趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

イベント

国立新美術館 「ミュシャ展」

六本木の国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」に行ってきました。

好きな画家で、プラハのムハ(ミュシャはフランス語発音)美術館にも行ったのです。

モラヴィア生まれのミュシャは19歳でウィーンに渡り、働きながら夜間のデザイン学校に通います。
その後ミュンヘン美術院を経て、28歳で渡仏しパリの美術学校へ。
なかなか芽が出なかったミュシャですが、34歳の時にチャンスが訪れます。
女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手掛け、一夜にして時代の寵児となったのです。

私はこのミュシャのポスターや挿絵が大好きで、ショップで「プリンセス・ヒヤシンス」の複製画(小さいので4万円弱)を買おうかどうか物凄く悩んだ末、ポストカードで我慢しました・・・。
edc44687a1724f8a8ddf8236fa4b6a07

本展、ポスターもたくさん展示されていますが、目玉は「スラブ叙事詩」です。

50歳で故郷に戻ったミュシャは、16年をかけ「スラブ叙事詩」に取り組みます。
縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大カンヴァスに、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を描いた油彩画で、チェコ以外で全20作が公開されるのは、今回が世界初!
(ジャパンマネー、健在!?日本人がミュシャ好きなの??)

写真OKのエリアがあったので、撮ってみましたが全景は無理でした。
2017-04-12-16-32-49

この少年はミュシャ自身だそう。
2017-04-12-16-27-24

この巨大な絵をどうやって展示したのか、HPで作業風景をタイムラプス動画で見られます!
http://www.mucha2017.jp/

デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』

もちろん行ってきました。
2017-03-09-15-17-01
2017-03-09-15-16-44

ご存じの方も多いと思いますが・・・

小学生の時に映画「ラビリンス」を観て、デヴィッド・ボウイに一目惚れする。
高校はイギリスへ。
2004年「A Reality Tour」@日本武道館の3月8日・9日の両日チケットを確保。
しかも2日目は最前列という奇跡。
にもかかわらず、仕事を入れられてしまった為、即行で会社を辞める。

これから行かれる方へ。

チケットは2,400円と少し高いのですが、見ごたえはあります。
展示品の数が物凄く多く、説明を全部読むには3時間は必要です。
ミュージックビデオもちゃんと観ようと思ったら、4時間いられる。

それにしても、改めて、デヴィッド・ボウイの勉強熱心さに感銘を受け、己が恥ずかしくなりました。
セントラル・セント・マーチンズを卒業したばかりのアレキサンダー・マックイーンに衣裳を依頼したりなど、いち早く新鋭&気鋭のクリエイター・ミュージシャン・デザイナーとコラボしていたのだなぁと。
(狂言の野村萬斎さんもそうなんですよね。あのアンテナってすごい。)

ジャニーズやAKBファンを不思議に思っていたけど・・・
やはり肖像あると買っちゃうね。
2017-03-12-16-19-05

マグ、ポストカードセット、ノート、クリアファイル
合計6,900円!!

デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』
@天王洲 寺田倉庫G1ビル
4月9日(日)まで!月曜休みです。

http://davidbowieis.jp/
※公式サイトから前売り券購入できます。200円安いよ。

上野 「デトロイト美術館展」

上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」に行ってきました。

【概要】
1885年に創立して以来、自動車業界の有力者らの資金援助を通じて、世界屈指のコレクションを誇る美術館として成長したデトロイト美術館。ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入したのもデトロイト美術館でした。
このデトロイト美術館は、2013年、デトロイト市の財政破綻を機に、市の財源確保を目的として所蔵品売却の可能性が取りざたされました。しかし、国内外からの協力、そしてデトロイト市民の声により、作品は1点も失われることなく市民の憩い・学びの場として存続しています。 
危機を乗り越え、今なお美術館のコレクションの中核を成している印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作の中から選りすぐりの全52点をご紹介します。

印象派、ポスト印象派、20世紀のドイツ絵画、20世紀のフランス絵画の4パートに分かれていました。
見栄を張らずに、やはり一番好きなのは印象派なのです。
図らずも今日は写真撮影可な日だったので、何枚か。

ドガ 「楽屋の踊り子たち」
2017-01-03-13-04-44

モネ 「グラジオラス」
2017-01-03-13-09-12

アメリカの公共美術館で初めて入手したゴッホの絵
ゴッホ 「自画像」

2017-01-03-13-24-17

アメリカの公共美術館で初めて入手したマティスの絵
マティス 「窓」

2017-01-03-13-43-01

日本初公開、ゴッホの「オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて」
2017-01-03-13-25-44

他、日本初公開のピカソの絵画も3点ありましたが、SNS禁止。

日本初公開作品で印象的だったのが
グリス 「静物」 (20世紀のフランス絵画)
image

ドニの「トゥールーズ速報」も心惹かれました。(ポスト印象派)
2017-01-03-13-22-48

東京は1月21日まで!
9:30~16:30
会期中の月曜・火曜(祝日含む)のみ写真撮影可
記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村