼むか、盛り合わせと小オムライスを頼むかで迷ったのだけど、後者にして良かった。
単品のオムライス、一人では食べきれなかったかも。

女一人でフラリと行ったからか、シェフも奥様もとても良くしてくださいました。
生ハムサラダとコーヒーをサービスしてもらっちゃいました。
2017-01-23-19-16-23
2017-01-23-19-57-19

なお、実際は予約可能です。
ただし、一日2組のみで、3~4日先までしか受け付けていないそう。
火・水・木がお休みなのも、シェフがお年を召されてきて、疲れてしまうからだそうです。
ずっとお元気で続けていってほしいです!!!

カレーライスは5時間以上かけてルーを焼き切り、そこにブイヨンを投入して更に5時間かけているそうで、まぁこのお値段にはそういう理由があるということですね。
今度は予約してコースで存分に食べたいです!



レストラン吾妻
住所: 墨田区吾妻橋2-7-8  
アクセス: 都営浅草線 本所吾妻橋 A3出口から徒歩3分 
電話: 03-3622-7857
定休日: 火・水・木 
営業時間: 17:30~20:30(L.O.)
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13002953/

使ったお金: 7,020円
点数: 5点


5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村