趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

フレンチ

毎年、ゲーテレストラン大賞「ゲーティスト」が発表される「GOETHE」を楽しみにしておりまして。
ゲーティスト2020に選ばれた52店舗のトップバッターを飾っていたのがこちら「薪焼 銀座おのでら」で、気になっておりました。するとミシュランガイド東京2021でも1ツ星を獲得。これはやはり行かねばと大好きな友人夫妻を誘って訪問。

シェフの寺田氏は「ティルプス」のシェフだった方です。その後、「傳」で和食の技術、「ワカヌイ」で炭火焼きの技術を習得後、2019年に「薪焼 銀座おのでら」の料理長に就任されたという次第。

店内はカウンターと個室がありまして、薪の炎を見ながら食べたいので、やはりカウンターが良いなと思いました。

22,000円(税サ別)のコースを頂きました。

ワッフルとキャビア
IMG_3242

インカ豚と蕗味噌
IMG_3244

イーストを使っていない自家製酵母の薪焼パン
IMG_3245
IMG_3246

寒鯖と日向夏

IMG_3248

畝田さんのお野菜
IMG_3251
IMG_3253

ホワイトアスパラガスと黒トリュフ
IMG_3254

金目鯛とハニーキャベツ
IMG_3255

熊本県産あか牛 阿蘇王 サーロイン
IMG_3256

ピレネー山脈の仔羊 行者にんにく
IMG_3257

魚介パエージャ SDGsなスープ
IMG_3258
IMG_3259
IMG_3260

苺を包んだ焼きマシュマロ
IMG_3261
IMG_3264

薪焼チーズケーキ
IMG_3266

焙じ狭山茶と小菓子
IMG_3267

美味しかったです!
あか牛のサーロインも素晴らしかったし、私、羊はそんなに得意ではないのですが、こちらのはふわふわで美味しかった。
そしてお肉だけではなく野菜も美味しい。
パンにパエージャにデザートにと盛沢山でお腹もいっぱいで満足です!


使ったお金:25,000円
点数:4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:フレンチ | 東銀座駅築地市場駅銀座駅

幡ヶ谷のビストロ。
4,500円のおまかせコースを頂きました。
(緊急事態宣言中のため、ディナーは前日までの予約で、おまかせコースのみ。)

セコ蟹のビスク
IMG_2674

白子 百合根と黒トリュフのソース
IMG_2675

真鯛
IMG_2676

牛フィレ
IMG_2677

デザートは選べまして、ガレット・デ・ロワを。
IMG_2678

これで4,500円というのはコスパ良し。
白子が特に美味しかった。
ガレット・デ・ロワを食べられたのも嬉しい。

使ったお金:7,000円
点数:3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。 

関連ランキング:ビストロ | 幡ケ谷駅初台駅笹塚駅

自由が丘のフレンチ。
シェフの梅澤氏は、南仏の3ツ星レストランで3年修業された後、都内のホテルで腕を磨き、2012年に自由が丘にお店を出されたそうです。

某大御所俳優さんの行きつけと聞き、興味を持った次第。

5,000円のコースを頂きました。

アミューズ
IMG_2523

前菜はパテ2種
IMG_2524

お魚は太刀魚
IMG_2525

お肉は牛ほほ肉の赤ワイン煮
IMG_2526

デザートはキャラメルとチョコレートのムースでした。
IMG_2527

牛ほほ肉が美味しかったです。

ワインもシャンパン、白、赤の3杯セットが2,700円くらいで良心的です。

使ったお金:7,500円
点数:3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:フレンチ | 自由が丘駅九品仏駅奥沢駅

雑司ヶ谷駅近く、鬼子母神商店街の中にあるフレンチ。
シェフとマダムお二人でやっていらっしゃいます。

ランチはプリフィクス。
Aが前菜+メインで1,350円、Bが前菜+スープ+メインで1,760円、Cが前菜+本日のお魚料理+メインで2,200円。
デザートと食後のお飲み物は別料金。

私は一休から、Cコース+デザートと食後のお飲み物で2,750円のコースを予約しておりました。
メニューが魅力的で悩みましたが、

前菜はベーコンのキッシュ
IMG_2509

お魚料理はフィックスでスズキのポワレ
IMG_2510

メインは鶏もも肉のコンフィ
IMG_2511

デザートはりんごのクランブル
IMG_2512

これだけ頂いてこのお値段はとても満足度が高いです。
キッシュとりんごのクランブルが美味しかった。
個人的にはお魚とお肉両方だと多いので、次に行く際はBコース+デザートにしたいなと思いました。

使ったお金:2,750円
点数:3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

関連ランキング:フレンチ | 鬼子母神前駅雑司が谷駅(東京メトロ)学習院下駅

2020年最後の外食は、2020年9月に開業した「フォーシーズンズホテル東京大手町」のフレンチ「est」でランチ。
シェフはハイアット・リージェンシーにあった「キュイジーヌ[S] ミッシェル・トロワグロ」(閉店)のギヨーム・ブラカヴァル氏。

ちなみに「Otemachi one」という複合施設の34-39階にフォーシーズンズホテル東京大手町が入っていて、オフィスフロアには三井物産の本社が。こんな素敵な所で働けて良いなぁー。

話を戻しまして。「est」は39階に入っているのですが、眺望はラウンジからの方が良いです。
(ラウンジでもランチはアフタヌーンティーが頂けます。)

「est」は細長の空間で、テーブルにはクロスが無く、わりとカジュアルな感じ。
サービスの皆さんの制服がオシャレです。

年末年始ということで、1万円のコースが13,000円と30%増しに。 
頂いたもの。

じゃがいものタルトと鰯のタルト
IMG_2473

菊芋のエスプーマ フランス産キャビア
IMG_2474

ビーツとホタテ
IMG_2476

北海道産のきんき 鰹・昆布・椎茸のお出汁
IMG_2477

ミルククリーム マスカルポーネ 苺
IMG_2478

食後の小菓子と飲み物
IMG_2479

・・・量が少なかった。
パンでお腹を一杯にした感じ。
パンはバターではなくフムスと合わせるのも面白かった。
IMG_2475

なので、1万円の6品のコースはお勧めしません。
12,500円の8品か16,000円の10品のコースを・・・。

あと、量が少なくてインパクトに欠けたというのはあると思いますが、食事よりデザートの方が美味しかったなぁ。

使ったお金:20,000円
点数:3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:フレンチ | 大手町駅竹橋駅二重橋前駅

京都のミシュラン1ツ星のフレンチ。
大正時代に建てられた呉服店のお屋敷をリノベーションしたそうで、とても素敵です。
IMG_9031
IMG_9032

8,500円のランチコースを頂きました。
IMG_9034
IMG_9035
IMG_9036
IMG_9037
IMG_9039
IMG_9040
IMG_9041
IMG_9042
IMG_9043

雰囲気最高で、お料理もとても美味しく、これで8,500円というのは満足度が高い。
デザートも充実!!
また訪問したいです!

使ったお金:12,000円
点数:5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

関連ランキング:フレンチ | 京都市役所前駅烏丸御池駅丸太町駅(京都市営)

2020年9月にオープンした北参道「Sincere」の姉妹店。
なんとこちらは4,900円で前菜食べ放題なのです!
(なお、席間を広く取っているため採算が厳しく、2/1から5,900円になるそうです。)
さらにフリードリンクもアルコール&ノンアルが3,000円、ノンアルが1,900円で付けられます。
1杯だけアルコールで、以降はノンアルという私にぴったりな2,500円のコースも。

場所は原宿駅から徒歩5分くらいの「JINGUMAE COMICHI」という商業施設の2階。
内装はわりとカジュアルな感じです。

もう少し食べ放題について説明をすると、まず、前菜が11種とスープが出てきます。
IMG_2272
IMG_2273
IMG_2274

あと、蛸飯も出てきた!
IMG_2275

そしてメインの真鯛のたい焼きとブリオッシュ。
IMG_2276
IMG_2277

ここまで食べ終わったところで、前菜を好きなだけおかわり出来るというシステムです。

なお、私はMAKUAKEで会員になったため、会員特典のブイヤベースラーメンも付けてもらえました!
IMG_2278

デザートはチーズスフレと洋梨でございました。
食後のドリンク付き。
IMG_2279

ブイヤベースラーメンを付けたから、かなりお腹いっぱいで、私は前菜をおかわり出来なかったですが、他の女子達はいくつかおかわりしていましたので、たくさん食べられる人には大変お得。
さらにお酒が強い人ならこの3,000円のフリードリンクは大変お得だと思います!

ブラックタイガーのカダイフ、うさぎの最中(フォアグラ)、ブリオッシュ、ブイヤベースラーメンが特に美味しかったです。

使ったお金:8,000円
点数:4店

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



 

関連ランキング:フレンチ | 原宿駅明治神宮前駅北参道駅

大手町の日本生命丸の内ガーデンタワー(パレスホテルの隣)に2020年6月にオープンしたフレンチ。
「ハインツ・ベック」があった場所です。

ゆったりした配置のテーブル席で、ちょっと仕切られててデート向きな素敵な雰囲気!
眺望も良いです。
IMG_2209

18,150円(税サ込み)のコースを頂きました。

関サバの炙り サワービーツと柚子のメレンゲ
IMG_2211

地蛤 ミル貝 帆立貝のクルスティヤン 菜花と豆乳をアクセントに
IMG_2212

ブルターニュ産オマールブルー 雲丹と根セロリのヴァヴァロワ
IMG_2213

マッシュルームサブレを纏ったフォアグラのテリーヌ
IMG_2214

上海ガニのビスク フォアグラのロワイヤル
IMG_2215

有機野菜のヴァリエ
IMG_2216
IMG_2217

大分県臼杵のトラフグのコンフィ 海老芋のフリット 白子のピューレと河豚のコンソメスープ
IMG_2218

赤牛熟成牛フィレ肉のカツレツ仕立て 熟成コニャックマデラソース
IMG_2219

大分県日田温泉すっぽんのリゾット ふわとろ玉子を纏って
IMG_2220

なめらかなクリームチーズのアイスケーキ 竹炭のクランブル バスク風
IMG_2221

食後のお飲み物

10皿!メインのお肉も量があり、お腹いっぱいですが、構成が良いのかペロリといけました。
特にオマールブルーのヴァヴァロワ、上海ガニのビスク、カツレツ、リゾットがとても美味しかったなぁ。
サービスも素晴らしかったです!

使ったお金:21,000円
点数:4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

関連ランキング:フレンチ | 大手町駅二重橋前駅東京駅

曙橋駅近くのビストロ。
世界のクラフトビールが楽しめるようです。

ランチで訪問。
お目当てはフレンチ総菜盛り合わせランチだったのですが、遅い時間に伺ったので売り切れ・・・!
他、ステーキと本日の肉料理と本日のパスタがあったのですが、あまりお肉の気分ではなかったので、本日のパスタ(羊のミートソース)をオーダー。
オーダーした後で、サラダとパン3種が付くことに気付き、パスタだとグルテン摂り過ぎになっちゃうなぁと後悔しましたが、パスタ美味しかったです。
パン3種とパスタを完食したら、かなりお腹いっぱいに。
これで珈琲も付いて1,000円ちょうどって安いよね。
IMG_2124
IMG_2123

次は早めに行って、フレンチ総菜盛り合わせランチを食べたいです。

使ったお金:1,000円
点数:3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



関連ランキング:ビストロ | 曙橋駅四谷三丁目駅若松河田駅

新宿三丁目から荒木町に移転したビストロ。
IMG_1840
長めのカウンター席のみでシックな内装。

7,000円のおまかせコースを頂きました。

しめ鯖とキャビア
IMG_1841

フォアグラのフランとセコ蟹 蕎麦粉のグリッシーニと生ハム
IMG_1842

太刀魚 ルッコラと鮑のお出汁のソース クスクス
IMG_1843

シェフのスペシャリテ 鰻とフォアグラのテリーヌ
IMG_1844

比内鶏
IMG_1845

バジルとグレープフルーツのグラニテ
IMG_1846

無花果と赤紫蘇のグラニテ
IMG_1847

ショコラとカフェ
IMG_1848

シェフのスペシャリテである鰻とフォアグラのテリーヌが美味しかった!
そして、こちらのスパイスの効いた低アルコールワインが美味しくて、他のお店にも置いて欲しいなぁと思いました。 

デザートはグラニテで身体が冷えるので、メインのデザートはグラニテではないと嬉しいなと思いました。


使ったお金:8,600円
点数:3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。
 

関連ランキング:ビストロ | 曙橋駅四谷三丁目駅四ツ谷駅

↑このページのトップヘ