趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

レストラン

ヴィリニュス(リトアニア)で行ったレストラン4軒+1軒をご紹介します。

「Forto Dvaras(フォルト・ドゥヴァーラス)」
http://fortodvaras.lt/en/
旧市街のPilies通り(必ず通る)にあるリトアニア料理のお店。
CIMG2922
お目当てはツェペリナイ!じゃがいものお団子です。
種類が色々あるのですが、中に豚のひき肉が入っているものを頂きました。
サワークリームと合います!
CIMG2840CIMG2842
そしてぺリメニも頼んだのですが、じゃがいもか小麦粉かの違いだけで、ほぼ味が同じ。
CIMG2841CIMG2839
チーズのサラダとツェペリナイ(2個もついてくるとは)だけで良かったな。
★使ったお金:二人で30EUR


「Amatininky uzeiga」
http://amatininkai.lt/en/

市庁舎広場にあるリトアニア料理のレストラン。
私はクレープを食べた直後だったので(それでも食べるんか!)、ビーツのスープのみ。夫はがっつりポーク。

CIMG2998CIMG2995
CIMG2996CIMG2997
★使ったお金:二人で22EUR


「ALIVE」
http://alivevilnius.lt/en/
Gedimino(ゲディミノ)大通りという目抜き通りにあるオシャレなベジタリアンレストラン。
「最先端とされているレストラン」のくくりですね。
CIMG2878CIMG2879
(なんかセッティングされているなぁと思ったら、この後、団体さんが)
コースもありますが(グルテンフリーのコースも!)、アラカルトでオーダー。
私が頼んだのは、グリーンピースのスープとスモークしたポルトベッロ(ジャンボマッシュルーム)
CIMG2885CIMG2886
夫はグリーンサラダとキング・トランペット・マッシュルーム
CIMG2887CIMG2882
この旅行でマッシュルーム(スープ含む)をたくさん食べた!
★使ったお金:二人で60EUR


「Dublis Restaurant」
http://www.dublis.eu/en/#nav_
「最も高級かつ評価の高いレストラン」のくくりです。
CIMG2973CIMG2979
サイトからの予約は19時スタートのコースのみのようで、コースを頂きました。
金額を失念してしまったのですが、50EUR程度だったかと。
CIMG2980CIMG2981
CIMG2982CIMG2983
CIMG2984CIMG2985
CIMG2988
CIMG2989CIMG2990
若いシェフが作る繊細なお料理の数々、ちょっと和のテイストを意識されているように思いました。
お料理どれも美味しかったですが、ポルチーニ茸のリゾットが嬉しかった。
お肉の火入れも絶妙。
★使ったお金:二人で141EUR


そしてトラカイのレストランもここで紹介します。
「Bona Pizzeria」

http://www.bona.lt/en.html
ガイドさんが連れて行ってくれました。
写真を撮るのを忘れてしまったのですが、雰囲気も良く素敵なお店です。
テラス席もありますし、店内からもトラカイ城を目の前にしながらキビナイを食べることができます。
CIMG2919CIMG2920
キビナイとは、トラカイ名物というより、トラカイに住むカラメイという少数民族の民族料理で、ミートパイみたいな感じ。
中の具も色々な種類がありましたが、私はチキン。美味しかった!

「PROVINCE」
http://provincija.lv/en/
聖ペトロ教会近くにあるラトヴィア料理のお店。
ランチ利用です。
CIMG2674CIMG2672
CIMG2671CIMG2670
じゃがいものパンケーキが美味しかった!サワークリームと合います。
ガイドブックにはリトアニア名物とありましたが、ラトヴィアでもよく見ました。
他、サラダとサーモン。
★使ったお金:二人で35EUR


「MELNIE MUKI SIA」
http://www.melniemuki.lv/
もう1回のランチは、事前リサーチで、ネイブルクスホテルのラトヴィア料理レストランが良さそうだなと思っていたのですが、夫がこちらの外観を気に入り、予定変更。
CIMG2793CIMG2787
店内も素敵です。
CIMG2789CIMG2791
私はこの後ケーキを食べるつもりで、サラダとグラーシュを。
CIMG2788CIMG2790
夫はマッシュルームのポタージュとサーモン。
(この度で、3回もサーモンを食べていた。)
★使ったお金:二人で45EUR


「Restaurant 3」
http://www.restaurant3.lv/en/
ガイドブックに載っていて日本人のお客さんも多い「3 Pavaru Restorans」。
その姉妹店がこちらです。
せっかくなのでガイドブックに載っておらず、トリップアドバイザーでも日本人が書き込みをしていないこちらに行ってみました。
「最先端とされているレストラン」のくくりですね。
お店、ものすごくオシャレです!
(まだ早い時間だったので店内の写真も撮れましたが、この後、満席に。)
CIMG2708CIMG2709
こちらはガストロノミーっぽい感じもあったので、アラカルトもありますが、コースの方が良さが分かるような気がしたのでコースにしました。5COURSEは45.90EURです。
そして夫はアルコールペアリング、私はノンアルコールペアリングに。
CIMG2711CIMG2712
アミューズ的な。
CIMG2714
パンやスナックやポップコーン!
CIMG2717CIMG2722
飴みたいなのを割ると、チーズが。
CIMG2724CIMG2725
鰹節的な。そして石の中に食べられるものが紛れています。
CIMG2723CIMG2730
ドリンクはトマトのガスパチョ。お魚は鱒です。
CIMG2735CIMG2736
お肉に合わせたドリンクはライ麦パンを発酵させたKALIをベースにしているようで、私はちょっと苦手でした・・・。
CIMG2737
デザートはベリーとチョコレート。
★使ったお金:二人で150EUR


「Vincents」
http://www.restorans.lv/en/
それでは、リガで「最も高級かつ評価の高いレストラン」を。
こちらは旧市街内ではないので、ホテルからタクシー(5EUR)で行きました。
アルベルタ通りの近くなので、ユーゲントシュティール建築巡りも兼ねて!
CIMG2817CIMG2820
(私達いつもスタートが早くて・・・。20時過ぎたら満席でした。)
コースもありますが、アラカルトでオーダーしました。
でもアミューズやお口直しのソルベが付くのでコース仕立てな感じに。
CIMG2821CIMG2823
アミューズとパン
CIMG2824CIMG2827
ラングスティーニのビスク
(びっくりするほど美味しかった!!)
CIMG2829CIMG2831
目の前で苺のアイスキャンデーを作ってくれます。
CIMG2832CIMG2834
私はゴットランド牛のサーロインステーキ200グラム。
他、アンガス牛や和牛もありましたが、最近ゴットランド島が気になっており。
焼き加減が完璧!お肉自体が美味しいので、シンプルに胡椒のソースにしてもらって正解でした。
脛の骨が載っています。
細長いスプーンで骨髄も食べるのですが、私は苦手なので、これは夫に。。。
付け合わせのほうれん草。
CIMG2833
夫が絶賛していたウズラ。
CIMG2835CIMG2838
デザートを断ってコーヒーだけにしましたが、チョコレートが付いてきたー。
さらに帰りに小菓子をお土産に頂きました。
結論から言うと、バルト三国での6ディナーで一番美味しかったのがこちら!
ここは本当にお薦めで、ラトヴィアに行くなら絶対に行って欲しいです!!
★使ったお金:二人で207EUR

タリン(エストニア)で行ったレストラン3軒をご紹介します。

「Olde Hansa(オルデ・ハンザ)」
著名な歴史家の監修のもと15世紀の商家の雰囲気と料理を再現した中世料理のレストラン。
人気店で昼も夜もテラス席が賑わっています。
CIMG2629CIMG2646
お肉のサラダ、マッシュルームスープ、シャルキュトリー。
マッシュルームスープとパンに付けるクリームチーズが美味しかった!
(ランチに行ったのですが、外観の写真撮り忘れ、夜撮った。)
★使ったお金:二人で50EUR

今回、タリン(エストニア)×2回、リガ(ラトヴィア)×2回、ヴィリニュス(リトアニア)×2回と計6回ディナーに機会があったのですが、全て日本で予約して行きました。
テーマは、それぞれの「最先端とされているレストラン」と「最も高級かつ評価の高いレストラン」。

それでは、タリンで最先端とされているレストラン。

「Rataskaevu16(ラタスカエヴ)」
http://rataskaevu16.ee/en/
Rataskaevu通り16番地にあるレストランです。
ここは予約マストの人気店。
店内の雰囲気もとても良く、すごく落ち着きます。
CIMG2566CIMG2568
コースは無くアラカルトのみ。
CIMG2570
黒パンが独特の酸味があって美味しい。
CIMG2572CIMG2571
アスパラガスのサラダ、オーブンベイクドゴートチーズ
CIMG2574CIMG2573
オーブンベイクドサーモン、オーブンベイクドポルトベロマッシュルーム
この旅行で、ポルトベロマッシュルームを何度か食べました。
大きく成長させたマッシュルームで、直径15cmくらいあります!
肉厚で美味しいです。
★使ったお金:二人で60EUR

次はタリンで一番の高級店。

「Tchaikovsky(チャイコフスキー)」
http://www.telegraafhotel.com/restaurant-tchaikovsky/
テレグラーフという5ツ星ホテルのロシア料理レストラン。
CIMG2648
店内もとても素敵!
※早い時間だったのでまだ空席ありますが、この後で満席に。
CIMG2650
コースもあるのですが、前回のポルトガル旅行で連日コースを食べていたら、さすがに胃が疲れてしまったので、今回はコースしかないところではコースを食べ、アラカルトもあるところでは前菜とメインだけにしてデザートは頼まない作戦でいきました。
とは言え、こちらはアラカルトで頼んでもアミューズやお口直しのソルベなどを付けてくれるので、コース仕立てな感じに。
CIMG2652CIMG2653
スナックとポタージュ
CIMG2655CIMG2654
マッシュルームとチーズを包んだぺリメニ、じゃがいものエスプーマ
これすごーく美味しかった!
あと、この旅行で一番美味しかった黒パンはここの。
CIMG2656CIMG2657
ソルベ
ロースト・アンガス・ビーフwithトリュフとじゃがいものピューレ&マディラソース
お肉の焼き加減が絶妙!
CIMG2658
食後のお飲み物を頼んだら、もれなくチョコレートが付いてきた。
嬉しいけど、せっかくデザートを断ったのに・・・。
★使ったお金:二人で180EUR

3軒ともサービスも素晴らしく、とても楽しい時間を過ごせました。
特にディナーに行った2軒は、自信をもってお薦め致します!!

今回、バルト三国のレストランを予約する際に思ったことは、どのレストランもホームページがオシャレ!さすがIT国家だなと。
スカイプを開発したのはエストニアだということを、今回の旅で知りました。

↑このページのトップヘ