趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

ドイツ(ドレスデン)

2015年7月 チェコ&ドイツ旅行 DAY6

7月9日 DAY6 ドレスデン

この日は、ひたすら内部見学。


①ドレスデン要塞
16世紀に造られた要塞で、日本語オーディオガイドが良くて、プロジェクトXみたいで泣けた。
292

②ドレスデン城
アウグスト選帝侯から歴代の王が収集したお宝を見学できます。
厳重で写真撮影NG、荷物は全てロッカーに預けねばなりません。
こういうところでお宝見学すると、なぜ象牙にそんな細工をする必要があるのだろうかとか、ガチョウの卵にそんな装飾しなくてもとか、過剰さに恐ろしくなります。
芸術的な高みを極めようということより、どこまで過剰なことが出来るのかを競い合っているような気がして、本末転倒なような。
295

③ゼンパー・オーパー(オペラハウス)
内部見学ツアーに参加しました。
撮影料を払えば内部も写真OKなのですが、写真はまぁいいかと思い・・・。
素晴らしいオペラハウスです。
時間に余裕があったらオペラも観たかった。

256

④ツヴィンカー宮殿のアルテ・マイスター
アウグスト強王と息子の2世が収集した絵画780点が観賞できます。
フェルメールの「手紙を読む少女」とか。 写真撮影は不可です。
255

ランチはツヴィンカー宮殿内の「アルテ・マイスター」にて。

306
305

アルトマルクト・ガレリーというショッピングモール内にある「クロイツカム」というケーキ屋さんは、1825年創業、シュトレンを初輸出した老舗だそうです。

ケーキがどれも物凄く美味しそうで迷いましたが、ザッハトルテを食べました。

302

ディナーは「ソフィンケラー」という有名なドイツ料理のお店に行こうと思っていたのですが、上述のモール内のお肉屋さんで見かけたソーセージが美味しそうで、結局そこで食べてしまいました・・・。
アイスバイン(豚すね肉)も食べたかったんだけど、目の前で売り切れてしまいチキンを。
312
310



2015年7月 チェコ&ドイツ旅行 DAY5 PART2

7月8日 DAY5 PART2 ドレスデン

まずはホテル前のフラウエン教会へ。
展望台にも上りました。この旅行中、どれだけ階段を上ったか。

234
230

ドレスデン城の壁画。
ザクセン王をはじめ93人が描かれています。

236

大聖堂とドレスデン城。
この景色を観たかったのです!
11745456_841602262555861_8151359247288804223_n

ドレスデン城近くの「カフェ・シンケルヴァッフェ」で一休み。
アイアーシェッケというドレスデン名物の玉子ケーキを食べる。
11755885_841606069222147_326843423392215629_n
11703178_841606082555479_3655197346840538761_n

ディナーはホテル目の前の「コーゼルパレイ」へ。
この建物、アウグスト強王が愛人であるコーゼル伯爵夫人の息子のために建てた宮殿だそう。
お店はとても素敵だけど、お味はイマイチでした…。
ここはお茶でケーキを食べるのが良いのかと。
11224119_841606389222115_4893356896919234297_n
11755826_841607069222047_638090693732212769_n
11403061_841607095888711_6477586564985674174_n

夕食後は夜景を撮りに行きましたが、プラハほどライトアップにお金をかけておらず。
10509506_841603089222445_5591101506052198264_n
11411837_841608265888594_3143447729392061502_o

2015年7月 チェコ&ドイツ旅行 DAY5 PART1

7月8日 DAY5 PART1 ドレスデン


プラハからドレスデン(ドイツ)は鉄道で2時間15分。
去年のGW旅行でベルギー⇒オランダの移動に2等車(指定席)に乗ったら、スーツケースを置くスペースが無く、無理やり網棚に乗せて手首を折るかと思ったので、今回は旅行会社に頼んでプラス料金で1等車にしてもらいました。


事前に旅行会社に「午前中に出発する列車を予約して」と頼んだら、自由席なので時刻表を送るから好きな時間の列車に乗ってくれとのこと。
えー、1等車なのに自由席ってどういうこと??と思って自分でネットで調べたら、座席指定も出来る、座席指定していない人は名前の貼っていない席に座れば良いとある。
うーん、そんなんで大丈夫なのかなぁ、1等車って1車両しかないみたいだけど、席が足りなくなるなんて事態にならないよねぇ・・・?と不安になりながら当日を迎える。


美しいプラハ本駅3階のドーム。
212

駅に着いたら電光掲示板に乗る予定の列車が5分遅れと表示されていた。
出発10分前位にならないと、どのホームに停まるのか分からないのです。
カフェに入り(親切にもカフェの中にもモニターがある)、蕎麦屋の出前のように少しずつ延びていく遅延時間を睨みながら、ホームナンバーが出るのを待つ。
最終的に30分遅延。

で、ホームが表示され、急ぎホームへ。

真っ先に1等車両に乗り込むも、どの席にも名前が貼ってある。
私は席探し、旦那さんはスーツケースを置く、と役割分担。
えー、1等車に座れない!?と焦るも、なんとか2席見付けて座る。
スーツケースも置けて、一安心。

もうね、絶対に席は指定すべき!

1等車の隣はとても居心地の良い食堂車でした。
1等車に座れなかったら、2時間ずっとここにいたかも。

215

ドレスデン駅。
216
217

宿泊は旧市街のヒルトン・ドレスデンに。
http://hiltonhotels.jp/hotel/dresden/hilton-dresden
ドレスデン本駅からホテルまで10ユーロ位でした。
ヒルトン・ドレスデンはフラウエン教会の目の前で、ドレスデン城も徒歩2~3分。

本当に便利で、ドレスデンに行かれる際はこちらをお薦めします。
219
218

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村