趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

野村萬斎

こまつ座&世田谷パブリックシアター 「シャンハイムーン」

世田谷パブリックシアターで3月11日(その後、全国各地へ)まで上演される「シャンハイムーン」を観てきました。
https://setagaya-pt.jp/performances/201802shanghaimoon.html
第27回谷崎潤一郎賞を受賞した井上ひさし氏の作品を、栗山民也氏が演出。
野村萬斎氏が『阿Q正伝』『狂人日記』などで知られる中国の偉大な文学者・魯迅を演じています。

舞台は昭和9年の上海。
思想革命の指導者でもあった魯迅に、国民党政府より逮捕令が出された。
逃亡を余儀なくされた魯迅は第二夫人の広平と共に親交のある内山夫妻が営む書店の二階に匿われる。

魯迅と魯迅を助けてくれた日本人4人との、魯迅が内山書店の二階に匿われていた1ヶ月間を描いています。

魯迅の作品を読んだことがある人ってどれくらいいるのだろうか…。
ちなみに私は中学生の時に『阿Q正伝』を読んだきりです。

魯迅の作品をもっと読んでいた方が楽しめるとは思いますが、魯迅の名前しか知らなくても大丈夫。
革命
云々といった政治色の強いストーリーではなく、偉大な文学者である魯迅が実は大の医者嫌いで歯がボロボロだったり、正妻を酷い扱いにしていたり(思想革命の前にあなたの家庭を何とかしろよ…と思ってしまう)という人間らしい姿を描いており、周囲を巻き込んだ日々の騒動に思わず笑ってしまいます。

決してコメディではないのです。
魯迅は至極真面目なのに笑ってしまう。

この点が狂言とも通じる部分だなと思いました。

人間が必死で生きている姿は滑稽だ。
でもその姿はたくましく、愛おしい。

まぁでも、萬斎さんが出演していなければ、観には行かなかったな。
広末さん久々の舞台とのことですが、張り上げた声がキンキンしていて辛かった…。
その点、萬斎さんは大声出さなくても声が通る。
普段、舞台に出ている人とテレビの人との違いですよね。

作:木下順二 演出:野村萬斎 「子午線の祀り」 

木下順二氏の代表作である「子午線の祀り」の、野村萬斎さん演出&主演バージョンです。
昨年、そのプレ的な「子午線の祀り」戯曲リーディングが上演されまして、そちらも観に行ったのであります。

題材は「平家物語」でございますよ。
一ノ谷の戦いで源氏に敗れた平家が壇ノ浦の戦いで壊滅するまでを描いています。

なんと、20分休憩含め、上演時間は3時間55分!!

関ヶ原の戦いにすら興味の無い私が、いわんや壇ノ浦の戦いなんて・・・と思いましたが、なんとか寝ることなく4時間弱の観劇を終えました。

私、国語の偏差値だけでここまで誤魔化してきたようなもので、古文も得意だったのですが。
字幕無しの洋画を観るくらいの集中力でヒアリングして、それでも聞き取れない箇所があったのです。
他の皆さんはこれ分かるのだろうか??凄いな・・・と思っていたのですが、休憩時間に若い女子達が殆ど意味が分からないと言っていて、ちょっとホッとしました。

シェイクスピアと通ずるものがあるなぁと思いながら観ていたのですが、上演後のポストトークで、萬斎さんが「木下氏はシェイクスピアやギリシャ悲劇に対抗できるのは、日本では平家物語だけだと思って、この戯曲を書かれた」と仰っていて、やはり!と。

そして人間の悩みや苦しみなんて、何百年経っても変わらないものだなと。
そう思うと、ここまでの科学の進歩なんて不要(意味が無い)なのではないかという乱暴なことを考えてしまいます。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村