木下順二氏の代表作である「子午線の祀り」の、野村萬斎さん演出&主演バージョンです。
昨年、そのプレ的な「子午線の祀り」戯曲リーディングが上演されまして、そちらも観に行ったのであります。

題材は「平家物語」でございますよ。
一ノ谷の戦いで源氏に敗れた平家が壇ノ浦の戦いで壊滅するまでを描いています。

なんと、20分休憩含め、上演時間は3時間55分!!

関ヶ原の戦いにすら興味の無い私が、いわんや壇ノ浦の戦いなんて・・・と思いましたが、なんとか寝ることなく4時間弱の観劇を終えました。

私、国語の偏差値だけでここまで誤魔化してきたようなもので、古文も得意だったのですが。
字幕無しの洋画を観るくらいの集中力でヒアリングして、それでも聞き取れない箇所があったのです。
他の皆さんはこれ分かるのだろうか??凄いな・・・と思っていたのですが、休憩時間に若い女子達が殆ど意味が分からないと言っていて、ちょっとホッとしました。

シェイクスピアと通ずるものがあるなぁと思いながら観ていたのですが、上演後のポストトークで、萬斎さんが「木下氏はシェイクスピアやギリシャ悲劇に対抗できるのは、日本では平家物語だけだと思って、この戯曲を書かれた」と仰っていて、やはり!と。

そして人間の悩みや苦しみなんて、何百年経っても変わらないものだなと。
そう思うと、ここまでの科学の進歩なんて不要(意味が無い)なのではないかという乱暴なことを考えてしまいます。