趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

バルト三国

リガといえば、ユーゲント・シュティール建築群!
一番集まっているのは、旧市街からタクシーで10分くらいのアルベルタ通りに集中しています。
洋館好きの私としては、絶対に行きたい場所でした。

「ユーゲント・シュティール」
1896年に刊行された雑誌『ユーゲント』に代表されるドイツ語圏の世紀末美術のスタイル。
絵画や彫刻の他、建築、室内装飾、家具デザイン、織物、印刷物から文学・音楽などに取り入れられた。

CIMG2802CIMG2800
CIMG2810CIMG2811
CIMG2808CIMG2806
CIMG2805CIMG2804

美しいファサード!
彫刻や装飾が美しくて、住んでいる人が羨ましかった・・・。

ラトヴィアの首都リガは、バルト三国で一番の大都市。
“バルトのパリ”とも言われているそうで、確かに都市という感じでしたが、中世っぽい街並みももちろん残っています。
CIMG2761CIMG2678

泊まっていた「
Wellton Centrum Hotel & Spa」は、旧市街の南東の端にあるので、北西に進みながら観光しました。

「聖ペテロ教会」
CIMG2776CIMG2781
こちらの塔にはエレベーターで昇ることができます。
リガの町を一望!
CIMG2768CIMG2772
旧市街と新市街(橋の向こう)との対比が面白いです。

「ブラックヘッドの会館」
CIMG2676
2016年まで大統領官邸として使用されていたそうです。
現在は改装中で、残念でした。

「市庁舎前の広場」
CIMG2740

「リーガ大聖堂」
1221年に僧正アルベルトが建設を始め、その後、何度も増改築がなされたそうで、ロマネスクからバロックにいたる様々なスタイルが混在しています。
CIMG2681CIMG2682
美しいステンドグラスとパイプオルガンが有名!
CIMG2687CIMG2684
修道院の回廊も落ち着きました。
CIMG2693CIMG2694

「三人兄弟」
CIMG2699
現在は建築博物館になっています。

「英国教会」
CIMG2742
中には入りませんでしたが、佇まいが素敵!

「リーガ城」
CIMG2744
現在は大統領官邸となっているため、中には入れません。

「スウェーデン門」
CIMG2750
リガに残っている唯一の城門。
当時、向かい側のヤコブ兵舎に住んでいたスウェーデン兵がよく利用したので、この名前が付いたそうです。

「火薬塔」
CIMG2755
現在はラトヴィア軍事博物館に。

こちらが北端なので、Uターンして南下します。

「猫の家」
CIMG2757CIMG2760
リーヴ広場にある建物。風見鶏ならぬ風見猫が。
この猫にまつわるエピソードはガイドブックに載っています。

「国立オペラ座」
CIMG2764
この周囲は川の流れる美しい公園になっており、散歩に良さそう。

ラトヴィア(リガ)での宿泊は、旧市街にある「Wellton Centrum Hotel & Spa」(4つ星)に。
CIMG2798

ここはリガのバスターミナルからも歩いて10分弱で、目の前は「Garelija Centrs」というデパート(1Fに大きなスーパーマーケットも入っている)で、便利でした!

4つ星ですがバスタブ無し。
CIMG2799
タリンで泊まった
Hotel Palace」よりお部屋は狭かったです。


朝食ブッフェはシンプルな感じ。
でも食べ過ぎないで済んで良かったかも。
2017-09-26-13-53-192017-09-26-13-53-30
毎朝、ケフィール(ヨーグルトドリンク)を飲みました。
2017-09-26-13-59-59

今回、タリン(エストニア)→リガ(ラトヴィア)、リガ→ヴィリニュス(リトアニア)の移動はバス。
「Lux Express」という会社のバスを利用しました。
CIMG2664

タリン→リガの所要時間は4時間25分。
料金は5EUR~とのことですが、私たちは28EURのラウンジシートを利用。
CIMG2665
CIMG2667
Free-WiFi、トイレ付き、席にタブレットがあり映画や音楽、インターネットもできます。
ミネラルウォーターとスナックが席に備えられていて、ホットコーヒーのサービスもありました!

タリンのバスターミナルは新しくて綺麗でした。
(旧市街からはタクシーで10分弱。7EURくらいでした。)
CIMG2661
キオスクやカフェもあります。
CIMG2663
CIMG2659

ちなみに、タリン→リガ→ヴィリニュスの順で、バスターミナルはさびれた感じに。

エストニアで買ったものです。

「OMA ASI(オマアシ)」
エストニアのデザイナーさんの可愛い雑貨やコスメが売っています。
CIMG2608
ピアスを買いました!
2017-10-07-23-19-52

「Kalev (カレフ)」
エストニアを代表するお菓子メーカーです。
本店は旧市街にはないのですが、スーパーにも売っています。
2017-10-02-00-55-43

タリン(エストニア)で行ったレストラン3軒をご紹介します。

「Olde Hansa(オルデ・ハンザ)」
著名な歴史家の監修のもと15世紀の商家の雰囲気と料理を再現した中世料理のレストラン。
人気店で昼も夜もテラス席が賑わっています。
CIMG2629CIMG2646
お肉のサラダ、マッシュルームスープ、シャルキュトリー。
マッシュルームスープとパンに付けるクリームチーズが美味しかった!
(ランチに行ったのですが、外観の写真撮り忘れ、夜撮った。)
★使ったお金:二人で50EUR

今回、タリン(エストニア)×2回、リガ(ラトヴィア)×2回、ヴィリニュス(リトアニア)×2回と計6回ディナーに機会があったのですが、全て日本で予約して行きました。
テーマは、それぞれの「最先端とされているレストラン」と「最も高級かつ評価の高いレストラン」。

それでは、タリンで最先端とされているレストラン。

「Rataskaevu16(ラタスカエヴ)」
http://rataskaevu16.ee/en/
Rataskaevu通り16番地にあるレストランです。
ここは予約マストの人気店。
店内の雰囲気もとても良く、すごく落ち着きます。
CIMG2566CIMG2568
コースは無くアラカルトのみ。
CIMG2570
黒パンが独特の酸味があって美味しい。
CIMG2572CIMG2571
アスパラガスのサラダ、オーブンベイクドゴートチーズ
CIMG2574CIMG2573
オーブンベイクドサーモン、オーブンベイクドポルトベロマッシュルーム
この旅行で、ポルトベロマッシュルームを何度か食べました。
大きく成長させたマッシュルームで、直径15cmくらいあります!
肉厚で美味しいです。
★使ったお金:二人で60EUR

次はタリンで一番の高級店。

「Tchaikovsky(チャイコフスキー)」
http://www.telegraafhotel.com/restaurant-tchaikovsky/
テレグラーフという5ツ星ホテルのロシア料理レストラン。
CIMG2648
店内もとても素敵!
※早い時間だったのでまだ空席ありますが、この後で満席に。
CIMG2650
コースもあるのですが、前回のポルトガル旅行で連日コースを食べていたら、さすがに胃が疲れてしまったので、今回はコースしかないところではコースを食べ、アラカルトもあるところでは前菜とメインだけにしてデザートは頼まない作戦でいきました。
とは言え、こちらはアラカルトで頼んでもアミューズやお口直しのソルベなどを付けてくれるので、コース仕立てな感じに。
CIMG2652CIMG2653
スナックとポタージュ
CIMG2655CIMG2654
マッシュルームとチーズを包んだぺリメニ、じゃがいものエスプーマ
これすごーく美味しかった!
あと、この旅行で一番美味しかった黒パンはここの。
CIMG2656CIMG2657
ソルベ
ロースト・アンガス・ビーフwithトリュフとじゃがいものピューレ&マディラソース
お肉の焼き加減が絶妙!
CIMG2658
食後のお飲み物を頼んだら、もれなくチョコレートが付いてきた。
嬉しいけど、せっかくデザートを断ったのに・・・。
★使ったお金:二人で180EUR

3軒ともサービスも素晴らしく、とても楽しい時間を過ごせました。
特にディナーに行った2軒は、自信をもってお薦め致します!!

今回、バルト三国のレストランを予約する際に思ったことは、どのレストランもホームページがオシャレ!さすがIT国家だなと。
スカイプを開発したのはエストニアだということを、今回の旅で知りました。

それではタリンで行ったカフェを紹介します。

「マイアスモック」
1864年創業のタリン最古のカフェ。
ラエコヤ広場から少し北に行った所にあります。
CIMG2578
レトロな店内。ティーカップの観覧車?は初めて。
CIMG2582CIMG2585
ケーキ美味しそうでしたが、ここでは食べず。
CIMG2581CIMG2579

「カフェ・ダンブロ」
トームペアの“デンマークの王の庭”を目指しましょう。
この城壁に、カフェがあるのです!
CIMG2611
ちょっと階段が急ですが。とても気持ちの良いカフェです!
CIMG2614
やはりケーキ美味しそうでしたが、ここでは紅茶で我慢。
CIMG2615CIMG2616

「ショコラテリエ」
観光篇でもご紹介した“職人の中庭”にあるチョコレートカフェ。
ここのテラス席はとても素敵!
CIMG2636
店内も可愛い。
CIMG2638CIMG2634
チョコレートやチョコレートを使ったケーキが色々あって迷います。
ハウスケーキを頂きました!

CIMG2643CIMG2635

9月24日。
タリンの旧市街を観光しました。
旧市街は城壁に囲まれていて、縦1km弱×横800mくらいなので、1日で十分回れます。
(ちなみに宿泊していた「Hotel Palace」は旧市街の南にあります。)

まずは旧市街の中心にある
「ラエコヤ広場」
旧市庁舎の前にある広場で、広場に面してカフェやレストランがズラリ。
CIMG2559CIMG2560
CIMG2609CIMG2562

ラエコヤ広場から北上します。

時間調整のため、早速ですが、
「マイアスモック」というタリン最古のカフェでお茶しました。
これは別途、レストラン篇でまとめます。

「大ギルドの会館」
1410年に建てられ、大ギルドの集会やパーティー、結婚式などに使われてきた建物。現在はエストニア歴史博物館となっています。
「ブラックヘッドの会館」
ブラックヘッドという社交団体の会館。ドアが印象的です。
CIMG2588CIMG2589

「三人姉妹」
15世紀に建てられた商家の集合体で、現在はホテル(5つ星!)に。
近くに「三人兄弟」もあります。
CIMG2592

「ふとっちょマルガレータ」
1529年に建てられた砲塔。現在は海洋博物館に。
CIMG2596

それでは、
「聖オレフ教会」へ。
旧市街で最も高い場所から町を一望できる高さ124mの塔があります。
エレベーターはありません。
階段、かなりハードですが、眺めは素晴らしいです!
CIMG2597
大聖堂やお城があるトームペアという丘エリアです。
CIMG2598

聖オレフ教会はほぼ北端にあるので、南下して南西にある
「トームペア」に向かいます。

トームペアは丘なので、展望台がいくつかあります。
CIMG2621
でも眺めは聖オレフ教会の塔からの方が断然良いですね。

大聖堂とトームペア城(現在は議会が入っているので中には入れません)
CIMG2620CIMG2619

「ネイツィトルン」という塔があります。
ここに面白いカフェがあるのですが、それもまた別途で。
CIMG2610

トームペアの近くにある
「聖ニコラス教会」では、土日の16時からオルガンのコンサートが開催されます。入場料で聴くことができます。
コンサートは30分位なのですが、知っている曲が全然無く、寝ている人も多かったです…。
CIMG2577CIMG2645

最後は、旧市街の南東へ。

「セーターの壁」
CIMG2630
城壁は一部、上がることもできます。

ムンカデタグネ塔(城壁入口)Vene通りを結ぶ「Munga」という小道が素敵。
CIMG2631

そして「職人の中庭」(工房が集まっている)も素敵ですよ!
CIMG2633
ここのショコラテリエがお薦めなのですが、それもまた別途!

2017年9月23日~30日でバルト三国を回りました!
エストニア(タリン)→ラトヴィア(リガ)→リトアニア(ヴィリニュス)というコースです。

バルト三国に行くと言うと、「どこにあるのか正確には分からない」という反応が多かったです。
あと「行くの大変そう!」とか。
でも、エストニアの首都タリンは、ヘルシンキから飛行機でたった35分なんですよ!
成田→ヘルシンキは10時間ちょっとだから、日本からは結構行きやすいと思います。

タリンの空港から旧市街まではタクシーで10分くらい。

私達は、旧市街の入り口にある「Hotel Palace」(4つ星)に2泊しました。
CIMG2576

建物の外観は古びていますが、室内は綺麗です。
CIMG2548CIMG2549

4つ星ですが、バスタブ無し。(ある部屋もあるそうです。)
CIMG2550

朝食は結構豪華でした!
2017-09-24-13-54-442017-09-24-13-53-56
2017-09-24-13-54-182017-09-24-13-53-52

今回の旅行では、食べ過ぎないよう注意しましたので、これくらいで。
2017-09-24-13-58-38
2017-09-24-14-06-13

↑このページのトップヘ