趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

京都×フレンチ

祇園のミシュラン1ツ星フレンチへ。
ランチは12時一斉スタートのおまかせコース1万円(税サ込)となります。
長い黒いカウンターはインパクトありました。

頂いたもの。

蛤のリゾット
IMG_5927

牛蒡のスープ トリュフ
IMG_5928

甘海老とセロリ
IMG_5929

真はたと菊芋
IMG_5930

ダブルコンソメ 松茸
IMG_5931

ジャルダン・ヴェール
まさにお庭なサラダ。
IMG_5932

平井牛
し、信じられない・・・
メインの写真を撮り忘れていた・・・!!
すごく美しいお肉で、思わず写真撮るのを忘れて食べてしまったのだと・・・。

魚沼産コシヒカリの鯛めし
IMG_5934

いくら御飯
IMG_5936

フレンチですが、〆が御飯!
御飯(リゾット)に始まり、御飯で終わるというのは初めて。

モンブラン
IMG_5937

加賀棒茶と焼菓子
IMG_5938

お料理どれも美味しかったし、スタッフの数も多くてサービスの目が行き届いているなと思いました。
蛤のリゾット、甘えび、平井牛が特に良かった。


使ったお金: 12,000円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。

関連ランキング:フレンチ | 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅

京都御所のほど近くに佇む、築100年を越える京町家をリノベーションしたレストラン。
IMG_5464

シェフのステファン・パンテル氏は、ニースやパリの名門レストランでの修行を経て、2001年に来日。
京都「フィリップ・オブロン祇園」や「クーラン・デルブ」のシェフを歴任し、2006年「KEZAKO」をオープンさせ話題に。2012年2月、自らの名前を冠した「リョウリヤステファンパンテル」をオープンされたそうです。

店内はオープンキッチンを臨むカウンター席とテーブル席があります。
カウンター席でランチ(5,000円)を頂きました。

頂いたもの。

藁で燻した鰹をタルタルに
無花果とシェリービネガーのソース
IMG_5451

大原の新米で作ったスープ 椎茸と鯵
IMG_5452

ヘしこの出汁と生クリームで作った泡
IMG_5454
中に蓮根餅、半熟卵、生のへしこが入っています。
IMG_5455

子持ち鮎
骨と身を別々に。これは初めてのスタイル!!
IMG_5456

亀岡の豚を2種のスタイルで
背肉のロースト リブは塩漬けして36時間火入れしているそう
リンゴとブータンノワールのパイ 万願寺とうがらし 
かぼちゃのピューレ カカオと味噌のソース
IMG_5460

洋梨の赤ワイン煮
バニラと白味噌のアイスクリーム
IMG_5461

食後のお飲み物と小菓子
IMG_5463

お料理どれも美味しかったけど、やはり子持ち鮎がインパクトありました!
これだけ出てきて5,000円というのも良心的。
雰囲気もとても良く、良いお店だなと思いました。


使ったお金: 6,500円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。





 

関連ランキング:フレンチ | 丸太町駅(京都市営)神宮丸太町駅京都市役所前駅

↑このページのトップヘ