趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

ニセコ

ずっと行きたかったニセコの「KAMIMURA」さんへ。
ミシュランガイド北海道2017特別版で1ツ星を獲得されています。

場所は「HYATT house」(Shiki Niseko)という素敵なホテルの1階。
エントランスからすごく素敵で期待が高まります!!
IMG_7735

お客さんの半分以上が外国人で、店員さんもシェフとソムリエの1人を除いて全て外国人。
ニセコ全体がそうですが、海外に来ているような感覚になります。

なお、夏はランチ営業もしていますが、冬はディナーのみ。
ディナーコースは18,000円ですが、18時入店で20時退店のショートコースなら9,000円です。

18,000円のコースをオーダー。
頂いたもの。

苺と黒胡椒のタルト
豆腐クリーム、レモン、ポートワインソース
IMG_7737

野付産活ホタテの刺身
胡瓜、昆布、和ハーブのサラダ
IMG_7738

ボタン海老のマリネ
カリフラワー、雲丹、宮崎産キャビア
IMG_7740

蝦夷鹿のタルタル
ビーツ、胡桃、白樺樹液
IMG_7741

小樽産かぼちゃのラビオリ
鴨と仔牛のコンソメスープ
IMG_7742

北海道産メヌケの蒸し煮
なす、オリーブ、ケイパー、胡桃
IMG_7744

熟成じゃがいも“キタカムイ”
ラクレットチーズ、玉ねぎ、アンチョビ、ヘーゼルナッツ
IMG_7746

北海道産きのこのラグー
ゆめぴりか玄米のリゾット
IMG_7747

北海道産和牛の炭火焼き
野菜のサルサ、クレソン、山わさび
IMG_7748

タルトタタン
幸せな牛のミルクアイス、カルヴァドス、アーモンド
IMG_7749

プティフールと食後のお飲み物
IMG_7750

パンはフォカッチャとピーカンナッツの2種類でとても美味しかった。
IMG_7739
IMG_7745

素晴らしかったー。
全てが美味しかった。
地産地消の志の高いお料理で、本当に感動しました。

和牛の炭火焼きは完璧すぎ。
キタカムイもラビオリももっと食べたいくらいだったわー。

ニセコに行く時は是非行って欲しいです!
というより、KAMIMURAさんに行くためにニセコに行って欲しい!
 

使ったお金: 25,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

関連ランキング:フレンチ | 比羅夫駅

ひらふ坂の交差点にできたオシャレな建物「Odin Place」。
image

その2階にあるダイニングバーです。
2017-01-29-21-10-28
2017-01-29-20-43-15
2017-01-29-20-50-39

朝から深夜まで営業しています。

ちなみに、こちらに至っては店員さんも外国人で、なぜ日本で英語でオーダーしなきゃならないの・・・という気持ちにも。

そして、ここはビールかコーヒーを頼むべし。
カクテルを頼んだらアカン。


使ったお金: 一人2,000円くらい
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:ビストロ | 比羅夫駅

現在発売中の「dancyu」2月号はバー特集です。
http://www.president.co.jp/dan/

その表紙を飾っている、ニセコの「Bar Gyu+」(ギュータス)へ行ってきました!!
2017-01-29-19-29-07
なんて童話的な入り口なの!
(コカ・コーラの自販機をドアにしています。)

店内もとても素敵。
2階もあります。
2017-01-29-19-34-18
2017-01-29-20-26-13

そして、またも日本人は店員さんと我々だけ。

ホット・バタード・ラム越しのマルガリータ
2017-01-29-19-46-16

ホット・アップルパイ
2017-01-29-20-10-39

カクテルもとても美味しかったー。
バタード・ラムははまりそう!



使ったお金: 一人2,000円くらい
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:バー | 比羅夫駅

札幌で「鮨一幸」を堪能した我々は、ニセコへ移動。
ワタクシ、スキーだけは、結構上手いのであります。
image

噂には聞いていたけれど、ニセコって日本で最も外国に近いのではないだろうか。
中華街や新大久保より日本人率が低いと思うよ!
2017-01-29-18-14-51

一体全体、誰がトータルブランディングをしているのだろうかと思う程、町全体がオシャレ。
もはや民宿とかペンションとかじゃない建物がズラリ。
2017-01-29-19-26-40

ディナーは「The Barn」へ。
なんてオシャレなのーー!!
2017-01-29-18-18-55
2017-01-29-18-19-38
2017-01-29-18-19-44
2017-01-29-18-48-07

コースでもアラカルトでもOK。
コースの場合は、前菜+メインで5,000円。

私はコース。

温野菜
2017-01-29-18-41-20

シーフードココット
2017-01-29-18-59-13

同伴者はアラカルト

オニオングラタンスープ
2017-01-29-18-40-25

ラム
2017-01-29-18-58-51

雰囲気ものかと思いきや、料理も美味しい・・・。
恐るべし、ニセコ!

ちなみにメニューは英語表記。
お客さんで日本人は我々だけ。
イケメンの店員さんに英語で話しかけられ、英語で答えていたんだけど、途中でお互いに日本人だと発覚するという。

なお、元々のオーナーはフランス人だそう。(道理でこのセンス!)
経営がうまくいかず、今シーズンから「Plan・Do・See」が入っているそうです。
東京だと有楽町の「6th by ORIENTAL HOTEL」などを手掛けている会社です。


使ったお金: 一人7,000円くらい

点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:ビストロ | 比羅夫駅

↑このページのトップヘ