趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

レストラン(東京除く・エリア別)

京都の老舗&有名な洋食屋さん。
予約マストです。
運良く遅めの時間で当日予約が取れたので行ってみました。

前菜の盛り合わせのハーフ
IMG_5491

カボチャのポタージュ
IMG_5492

ハンバーグとライス
IMG_5494
IMG_5495

ハンバーグは美味しかった。
シェフに薦められるままに前菜の盛り合わせを頼みましたが、サラダの方が良かったかな。
他の方が頼んでいた蟹クリームコロッケもとても美味しそうでした。
たくさんで行った方が色々頼めて良さそう。
ちょっとお高めです。


使ったお金: 5,000円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:洋食 | 二条城前駅烏丸御池駅丸太町駅(京都市営)

京都御所のほど近くに佇む、築100年を越える京町家をリノベーションしたレストラン。
IMG_5464

シェフのステファン・パンテル氏は、ニースやパリの名門レストランでの修行を経て、2001年に来日。
京都「フィリップ・オブロン祇園」や「クーラン・デルブ」のシェフを歴任し、2006年「KEZAKO」をオープンさせ話題に。2012年2月、自らの名前を冠した「リョウリヤステファンパンテル」をオープンされたそうです。

店内はオープンキッチンを臨むカウンター席とテーブル席があります。
カウンター席でランチ(5,000円)を頂きました。

頂いたもの。

藁で燻した鰹をタルタルに
無花果とシェリービネガーのソース
IMG_5451

大原の新米で作ったスープ 椎茸と鯵
IMG_5452

ヘしこの出汁と生クリームで作った泡
IMG_5454
中に蓮根餅、半熟卵、生のへしこが入っています。
IMG_5455

子持ち鮎
骨と身を別々に。これは初めてのスタイル!!
IMG_5456

亀岡の豚を2種のスタイルで
背肉のロースト リブは塩漬けして36時間火入れしているそう
リンゴとブータンノワールのパイ 万願寺とうがらし 
かぼちゃのピューレ カカオと味噌のソース
IMG_5460

洋梨の赤ワイン煮
バニラと白味噌のアイスクリーム
IMG_5461

食後のお飲み物と小菓子
IMG_5463

お料理どれも美味しかったけど、やはり子持ち鮎がインパクトありました!
これだけ出てきて5,000円というのも良心的。
雰囲気もとても良く、良いお店だなと思いました。


使ったお金: 6,500円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。





 

関連ランキング:フレンチ | 丸太町駅(京都市営)神宮丸太町駅京都市役所前駅

グルメな方々から美味しいと聞き、行ってみたかったこちら。
イタリアンとフレンチの垣根を越えたイノベーティブ・フュージョンなのでしょうか。
IMG_5427
内装もとても素敵。1階はカウンター席、2階がテーブル席なのですが、吹き抜けになっていて気持ち良い空間。

「ORTO」とはイタリア語で「菜園」という意味だそうで、普通のコースもありますが、お肉やお魚を使わない菜園コース(5,400円)があり、あまり出来ない体験なのでそのコースにしました。

頂いたもの。

黒ニンニクを練りこんだクッキー
IMG_5428

ハロウィンスイート(さつまいも)とリンゴとずいき
IMG_5429

お野菜のサラダ オーロラ(洋梨)のソース
IMG_5431
これだけのお野菜を使っていると聞き、驚きました!
IMG_5430

椎茸パン
IMG_5432

舞茸 柚子胡椒を練りこんだフェットチーネ
IMG_5433

バターナッツカボチャのリゾット
IMG_5434

茸のマリネ 焼き茄子のアイスクリーム
IMG_5435

フルーツ茄子のソテーとスカモルツァ 松茸のフリット
IMG_5437

烏龍茶のゼリーと梨のシャーベット
IMG_5438

無花果のコンポート シナモンのアイスクリーム ピーカンナッツ 小豆
IMG_5442

食後のお飲み物と小菓子
IMG_5443

美味しかった!
野菜だけでこんなに楽しめるなんて。
アイディアも素晴らしいなと思いました。
これだけ出てきて5,400円というのも良心的。
次は普通のコースも食べてみたい。


使ったお金: 6,500円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。








関連ランキング:イノベーティブ・フュージョン | 烏丸御池駅烏丸駅四条駅(京都市営)

「瓢亭」での朝食からのハシゴ。
(案外量もあっていお腹いっぱいと書きましたが、別腹ということで。)
朝イチということもあってまだ空いていて、中庭を眺めながらゆったり。
IMG_6748

こちらはくずきりが有名ですが、あまり好きではないので、わらびもち(900円)を。
IMG_6749

なんだろう・・・なんか独特の甘み。
見た目も柔らかさも抜群ですが、味があまり好みではなかった。
ぜんざいを頼めば良かったなー。


使ったお金: 900円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:甘味処 | 祇園四条駅京都河原町駅三条京阪駅

今回、大阪で1泊するのだけど、翌日は東京で予定があり、ランチをする時間が無い。
せっかく1泊するのにもったいないな・・・と思ったところでひらめきました!
「瓢亭」で朝食を取れば良いではないか!!
IMG_6742

まずは瓢箪型の器に入った八寸。
有名な瓢亭たまごも。
IMG_6743
IMG_6744

実は瓢亭たまごはミッドタウン日比谷に支店があり、去年そちらで頂いたのですが。
「南禅寺 瓢亭 日比谷」の記事はこちらから
http://tomosan63.blog.jp/archives/31840502.html

続いて、白味噌と舞茸のお椀
IMG_6745

そしてメインの朝粥の登場です!
冬は鶉粥となります。
IMG_6746

優しい味で胃が温まりました。
意外や量もあって、お腹いっぱい。ランチは不要そうです。


使ったお金: 4,840円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:京料理 | 蹴上駅東山駅

関西ナンバー1の呼び声が高い「鮨おおが」さんに連れて行って頂きました!
貴重なお席を感謝です。

最寄り駅は宿院ですが、堺駅からも歩けるかなと。
一軒家でとても立派な店構え。
大将の大賀さんは若くて精悍なお方です。

では頂いたもの。

松葉蟹
IMG_6718

ひらめ
IMG_6719

平貝
IMG_6720

カワハギの肝和え
IMG_6721

烏賊とカラスミ
IMG_6722

五島列島のクエの酒蒸し
IMG_6723

ここから握りで、まずは赤身が2種。
IMG_6724
IMG_6725

スミイカ
IMG_6726


IMG_6727

しめ鯖
IMG_6728

小柱
IMG_6729

コハダ
IMG_6730

中トロ
IMG_6732

大トロ
IMG_6734

雲丹
IMG_6735

いくら
IMG_6736

穴子
IMG_6737

ネギトロ巻き
IMG_6738

玉子焼き
IMG_6739

鮪はやま幸さんのものを使っていて、素晴らしく美味しく&たくさん出てくるとは聞いてていたのですが、素晴らしいのは鮪だけじゃないです。
まずはひらめで、これはすごい・・・と一気に期待が高まり、全て美味しかったのですが、いくらには本当に驚いた。今まで食べてきたいくらの中で一番ではないだろうか。
とにかく仕事が素晴らしい。

札幌の「一幸」、小倉の「天寿し」、そして大阪の「鮨おおが」。
交通費をかけても定期的にお伺いしたいお店がまた増えました!!

使ったお金: 34,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:寿司 | 宿院駅大小路駅寺地町駅

年内最後の遠征で大阪へ!
まずランチは、ミシュランガイド大阪2020で2ツ星を獲得されたイノベーティブの「Fujiya 1935」さんへ。

クリスマス目前ということで、クリスマスコース(12,000円)となっております。
素敵なメニュー。
FullSizeRender

頂いたもの。

百合根とカラスミの温かいフラン
FullSizeRender

気泡をたくさん含ませたトリュフのパン
IMG_6710

イタリア・ピエモンテ産の白トリュフと熊肉のコンソメスープ
IMG_6711

イタリア・ウンブリア産の黒トリュフと河豚の白子
IMG_6713

フランス・トゥーレーヌ産の黒トリュフのスパゲットーニ
IMG_6714

くぬぎ産牛(兵庫県淡路)とキノコのソース
IMG_6715

このパンも美味しかった。
IMG_6712

フランス・トゥーレーヌ産の黒トリュフとチョコレート
IMG_6716

雪だるま・ナッツのクリスマスツリー・ベルガモットとメレンゲ
食後のお飲み物
IMG_6717

メニューを見た時はトリュフ尽くしだなと思いましたが、それぞれアプローチが異なるので、全くくどいことも無く、とても楽しめました。
のっけの百合根とカラスミのフランから美味しくて、白トリュフと熊肉のコンソメスープ、そして黒トリュフのスパゲットーニが印象的でした。
気泡のパンはお替わりしたかった!

美味しかったですー。
今回のランチにこちらを選んで大正解でした。

使ったお金: 15,120円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:イノベーティブ・フュージョン | 谷町四丁目駅堺筋本町駅松屋町駅

京都で一番行きたかったお店で、でも一生行けないのではないかと思っていたお店。
私が「未在」さんに行ける日が来るとは!!!!!
本当に主催者の方には感謝の言葉しかありません。

ミシュランガイド東京2020で3ツ星を獲得されています。
場所は円山公園の中で、雰囲気もとても素晴らしい!!
IMG_5444
もっと引きで撮るべきでした。

18時から一斉スタートです。
お料理の写真撮影は禁止でお見せ出来ないのが残念なのですが、八寸に仰天しました。
私も20年以上ずっと食べてきていますが、こんなに品数が多くて美しい八寸は初めてです。
八寸というよりお節のような量で、これだけのものを日々作られていることに感動しました。
お造りもすごかった。和食のコースであれだけのお造りが出てきたことはないです。

素晴らしく美味しく、量も多く、本当に唯一無二のお店だと思いました。
またいつか訪問出来る日があるのでしょうか。
どうにかまた伺いたいです!!!



使ったお金: 51,000円
点数: 5点 

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:懐石・会席料理 | 東山駅蹴上駅祇園四条駅

京都で伺いたいと思っていたお店の一つ、「御料理はやし」さんへ。
ミシュランガイド京都2020で1ツ星を獲得されています。
IMG_5408

ディナーコースは11,000円、13,000円、16,000円、21,000円の4段階。
東京の感覚かもですが、和食は15,000円が一つのラインだと思っている為、16,000円のコースでお願いしました。

なお、お写真は基本NGで、他のお客様がいらっしゃらない又は個室ならOKのようです。
私はカウンターでしたが、他のお客様いらっしゃらないタイミングだったのでOKでした。

一品一品、お料理の説明はしないスタンスのようですが、聞けば丁寧に教えてくださいます。
が、大将のお話がとても面白く、中盤から殆どお料理名について訊かなかったので、お写真のみ。

IMG_5409
IMG_5411
IMG_5412
FullSizeRender
IMG_5414
IMG_5415
IMG_5416
IMG_5418
IMG_5419
IMG_5420
IMG_5421
IMG_5422
IMG_5423
FullSizeRender
IMG_5425
IMG_5426

どれもとても丁寧なお料理でしみじみ美味しかったです。
特にお造りと小蕪のお椀が良かったなぁ。
これだけ出てきて16,000円というのは良心的。


使ったお金: 21,000円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:京料理 | 出町柳駅今出川駅

24年振りに北野異人館街へやってきました。
私の食べ歩き歴は20年を越えていますが、きっかけは洋館巡りなのです。
洋館が好きで、洋館巡り→洋館レストラン巡り→食べ歩きという流れでございます。

風見鶏の館
IMG_6254
IMG_6255

萌黄の館
映画「少年H」はここで撮影していたのですね。
IMG_6257
IMG_6261

うろこの家
IMG_6242
IMG_6246
IMG_6247

英国館
シャーロック・ホームズ(『マスグレーヴ家の儀式書』)の部屋を再現。
なお、私はシャーロキアンなのですよ。なので高校はイギリスに。
シリーズ全て何十回も読んでいるし、BBC製作のドラマ(ジェレミー・ブレット)のDVDは大人買いしました。
展示にあった『赤毛連盟』と『六つのナポレオン』のあらすじを夫に説明しました。
IMG_6227
IMG_6232
IMG_6236

ラインの館
IMG_6241

ベンの家
IMG_6239

洋館長屋
IMG_6238

スタバも可愛いの
IMG_6226




 

↑このページのトップヘ