趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

ドイツ

2018年9月 ドイツ&オーストリア旅行 【ドイツ篇③】

9月4日(火)
ローテンブルクからひたすらロマンチック街道を走行。

世界遺産のヴィース巡礼教会へ。
CIMG3229

外観からは想像つかないほど、ロココ装飾の内装が素敵!
CIMG3235

ランチはマウルタッシェン(ドイツ・シュヴァーベン地方の郷土料理)を頂きました。
FullSizeRender

そして、この旅の私の一番の目的である、ノイシュヴァンシュタイン城へ!

あれは約20年前のこと。卒業旅行で麓まで行ったのですよ。
そうしたら冬期はお城までのシャトルバスは運休、徒歩で行こうとしたところ、路面凍結により封鎖。(正確には、「自己責任で。何の保証もしない」と書いてあったような。)なかなか諦めのつかない私に、一緒に行った友人が「明日の朝刊に邦人死すと載りたくない」と言い、泣く泣く引き返したのでした。

なので、麓からのノイシュヴァンシュタイン城は見ているのですよ。
そうそう!この景色よ!!
CIMG3237

今回は、なんとか雨も止み、シャトルバスでのぼりました!

マリエン橋からのノイシュヴァンシュタイン城。
そうそう!このアングルよー!!当時も絵葉書は買ったわ!!
CIMG3245
CIMG3244

ちなみにお城から見たマリエン橋。
逆から見ると、ちょっと怖いね。高所恐怖症の方はご注意。
CIMG3258

なお、お城の中は撮影禁止。
鍾乳洞まであったり、ルートヴィヒ2世の狂気を感じましたわ。
(でも彼がバイロイト祝祭劇場も作ったし、後世に遺したものは大きい。)

行きませんでしたが、ルートヴィヒ2世の御父上であるマクシミリアン2世が築いたホーエンシュヴァンガウ城。
CIMG3239

そしてひたすら走行し、ミュンヘンへ。
「NHミュンヘンオスト」に宿泊。
カンファレンスセンターを併設しており、ビジネスマンでいっぱい。
CIMG3264
CIMG3263


2018年9月 ドイツ&オーストリア旅行 【ドイツ篇②】

9月3日(月)
フランクフルトのホテルからハイデルベルクに移動。

ハイデルベルク城を観光。
CIMG3181
CIMG3183

お城は高台にあり、ここからの眺望が素晴らしかった。
CIMG3185

お城の地下には巨大なワイン樽が。22万リットルだそうです!
IMG_7972

ハイデルベルクの旧市街を散策。
CIMG3191
CIMG3200
CIMG3189

広場から見るハイデルベルク城。
CIMG3193

ハイデルベルクの「Alte Brennerei」という酒屋さんで買った薬草リキュールセット。
FullSizeRender
FullSizeRender

ランチはロールキャベツを頂きました。
IMG_7980

ハイデルベルクからローテンブルクへ移動。

城壁で囲まれた旧市街全体がおとぎの国のよう。
CIMG3217

とにかく街が可愛い。可愛すぎる。
IMG_7998
IMG_8010
IMG_8012

マルクト広場にある市参事会酒宴場の仕掛け時計。
IMG_8015
11~15時、20時~22時の毎正時に窓が開き、人形がジョッキで一気飲みを。これはローテンブルクを救ったある男性のお話が基になっています。
IMG_8025

一年中クリスマスグッズが買えるお店。
IMG_8017
外からだと信じられないほど広いお店で、ビックリすると思います。

宿泊は城壁内の「ゴルトナーヒルシュ」というホテル。
IMG_8033
お部屋がやたら広かった。(私の部屋がということでしたが。)
CIMG3201

ディナーは白ソーセージ!大好物!
FullSizeRender




2018年9月 ドイツ&オーストリア旅行 【ドイツ篇①】

2018年9月1日~9月8日で、ドイツ&オーストリアに行ってきました。
ちなみにドイツは3回目、オーストリアも2回目であります。

今回は阪急交通社のツアーに母と参加したため、特にアクシデントも無く、移動も貸切バスだったので、それほどお役に立てるような情報もなく。
なので、行った場所だけ記録用にアップします。

9月1日(土) 羽田⇒フランクフルト
宿泊はフランクフルト空港近くの「リンドナーコングレス」(2泊)。
CIMG3162

9月2日(日)
フランクフルトからリューデスハイムに移動。
可愛い街。
IMG_7916

ここからザンクトゴアハウゼンまでライン川クルーズ

いくつものお城を眺めつつ…
CIMG3164

そしてこれがあのローレライ!

IMG_7930
えー、こんなに大きいの!?というのが印象。
これじゃあ、妖精さんが漁師を誘惑しても、漁師からは見えないのでは??

ザンクトゴアハウゼンからケルンに移動。

じゃーん!ケルン大聖堂!!
CIMG3170
ゴシック様式の建築物としては世界最大。(ビル40階相当らしい)
世界文化遺産です。
CIMG3171
ステンドグラスが素晴らしい。
IMG_7944
500段以上ある階段をのぼれば塔に上がれますが、正直、大した眺望ではないので、上がらなくても良いかなと思いました。
IMG_7943

ケルン大聖堂目の前の素敵な「Cafe Reichard」。
IMG_7953
ケーキがどれも素晴らしく美味しそうで、実際に美味しい。
IMG_7952
IMG_7950
隣の地元の方いわく、ケルンナンバー1のカフェで一年中混んでいるそう。
こちらお薦めです!!


2015年7月 チェコ&ドイツ旅行 DAY6

7月9日 DAY6 ドレスデン

この日は、ひたすら内部見学。


①ドレスデン要塞
16世紀に造られた要塞で、日本語オーディオガイドが良くて、プロジェクトXみたいで泣けた。
292

②ドレスデン城
アウグスト選帝侯から歴代の王が収集したお宝を見学できます。
厳重で写真撮影NG、荷物は全てロッカーに預けねばなりません。
こういうところでお宝見学すると、なぜ象牙にそんな細工をする必要があるのだろうかとか、ガチョウの卵にそんな装飾しなくてもとか、過剰さに恐ろしくなります。
芸術的な高みを極めようということより、どこまで過剰なことが出来るのかを競い合っているような気がして、本末転倒なような。
295

③ゼンパー・オーパー(オペラハウス)
内部見学ツアーに参加しました。
撮影料を払えば内部も写真OKなのですが、写真はまぁいいかと思い・・・。
素晴らしいオペラハウスです。
時間に余裕があったらオペラも観たかった。

256

④ツヴィンカー宮殿のアルテ・マイスター
アウグスト強王と息子の2世が収集した絵画780点が観賞できます。
フェルメールの「手紙を読む少女」とか。 写真撮影は不可です。
255

ランチはツヴィンカー宮殿内の「アルテ・マイスター」にて。

306
305

アルトマルクト・ガレリーというショッピングモール内にある「クロイツカム」というケーキ屋さんは、1825年創業、シュトレンを初輸出した老舗だそうです。

ケーキがどれも物凄く美味しそうで迷いましたが、ザッハトルテを食べました。

302

ディナーは「ソフィンケラー」という有名なドイツ料理のお店に行こうと思っていたのですが、上述のモール内のお肉屋さんで見かけたソーセージが美味しそうで、結局そこで食べてしまいました・・・。
アイスバイン(豚すね肉)も食べたかったんだけど、目の前で売り切れてしまいチキンを。
312
310



2015年7月 チェコ&ドイツ旅行 DAY5 PART2

7月8日 DAY5 PART2 ドレスデン

まずはホテル前のフラウエン教会へ。
展望台にも上りました。この旅行中、どれだけ階段を上ったか。

234
230

ドレスデン城の壁画。
ザクセン王をはじめ93人が描かれています。

236

大聖堂とドレスデン城。
この景色を観たかったのです!
11745456_841602262555861_8151359247288804223_n

ドレスデン城近くの「カフェ・シンケルヴァッフェ」で一休み。
アイアーシェッケというドレスデン名物の玉子ケーキを食べる。
11755885_841606069222147_326843423392215629_n
11703178_841606082555479_3655197346840538761_n

ディナーはホテル目の前の「コーゼルパレイ」へ。
この建物、アウグスト強王が愛人であるコーゼル伯爵夫人の息子のために建てた宮殿だそう。
お店はとても素敵だけど、お味はイマイチでした…。
ここはお茶でケーキを食べるのが良いのかと。
11224119_841606389222115_4893356896919234297_n
11755826_841607069222047_638090693732212769_n
11403061_841607095888711_6477586564985674174_n

夕食後は夜景を撮りに行きましたが、プラハほどライトアップにお金をかけておらず。
10509506_841603089222445_5591101506052198264_n
11411837_841608265888594_3143447729392061502_o

2015年7月 チェコ&ドイツ旅行 DAY5 PART1

7月8日 DAY5 PART1 ドレスデン


プラハからドレスデン(ドイツ)は鉄道で2時間15分。
去年のGW旅行でベルギー⇒オランダの移動に2等車(指定席)に乗ったら、スーツケースを置くスペースが無く、無理やり網棚に乗せて手首を折るかと思ったので、今回は旅行会社に頼んでプラス料金で1等車にしてもらいました。


事前に旅行会社に「午前中に出発する列車を予約して」と頼んだら、自由席なので時刻表を送るから好きな時間の列車に乗ってくれとのこと。
えー、1等車なのに自由席ってどういうこと??と思って自分でネットで調べたら、座席指定も出来る、座席指定していない人は名前の貼っていない席に座れば良いとある。
うーん、そんなんで大丈夫なのかなぁ、1等車って1車両しかないみたいだけど、席が足りなくなるなんて事態にならないよねぇ・・・?と不安になりながら当日を迎える。


美しいプラハ本駅3階のドーム。
212

駅に着いたら電光掲示板に乗る予定の列車が5分遅れと表示されていた。
出発10分前位にならないと、どのホームに停まるのか分からないのです。
カフェに入り(親切にもカフェの中にもモニターがある)、蕎麦屋の出前のように少しずつ延びていく遅延時間を睨みながら、ホームナンバーが出るのを待つ。
最終的に30分遅延。

で、ホームが表示され、急ぎホームへ。

真っ先に1等車両に乗り込むも、どの席にも名前が貼ってある。
私は席探し、旦那さんはスーツケースを置く、と役割分担。
えー、1等車に座れない!?と焦るも、なんとか2席見付けて座る。
スーツケースも置けて、一安心。

もうね、絶対に席は指定すべき!

1等車の隣はとても居心地の良い食堂車でした。
1等車に座れなかったら、2時間ずっとここにいたかも。

215

ドレスデン駅。
216
217

宿泊は旧市街のヒルトン・ドレスデンに。
http://hiltonhotels.jp/hotel/dresden/hilton-dresden
ドレスデン本駅からホテルまで10ユーロ位でした。
ヒルトン・ドレスデンはフラウエン教会の目の前で、ドレスデン城も徒歩2~3分。

本当に便利で、ドレスデンに行かれる際はこちらをお薦めします。
219
218

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村