趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

丸の内×和菓子

丸の内 「紫野 和久傳 丸の内店 茶菓」

紫野和久傳初の「料亭が作る菓子専門店」。

「西湖」が有名ですが、お目当ては、できたてわらび餅。
注文が入ってから、本わらびを練り上げます。
FullSizeRender
なんと、これで2,374円!(抹茶かほうじ茶が付きますが。)

IMG_6538
物は試しにくらいの気持ちで頂きましたが、一口食べて、おぉーと。
出来立てなので温かい。下にはこし餡が。
今まで食べたわらび餅では経験のない食感。甘さも絶妙。
出来立てなので温かい。

静謐な雰囲気も良いです。
(単にたまたまおしゃべりなおばさん達がいなかっただけかも。)


使ったお金: 2,374円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:甘味処 | 有楽町駅二重橋前駅日比谷駅

丸の内 「叶 匠寿庵 丸の内店」

滋賀県大津市が本店の和菓子屋さん。
私はこちらの「あも」が好きなんですよねー。

都内ですと、新丸ビルと高島屋日本橋店に茶房があります。
新丸ビル店に行ってみました。

わらびもち、ぜんざい、あんみつにも惹かれましたが、「あも」と並ぶ人気銘菓「あかい」を頂きました。
2017-11-09-13-54-56
近江羽二重餅粉を使用した求肥餅に、黒須きな粉をまぶしたものです。
黒蜜をかけて頂きます。
2017-11-09-13-55-09
これは間違いない味ですよね。

今度はわらびもちを食べてみたいです。


使ったお金: 800円くらい
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:甘味処 | 大手町駅東京駅二重橋前駅

丸の内 「羽二重団子 大丸東京店」

文政二年、初代庄五郎が音無川のほとり芋坂に「藤の木茶屋」を開業。
街道往来の人々に団子を供しました。
この団子が、きめ細かく羽二重のようだと賞され、それがそのまま菓名となって、いつしか商号も「羽二重団子」となりました。

だそうです。
『吾輩は猫である』など、数々の文学作品にも登場しています。

現在、本店は改装中のため2019年まで休業。

餡団子(こし餡)と・焼団子(生醤油)の2種類です。
羽二重団子

味はまぁ、普通だね。


点数: 3点
5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。


関連ランキング:和菓子 | 東京駅大手町駅二重橋前駅

大丸東京店 「森幸四郎」

昭和27年からカステラを焼き続けて半世紀。
「銀座文明堂」最高技術顧問で、農林水産大臣賞(フードマイスター)を受賞している森幸四郎氏が作り上げた「どらやき」だそうです。

1個 216円(税込み)
大丸東京店と西武池袋店で購入できます。

10645300_791824480866973_5262136516045728878_n

確かに生地がしっとりしていて美味しいです!


使ったお金: 216円
点数: 3点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:和菓子 | 東京駅日本橋駅大手町駅

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村