趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

中華×5点

新富町の「一凛」は大好きなお店で何度か伺ったことがあり、「イチリンハナレ」もずっと伺いたいと思っていたのです。(先に「TexturA」に行った。)
年末に母と夫と三人で、グリーン車に乗って、コンセプトは大人の遠足。

鎌倉駅から徒歩15分位。
住宅街の中にある素敵な日本家屋のレストラン。
IMG_6852

店内には大きなカウンター席があり、インパクトありました。

8,000円のランチを頂きました。

イクラとカンパチの紹興酒漬け
IMG_6854

よだれ鶏
なんと写真撮り忘れた

につける餃子
IMG_6858

焼きフカヒレ
IMG_6859

クエの銀杏ソース
IMG_6860

シャラン鴨
IMG_6861

マコモ茸
IMG_6862

牛蒡麺
IMG_6863

最中アイス
IMG_6864

茶菓子
IMG_6866

斎藤シェフは基本的には鎌倉にいらっしゃるのかな?
やはり抜群に美味しく、コスパも良く、お店の雰囲気も素晴らしい。
シャラン鴨美味しかったなぁ。

また是非伺いたいです。
年末の恒例行事にしたい。

使ったお金: 12,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:四川料理 | 鎌倉駅

念願の浜松の会員制中華「飛龍(フェイロン)」に連れて行ってもらいました!!
浜松駅近くのビルの中。
指紋認証なので、いくら行きたくても押し掛けることも出来ません。

なお、お写真はNGなので、備忘録的に。

ビーフンとキャビア
軍鶏とクラゲ
鹿の春巻き

フォアグラの茶碗蒸し シャラン鴨と松茸
伊勢海老・百合根・葱・銀杏のXO醤炒め
三河ゴールドのシャトーブリアン
上海蟹の炒飯とフカヒレの白湯煮込み
栗のアイスクリームと大納言

軍鶏とシャラン鴨、三河ゴールドの柔らかさにびっくり。
鰻、伊勢海老、〆の炒飯が特に気に入りました。
美味しかったー。
味が明確で好みでした!!

また会員様に連れて行ってもらえるのをお待ちしております!!

なお、隣も知人のテーブルで、最近、食べるの好きな人は大体知り合いみたいになってきました。


使ったお金: 38,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

「エクアトゥール」が夏期限定で中華レストランに。
今年は8~9月の2ヶ月限定です。
去年は伺えず、そして来年は実施無しとのことで、今年伺えて本当に良かったです。
U様、連れて行って下さり感謝です。

初の個室。
マダムはチャイナ服もお似合いでした!

頂いたもの。

前菜の盛り合わせ
黒鮑、クラゲ、毛蟹、グリーンアスパラガスなど
IMG_4578

アオリイカとカラスミのシュウマイ
IMG_4579

鮪の紹興酒漬け 黒トリュフと温玉
IMG_4582

豚肉2種 クリスピーとチャーシュー
IMG_4583

冷たい雲丹の担々麺
IMG_4584

鰻と豚足の春巻き
IMG_4586

ピーマンの肉詰めを再構築
IMG_4588

フカヒレのスープ
IMG_4589

よだれ鶏
IMG_4590

トラフグと麻婆
IMG_4591

〆とデザートは選択制

金華豚のチャーハン
IMG_4592

マロンタルト
IMG_4593

雲丹の担々麺がびっくりする程、美味しかったなぁ。
鮪の紹興酒漬けとよだれ鶏も良かった。

また数年先でも、やって欲しいです!!


使ったお金: 33,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:中華料理 | 麻布十番駅六本木駅広尾駅

予約したの2017年ですよ。ようやく行けました!!
ちなみに食べログの中華部門で日本1位です。

コースは30,000円、50,000円、70,000円、100,000円、150,000円の5段階。
もちろん30,000円でお願いしました。

では頂いたもの。

帆立と雲丹の揚げ餃子
のっけから旨い!!口の中にスープが広がる。IMG_0108

冷菜盛り合わせ
イノシシのスペアリブが抜群の美味しさ。
IMG_0109

スッポン 冬瓜 フカヒレの上湯スープ
IMG_0110

キャビアの冷製ビーフン
キャビアをビーフンによく混ぜて食べます。
IMG_0111

墨イカの四川風
本当は牡蠣だったのですが、牡蠣NGのため差し替えてもらいました。
FullSizeRender

松葉蟹の春巻きと毛蟹の春巻き
IMG_0113
FullSizeRender

フカヒレのステーキ
香ばしい!このタイプは初めて!!
IMG_0115

鮑の肝ソース
この肝ソースが絶品で、花巻に合うこと。
IMG_0116

仔牛の生キャラメル風味オイスターソース
IMG_0117

お食事は10品から好きなだけオーダーして良いという嬉しい悲鳴な仕組み。
IMG_0118

二人で5品頂きました。

黄韮の炒め焼きそば
IMG_0120

あんかけ焼きそば
IMG_0119

四川冷麺
IMG_0121

ザーサイと卵の炒飯
FullSizeRender

麻婆豆腐
IMG_0123

美味しかったけど、さすがにお腹苦しかった…。
二人で3品がちょうど良いと思います。

海燕の巣入り杏仁豆腐 凍頂烏龍茶のシャーベット
FullSizeRender

ちなみに夫がメニューを見ず10年、20年、30年の紹興酒(グラス)を順に頼みまして。
30年を頼んだ時はさすがに蹴り入れようかと思いました。
なお、10年⇒2,000円、20年⇒3,500円、30年⇒5,000円でした…。
紹興酒3杯で、それなりのコースが食べられる値段です。

シェフもマダムもとても素敵です。
そして、次の予約は2021年です…!オリンピックも終わってるよ!


使ったお金: 44,000円  
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:中華料理 | 新富町駅宝町駅銀座一丁目駅

私が「メゾン・ド・ウメモト」に行ったのは、10年位前のことになります。
梅本シェフは2009年に「メゾン・ド・ウメモト」を閉め、海外を放浪。
2011年に帰国し「小熊飯店」をオープン。
したのは存じ上げていたのですが、なかなか来られませんでした。
なぜなら、値段が値段だから・・・。

思い立って、エイヤで行ってきました!

看板はありません!お店の方が外で待ってて下さいました。

コースは29,500円~。(上海蟹のシーズンは+1万円??)

頂いたもの。

レタスとパクチーのサラダ
のっけから驚いた!このドレッシングは何!??
FullSizeRender

前菜の盛り合わせ
FullSizeRender

青首大根を5時間蒸したスープ
これで完全ノックアウト。
滋味溢れていて、ほのかに甘くて、初めての味。すっごく美味しい。
FullSizeRender

唐津の天然車海老のガーリック蒸し
夫の本日のナンバーワンはこちら。
FullSizeRender

アオザメとモウカザメ ※写真は2名分
3日に分けて8時間煮込んでいるそうです。
FullSizeRender

フルーツトマトと卵炒め 
梅本シェフのスペシャリテの一つ。
炎で蓋をするそうで、スモーキーな風味。
FullSizeRender

米沢牛の頬肉の豆鼓炒め
私の本日のナンバーワンはこちら。
IMG_5404

名古屋コーチンの手羽
IMG_5406
IMG_5407

干し貝柱・蟹・卵白のチャーハン
IMG_5408
FullSizeRender

デザートは5種類くらいから選べます。いくつでも良いという太っ腹!

私はチョコソルベとゆで胡麻団子
IMG_5410
IMG_5412

夫が頼んだマンゴーデザートは宮崎マンゴーまるまる1個使っていた。
なんて贅沢な・・・。梅本シェフ、すみません!
IMG_5411

最後にデーツが。
FullSizeRender

いやぁ、びっくりするくらい美味しかった。

帰りに、麻婆豆腐丼とデーツ(たくさん)をお土産に頂きました。
至れり尽くせり。

シェフに次は上海蟹の季節にいらして下さいと言われましたが、そりゃもちろん行きたいよ!!
これはもう、エイヤ2だな。


使ったお金: 36,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。








関連ランキング:上海料理 | 北参道駅千駄ケ谷駅原宿駅

私、行きたいお店が多すぎて、なかなか同じお店に2回行けないのですが、こちらは通いたい!と思っているお店です。(とは言え、1年2ヶ月ぶりの再訪となってしまいましたが。)

前回の記事はこちらから。
http://tomosan63.blog.jp/archives/17833537.html

おまかせコースのみの13,000円でウォーターペアリング込み。
少量多皿で美味しいものが次々と出てきます!

ホタテの炙り りんごのソース
IMG_5063

オマール海老の炙り アメリケーヌソース
IMG_5064

北京ダック
FullSizeRender

毛蟹 蟹味噌のフラン
IMG_5066

ピータン豆腐 豆乳の冷製茶碗蒸し
IMG_5067

カイラン(中国野菜)
IMG_5068

ほっき貝 
IMG_5069

オマール海老のおじや
IMG_5071

鶏胸肉のバンバンジー
FullSizeRender

牡蠣
IMG_5073

和牛のイチボ
IMG_5075

フォアグラのソテー
IMG_5077

金華ハムのシャンタン蒸しスープ
IMG_5078

青パパイヤ ※写真撮り忘れ

クラゲ ※写真撮り忘れ

春キャベツと山くらげの餃子
IMG_5079

金目鯛と山菜の春巻き
IMG_5080

チャーシュー
IMG_5081

いぶりがっこといかのシュウマイ ※写真撮り忘れ

豚バラの肉団子
IMG_5082

オマール海老のチリソース
IMG_5083

酢豚
IMG_5084

フカヒレの煮込み
FullSizeRender

そのソースで作ったリゾット
FullSizeRender

杏仁豆腐
FullSizeRender

ヨーグルトのパウダー マンゴーのソース
IMG_5088

ふきのとうのアイス
FullSizeRender

次から次へと出てくるので、写真撮り忘れたものもありました。
お料理どれもとても美味しく、オープンキッチンのライブ感が素晴らしい。
私はすっかり山本シェフのファンです。
(ちなみに、「SUGALABO」の須賀さん、「チウネ」の古田さん、「鮨一幸」の工藤さんもファン。)


使ったお金: 17,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:中華料理 | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

気になっていた浅草の中華に行ってきました。
本日、予約で満席です。
2017-11-19-18-36-49

お料理はコースのみで6,000円~。
ご予算に応じて品数や食材が変わるということで、事前に8,000円でお願いしておりました。

エスプーマのピータン豆腐

2017-11-19-18-41-04

カンパチ、ヤリイカ、モッツァレラチーズの老酒漬け
2017-11-19-18-44-46

クラゲのマスタード和え
2017-11-19-18-48-52

よだれ鶏
2017-11-19-18-54-39

松茸を1本使った春巻
2017-11-19-19-00-52

焼売 自家製XO醤
2017-11-19-19-08-28

秋トリュフのかに玉
2017-11-19-19-15-37

茄子和牛の炒め
2017-11-19-19-25-02

白子麻婆豆腐
2017-11-19-19-36-46

シラスと九条ネギのチャーハン
2017-11-19-19-45-47

杏仁豆腐
2017-11-19-20-00-46

全て美味しかったのですが、特に春巻とかに玉!
春巻って、揚げ物なのに、中の松茸がプリプリでびっくり。
春巻で松茸を封じ込めて蒸すイメージなのだそうです。
そしてこのかに玉は今日イチ!
卵が濃い!トリュフの香りが口の中に広がる!

これで8,000円は満足度高いです。
ここはまた行きたいです。



使ったお金: 一人1万円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:中華料理 | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

約1年振りの訪問。

前回の記事はこちらから。
http://tomosan63.blog.jp/archives/11364044.html

今回はおまかせコースに上海蟹の紹興酒漬けを付けた8,640円(税込)のコースにしました。

いきなり上海蟹の紹興酒付け
このタレも美味しい!
2017-11-17-20-15-52

よだれ鶏
2017-11-17-20-33-05

牡蠣
2017-11-17-20-44-16

牛タンの黒酢
2017-11-17-20-56-12

ズワイガニの春巻
2017-11-17-21-09-54

豆苗と金華ハムの炒め物
2017-11-17-21-21-38

白子入り麻婆豆腐
2017-11-17-21-34-03

紹興酒のプリン
image

やはりこちらは、何を食べても美味しいし、満足度が高いです。
また行きたい!


使ったお金: 一人11,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:四川料理 | 新富町駅築地駅東銀座駅

話題の「茶禅華」に行ってきました。
2017年2月オープンで、ミシュランガイド東京2018で2つ星を獲得!

広尾駅から結構歩くのでタクシーですね。
大使館が集まるエリアに、素敵な一軒家レストラン。
店内も優雅で個室も充実していて雰囲気素晴らしいです。

シェフの川田氏は、「麻布長江」「龍吟」という経歴。

ディナーは18,000円のおまかせコースのみとなります。

茶油素麺
2017-10-28-19-08-33

チャーシュー
人生で食べたチャーシューで一番美味しかった!
2017-10-28-19-18-30

くらげ
2017-10-28-19-17-10

さんまの春巻
2017-10-28-19-30-12

雉の極上スープ 白きくらげと杏仁の香り
2017-10-28-19-41-49

大和豚の四川の香り炒め
これもパリッとスパイシーで美味しかった。
2017-10-28-19-52-35

ふかひれ姿煮
2017-10-28-20-26-56
ソースが美味しいなぁと思っていたら、さすが!
リゾット風に
2017-10-28-20-37-32

サワラの焼き物 翡翠仕立て
2017-10-28-20-43-51

千葉 中台菜園 青梗菜の腐乳炒め
2017-10-28-20-56-16

小鳩
胸肉 台湾香辛料〈馬告〉焼き
腿肉 五香脆皮仕立て
2017-10-28-21-11-59
私、鳩と兎は苦手なのですが、友人がこちらの鳩が人生ナンバー1と言っていたので、チャレンジしてみました。
腿肉は見た目も相まって、そのジューシーさが逆に苦手だなと思ってしまいましたが、胸肉はパリっとしていて、鳩独特の臭みも全く無く、美味しかった。

担々麺
量を選べまして、こちらは少な目
2017-10-28-21-24-00

杏仁豆腐
冷たいのと温かいのと2種類
2017-10-28-21-32-41

さつまいものお汁粉

お料理どれも本当に美味しかった。
今日イチはチャーシュー。

夫いわく、担当してくれたソムリエさんの問題かもしれませんが、お酒のセレクトが少し残念だったとのこと。
日本酒を熱燗で頼んだら、これは熱燗には向かないだろうというお酒をセレクトされたり、すっきりめの白ワインを頼んだら、ボリュームのある白ワインをセレクトされたり。
3種類くらいボトルを持ってきてもらい、選ばせてもらいたかったとのこと。
もしくはドリンクメニューを作られた方が良いのでは??


使ったお金: 一人25,000円
点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

 

関連ランキング:中華料理 | 広尾駅白金高輪駅麻布十番駅

食べログの中華料理部門で、全国1位なのがこちら。
オーナーシェフの趙楊氏は、四川料理を日本に広めた立役者のひとりなのだそうです。
22歳で四川省の政府や海外の賓客をもてなす「全牛賓館」料理長に抜擢。
27歳(1988年)で来日し、「四川飯店」を経て、1994年に独立。

22,000円の金牛コースを頂きました。

前菜の盛り合わせ
2017-07-17-18-58-37

高麗人参・スッポン・キヌガサダケのスープ
2017-07-17-19-05-54

フカヒレの姿煮 四川トリュフのソース
2017-07-17-19-18-50

水煮牛肉
肉を油入りの汁で煮込んだものを中華では水煮というそうです。
2017-07-17-19-26-43

車海老のチリソース
2017-07-17-19-40-32

鹿のアキレス腱の薬膳煮
2017-07-17-19-50-17

担々麺
2017-07-17-19-57-20

麻婆豆腐
2017-07-17-20-02-26

ビンフェン(氷粉)
2017-07-17-20-12-09

お料理どれも全く隙が無く、美味しかった・・・。

担々麺と麻婆豆腐は辛さを選べまして、抑え目でとお願いしました。
趙楊氏の下で修業されていた菊島シェフのお店が四谷三丁目にありまして、そちらでも麻婆豆腐が出てくるのですが、激辛だったのを思い出し。

四谷三丁目 「 蜀郷香(シュウシャンシャン)」
http://tomosan63.blog.jp/archives/6204249.html

趙楊氏も各テーブルに挨拶に来てくれて、少しお話できました。

お腹いっぱい。満腹満足です。


使ったお金: 一人24,000円

点数: 5点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



関連ランキング:中華料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

↑このページのトップヘ