趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

海外ミステリー

ドロシー・L・セイヤーズ 『誰の死体?』(東京創元社)

映画「オリエント急行殺人事件」が公開しましたが、アガサ・クリスティと並ぶイギリスの女性推理作家と言われているのがこのドロシー・L・セイヤーズなのだそうです。

名門デンヴァー公爵家の次男で、趣味は古書収集と犯罪捜査。
本作は、ピーター・ウィムジイ卿という貴族探偵シリーズの第1作です。

ある建築家の自宅の浴室に、忽然と見知らぬ男の死体が出現する。
男は素裸で、つけているものといえば金縁の鼻眼鏡だけ。
そしてほぼ同時に、死体の男性と姿形の酷似した金融界の名士が謎の失踪を遂げていることが判明する。

この二つの事件がどう繋がっていくのか。

正直、ミステリとしては、オチ含めてそんなに感心しなかったのですが、ピーター卿のキャラクターと台詞が良いので、このシリーズは読み進めていこうかなと思っています。


ちなみに私は早川書房から出ているアガサ・クリスティの著作89作を昨年から今年にかけて読破しております。
ポアロシリーズですと、やはり『アクロイド殺し』『オリエント急行の殺人』『三幕の殺人』『ABC殺人事件』『ナイルに死す』と有名なものが実際に面白かったです。
なお、「ナイルに死す」も実写映画化が決まったそうですね!
私はこの小説に出てくる、“男を愛している女と、女に愛させている男”というポアロの台詞に衝撃を受けました。
アガサ・クリスティはトリックの面白さはもちろんのこと、時にドロドロの人間模様が抜群に面白いのであります。
去年から海外古典ミステリを少しずつ読み進めているのですが、他の作家のものがつまらないのは、トリックだけで人間を描けていないからだなと。

ガストン・ルルー 『黄色い部屋の謎』(東京創元社)

ガストン・ルルーと聞いてもピンとこないかもしれませんが、あの『オペラ座の怪人』の作者です。
ガストン・ルルーの小説を原作に、アンドルー・ロイド・ウェバーがミュージカルを作ったと。

スタンガーソン博士の邸宅にある「黄色い部屋」で、彼の令嬢の悲鳴と銃声が聞こえた。駆けつけた一同がドアを壊し部屋の中に入ると、そこには血まみれの令嬢の姿があった。
犯人のいた痕跡は残っていたものの、姿はすでに無い。部屋はほぼ密室状態にあったにもかかわらず、犯人はどうやって消えたのか。
若き新聞記者ルールタビーユはこの謎に挑む。

本作は心理的密室トリックと犯人の意外性により、推理小説史上の古典傑作と称されているそうで、帯に北村薫氏が「本格ミステリの歴史の上で、これは見逃せない一冊なのです」というコメントを寄せています。

確かに、犯人は意外。
密室トリックも、その後の多くの作家に影響を与えただろうとは思う。

が、小説として面白くなかったなぁ。
このオチにしては、そこまでのストロークが長すぎる。
翻訳の問題かしらん?

ジョン・ディクスン・カー 『三つの棺』(早川書房)

「ミステリ・ファンならば、必ず読まなければならない作品」ということで、読んでみました。

ジョン・ディクスン・カーと言えば、密室物。
本作は、カーの「ギデオン・フェル博士シリーズ」の一作で、以後の作家やミステリファンに大きな影響を与えた密室物なのだそうです。

グリモー邸に仮面を付けた男が現れ、グリモーの部屋に押し込んだ。
鍵がかけられた室内から銃声がしたため、扉を破ると、グリモーが胸を撃たれて倒れていた。
しかし犯人の仮面の男は煙のように消え去っており・・・。

トリックが複雑すぎて、確かによく考えたなとは思うけれど、机上の空論に思えました。
これ、実写化したものを見たら、無理があると感じそう。

そして、翻訳がイマイチなのだと思うけれど、文章がとても読みにくく、トリック云々の前に小説として面白くなかった。
どうやら私は旧訳のものを読んでしまったらしく、新訳のものは読みやすくなっているようです。


フレッド・カサック 『殺人交叉点』(東京創元社)

今年から、海外古典ミステリを少しずつ読んでいるのですが、なかなか面白いものが無いのですよ。
当時は斬新だったのかもしれないけど・・・、とか、これってミステリ??というものが多くて。
が、本作はかなり面白かった!!
(今のところ、ベスト3は『毒入りチョコレート事件』『五番目のコード』そして『殺人交叉点』です。)

表題作の「殺人交叉点」と「連鎖反応」の中篇2篇が収録されています。

まず、「殺人交叉点」は、湊かなえの『告白』のようなスタイル。
被害者の母親と犯人の独白が交互に描かれ、事件の全容が明らかになっていくのですが、この独白に熱量があり、グイグイ引き込まれます。
そして叙述トリック(登場人物の性別や国籍、事件の発生した時間や場所など、一部の描写をわざと伏せたり曖昧にすることで、読者の先入観や思い込みを利用し、ミスリードする仕掛けのこと)を使っており、ラストはおぉ・・・!と。

「連鎖反応」は、なんと、日本でも2回もドラマ化されていました。
しかも1回目は、脚本・倉本聰!
こちらは、憧れの女性との結婚を目前に、浮気相手を妊娠させてしまった男が殺人を犯すのですが、その相手も理由もぶっ飛んでいます。
あと、ラストのオチも凄い。
「世にも奇妙な物語」でドラマ化したら面白いと思いました。

ウィリアム・モール 『ハマースミスのうじ虫』(東京創元社)

元々は詩人で、本作がミステリ長編デビュー作とのこと。
1955年に刊行され評判になったものの、絶版状態となっていた幻の名作が、2006年に再翻訳で復刊。
という帯に惹かれて読んでみました。

ワイン商の主人公が恐喝犯を追いつめていく、素人探偵もの。
なんですが、追いつめていく過程に、推理やトリックみたいなものが殆ど無く、これってミステリ??と。
人間ドラマ??
面白がるポイントが分かりませんでした・・・。
当時は斬新だったのかしら・・・。

やはり、名作と言われる昔のミステリって、リスキーだなぁ。
と思いつつも、次はフレッド・カサックの『殺人交叉点』を読む予定です。

ジョン・ディクスン・カー 『白い僧院の殺人』(東京創元社)

「密室の王者」という異名を持つディクスン・カーの密室物です。

「白い僧院」と名付けられたお屋敷の別館でハリウッド女優のマーシャが殺される。
当時、別館にはマーシャしかいなかった。
その晩は雪が降っており、雪が止んだのは深夜2時だった。
マーシャの死亡推定時刻は深夜3時頃である。
ところが、新雪の上に残された足跡は、早朝にマーシャの死体を発見したジョンとベネットのものだけだった。
犯人はいかにして足跡を残さずに、マーシャを殺害し、脱出したのか?

なるほどなー、というトリックでした。
当時は画期的だったのだろうなと思いますが、うぅむ。
昔の名作ミステリーと呼ばれているものを読み進めていますが、最近はちょっと懐疑的になっております。

F・W・クロフツ 『クロイドン発12時30分』(東京創元社)

初クロフツ(1879年~1957年)です。
アイルランド生まれのイギリスのミステリ作家で、デビュー作の『樽』が最も評価が高いそうですが、未読。

『クロイドン発12時30分』は三大倒叙ミステリ小説と言われているそうです。
倒叙ミステリとは、最初に犯人が明かされ、犯人の視点で物語が展開されていくタイプのものです。

確かに当時は新しい手法だったので評価されたのだと思いますが、今読むと、ミステリというよりも人間ドラマ?
お金に困った男が、遺産目当てで金持ちの叔父を殺す話です。
ミステリというほどの推理や驚きがどこにもない・・・。
ミステリというより、犯人が追いつめられていく様を描いた心理物という感想。

うーむ。
『樽』を読むのを躊躇するなぁ。

ヴァン・ダイン 『グリーン家殺人事件』(東京創元社)

「アマチュア探偵ファイロ・ヴァンス」シリーズの3作目です。
同シリーズの4作目『僧正殺人事件』と並び、二大代表作だそうですが、私は『僧正殺人事件』の方が面白かったです。

タイトルの通り、グリーン家の人達が一人また一人と殺されていくのですが、いつもこの手のミステリーを読んで思うのは、犯人、殺し過ぎでしょうよと。
さすがに消去法であなたが犯人だって分かっちゃうでしょうよと。

と、現実的なことばかりに目がいってしまい、ミステリーに入り込めないことが時々あります。

リチャード・ニーリィ 『心ひき裂かれて』(KADOKAWA)

『殺人症候群』に続き、リチャード・ニーリィの叙述トリックもの。

叙述トリックとは、登場人物の性別や国籍、事件の発生した時間や場所など、一部の描写をわざと伏せたり曖昧にすることで、読者の先入観や思い込みを利用し、ミスリードする仕掛けのこと。
「イニシエーション・ラブ」は映画化されましたが、文章上の仕掛けなので、映像化は難しいとされます。

で、本作。
精神病院から退院したばかりの妻・ケイトが、自宅で夫・ハリーの留守中に何者かに襲われる。
さらに心身を病んだ妻をケアしなければならないのに、ハリーの前に忘れられない昔の恋人が現れ・・・。

ハリーは妻が寝ている間に食料調達に出かけた際、レイプされかけた若い女性を助けるのですね。
で、その犯人に逆恨みされ、ケイトが襲われたのではないかと。

正直、ミステリーとしては全然面白くないです。
その後、連続レイプ事件が起きるのですが、展開がつまらない。

で、ラスト。
確かに衝撃でしたけど、え!?でも本筋に関係なくない!?みたいな。
WhodunitともHowdunitともWhydunitとも関係無いミスリード・・・。

叙述トリックだからといって、面白いとは限らない。
本作は叙述トリックで過剰に評価されていると思う。

リチャード・ニーリィ 『殺人症候群』(KADOKAWA)

仕事にも女にも引っ込み思案のランバート。
全てにおいて積極的で自信に満ち溢れたチャールズ。
同じ職場で働く対照的な二人の男を結びつけたのは凄まじいまでの女性への憎悪だった。

ランバートを愚弄した女を復讐のためチャールズが殺すのですが、一人を殺したことで、(犯人である証拠をつかまれそうになったりとか)芋づる式に何人も殺すはめになっていきます。

殆どラスト近くまで、単なるサイコ・サスペンスにしか読めず、まぁ確かにサイコパスの心理(犯行を誇示したい)はよく描けているなぁとは思ったのですが、何で評価されているのか分からなかったのです。

が、ほぼラストですね。
えー!?となり、読み返してしまいました。

なるほどなぁ。そうきたかぁ。
でもこれは映像化は不可能なやつですね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村