趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

新宿×鮨

新宿 「鮨 青海」

2017年7月に西新宿にオープンしたお鮨屋さん。
席数も結構あるし、(日曜も)遅くまで営業しているし、何よりリーズナブルで気になっておりました。

なんとおまかせコース12,000円!
では頂いたもの。

しじみのお出汁
FullSizeRender

いぶりがっことマスカルポーネ べったら漬け
IMG_9688

中トロ
IMG_9689

おつまみ5種
IMG_9690

赤身のヅケ
IMG_9691

カワハギ
IMG_9692


IMG_9693

のどぐろ
IMG_9694

白子と鮟肝
FullSizeRender

焼き物は鰤
FullSizeRender

大トロ
IMG_9697

コハダ
IMG_9698

スミイカ
IMG_9699

車海老
IMG_9700

いくらとズワイガニの茶碗蒸し
FullSizeRender

追加料金となりますが、雲丹の食べ比べができます!
こんなに雲丹を揃えているのは、「尚充」とこちらくらいではないでしょうか。
私はバフンウニと塩水雲丹のお薦めのものを1貫ずつ頂きました。
(おそらく1貫1,500円くらい?)
IMG_9702

穴子
IMG_9703

玉子焼き
IMG_9704

かんぴょう巻き(このスタイルは初)
IMG_9706

お椀
FullSizeRender

デザートの抹茶のアイスクリーム
IMG_9707

美味しかったです!
12,000円で中トロと大トロが出てきたのにはビックリ。
これは営業努力の賜物と思います。

大将も若くて雰囲気も堅苦しくないので、若い方も行きやすいと思います!


使ったお金: 18,000円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。



関連ランキング:寿司 | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

新宿 「すし岩瀬」

「すし匠」系列は孫系も含め全て行っている(まだ「誠」と「おわな」に行けてませんが)私としては、早く行かねばと思っていたこちらにようやく行けました。

おまかせ18,000円と良心的な設定。

頂いたもの。

煮烏賊の印籠煮
IMG_8192

松川ガレイ アマダイの背とお腹の部分
IMG_8193

えんがわ
IMG_8194

春子鯛
IMG_8195

しんこ
IMG_8196

コハダ
IMG_8197

しんいか
IMG_8198

しんいかの炙り 下にはこのこ
IMG_8199

ニシンの磯辺巻き
IMG_8201

鰯(手渡しのため写真撮れず)

石垣貝(手渡しのため写真撮れず)

北寄貝の炙り
IMG_8202


IMG_8203

秋刀魚(手渡しのため写真撮れず)

穴子の白焼き
IMG_8204

穴子の肝焼き
IMG_8205

車海老
IMG_8206

水蛸の白子
FullSizeRender

鮭の卵ごはん
FullSizeRender

クエの酒蒸し
IMG_8209

えぼだいの昆布締め
IMG_8210

太刀魚の幽庵焼き
IMG_8211

雲丹(手渡しのため写真撮れず)

中トロ
IMG_8212

ぼたん海老(手渡しのため写真撮れず)

毛蟹と雲丹
IMG_8213

赤身のヅケ
IMG_8214

穴子
IMG_8215

かんぴょう巻き
IMG_8216

卵焼きは芝海老の入ったカステラ風と出し巻き
IMG_8218

お味噌汁
IMG_8217

アイス最中
IMG_8219

ツマミと握りがランダムに出てくるので、あとどれくらい出てくるのか見当がつかなかったこともあり、かなりお腹いっぱいに。

というか、今数えてみたら30種以上出てきている!!

春子鯛と鰯、鯵、車海老、毛蟹と雲丹が特に美味しかったです。

大将が下の人たちを結構怒るのがちょっと苦手でした。(同じく「すし匠」系列の六本木の「村瀬」もそうなんだよなぁ。)


使ったお金: 20,000円
点数: 4点

5点: ぜひ再訪したい!!
4点: 機会があれば再訪したい!
3点: 再訪してもよい。
2点: 一度行けばよいかな。
1点: 行く必要無し。





関連ランキング:寿司 | 都庁前駅南新宿駅初台駅

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村