趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

2点以上

映画 「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」

舞台は1948年のチリ。
大統領は国民的詩人で共産党員のパブロ・ネルーダを弾劾、警察官のペルショノーに逮捕を命じる。
ネルーダは逃亡生活に刺激を受けながら、詩集「大いなる歌」を完成させようとする。

ネルーダとペルショノーの追跡劇なのですが、これが退屈で・・・キツかった。
何を面白がれば良いのかが分からず、企画書上の見どころって何だったんだろう?と。
ネルーダのことを知っていたらまた違うのかもしれませんが、その人を知らなければ楽しめないのだとすれば、そもそも映画として成立していないなと。

監督はパブロ・ラライン。
私はこの監督の「NO」と「ジャッキー」を観ていました。
ペルショノー役のガエル・ガルシア・ベルナルは、「NO」に続き、この監督2作目ですね。


2点
http://neruda-movie.jp/

映画 「プラネタリウム」

ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・メロディ・デップ(ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘ね)が姉妹を演じると聞いたら、観なければ!と思いますよね。

舞台は1930年代後半のパリ。
アメリカからやって来たローラとケイト姉妹。
ケイトには死者と交信できるという能力があり、姉妹は降霊術ショーを行っているのですね。
で、姉妹を見初めた有名映画プロデューサーが、本物のゴースト映画を作ろうと企画すると。

人の心を狂わすこの姉妹は、高名なスピリチュアリストなのか、世紀の詐欺師なのかー。
というコピーに騙されました。

てっきり、姉妹の化けの皮がはがされる話なのかと思っていたら、全然違う。
半分以上観ても、一体どこへ連れて行かれるのかサッパリ分からない。

この映画プロデューサーが、常軌を逸して姉妹に傾倒してしまい、社員やスタッフに総スカンを食らいます。
しかも、彼はフランス人と偽っているけれど実はユダヤ人なのですね。
時代も時代なだけに、それで余計に槍玉に揚げられると。

うーむ。。。
という訳で、霊媒師という設定は骨子とは関係無いように思いました。

アメリカからやって来た姉妹が、ショービズ界&第二次世界大戦目前の不穏な時代に翻弄されていく話。
ただし二人の心情は明確には表現されておらず、観客に委ねられる部分が大きいです。
映像&女優二人の美しさには見入ってしまいました。

2.5点
http://planetarium-movie.com/

映画 「ローガン」

ひ、酷かった・・・。
「X-MEN」ファンとしては、記録から抹消し、封印して欲しい。

一体、誰が、こんな結末を観たい!?

舞台は2029年。
老眼鏡をかけた初老のローガン(ウルヴァリン)。
老いて自分の脳をコントロールできなくなり、他人からは呆けているようにすら見えるチャールズ(プロフェッサーX)。
どうやら他の人達はもうこの世にはいないみたいで、ローガンがチャールズを介護している。
しかも貧乏。(チャールズの莫大な資産は??)

こんなの見たくなかった。
こんなんだったら、別に完結編なんて要らないよ。
どこかでみんな元気に暮らしている、そう思っていたかった。

なんか、「ロッキー」の最後の方みたいな感じ。
金の亡者達に、「X-MEN」が搾取され、消耗され、吸い取られ、ボロボロになっていく。

私ね、アメコミの実写化って興味ないのですが、「X-MEN」だけは愛しているのですよ。
特に、「X-MEN: フューチャー&パスト」と「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」は大傑作だと思っています。

そんな中、シリーズの面汚しともいえる作品が現れました。
2013年に公開されたスピンオフ作品「ウルヴァリン: SAMURAI」です。
もうね、本当にね、これは抹消すべき作品ですよ。
で、この時の監督がジェームズ・マンゴールド。
「17歳のカルテ」とか「ウォーク・ザ・ライン」みたいな作品を撮っていれば良いのですよ。
なぜ、「X-MEN」に抜擢した!?

と思っていたら、「ローガン」もこいつじゃないか!!
完全に「X-MEN」の戦犯になっておる!!!

映画は監督次第なんですよ。
「X-MEN」作品の歴代監督を整理してみました。

ブライアン・シンガー (「ユージュアル・サスペクツ」)
「X-MEN」「X-MEN2」「X-MEN: フューチャー&パスト」「X-MEN: アポカリプス」

マシュー・ヴォーン (「キック・アス」「キングスマン」)
「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」
↑ブライアン・シンガーが原案とプロデューサーを務めている。

この二人の作品が傑出しています。

私が「X-MEN」に惹かれたのは、ミュータント達の悲哀(人間を助けたのに、その能力を恐れられ、迫害される)なのです。

ブライアン・シンガーは、(ゲイ寄りの)バイセクシャルでユダヤ人なのですね。
「X-MEN」(コミックス)のファンではなかったけれど、本作の根底にある偏見や差別に共感し、監督を引き受けたそうです。

何が言いたいかと言うと、「ローガン」は私の中で無かったことにします。
もし「X-MEN」を観たことが無ければ、絶対に「ローガン」からは観ないで!
まずは、「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「X-MEN: フューチャー&パスト」を!!


2.5点
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/

映画 「昼顔」

こんな結末、誰が観たいの?
観なきゃ良かった×100万回。

単につまらないということだけではない。
これはもはや犯罪の域。
フジテレビと井上由美子に猛クレーム入れたい。

早々に再会して再燃しちゃうので、これだと話が終わっちゃうから、中盤は無理くりマッチポンプ的な展開で話を引っ張っていて、白ける。
北野先生がまだ奥さんに会っているんじゃないかという嫉妬⇒自分に好意を持ってくれているっぽい別の男にフラフラ⇒北野先生にばれる⇒喧嘩⇒雨降って地固まる的な、はぁ!?
自分で火を付けて消しているだけじゃねーか。
安いぞ、安っぽい展開だぞ!

そしてラスト。
あの出かけて行く北野先生を見て、嫌な予感がしたんですよ。

そうしたら案の定!
安易、安易すぎるぞ!
こんなんで泣くと思うなよ!ファンを舐めるなよ!!

こんな展開、「昼顔」ファンは誰も望んでない。
みんな、帰宅して、冴えない夫にごはん作らなきゃならないの。
悲恋なんて求めてないの。
なぜなら、現実が悲哀に満ちているから!
映画くらい、夢見たいの!!
分かってねーな、バカかと思うわ。

あまりの怒りで、普段使わないような乱暴な言葉遣いで綴ってしまいました。

まじで観なきゃ良かったわ。
あったらやはり観ちゃったと思うから、これなら映画化しないで欲しかった。

それから!上映中、ずっとベチャクチャしゃべり続けていたおばさん二人!
うるさいっちゅうねん。
大丈夫!あんた達には北野先生は現れないから!安心して、寝な!


2.5点
https://www.toho.co.jp/movie/lineup/hirugao-movie.html

映画 「パーソナル・ショッパー」

忙しいセレブに代わって服やアクセサリーを買い付けるパーソナル・ショッパーという職業にフューチャーしたオシャレなお仕事映画だと思いきや。

何これ?×100万回。

確かに、主人公のモウリーンの職業は、このパーソナル・ショッパーとやら(ていうか、スタイリストとの違いは何?買うか借りるかの違い?)なのですが、こんなのただの設定で、ストーリーと関係無くない?
これなら、職業、何だって良いじゃん。

これね、ジャンルで言ったら「スリラー」とか「ホラー」ですよ。

モウリーンは霊媒師で、同じ能力を持つ双子の兄が病死した後、あの世からの“サイン”をずっと待っています。
降霊術とかエクトプラズムとか出てくるよー。

完全にタイトルとポスターに騙された・・・。

びっくりなんだけど、本作、カンヌの監督賞を受賞しています。
やはり河瀨直美をやたら持ち上げているカンヌとは、ワタクシ、相性悪いわ。
そう言えば、オリヴィエ・アサイヤス監督の前作「アクトレス」も、私はダメだったんだった。

モウリーンを演じたクリステン・スチュワートは、「カフェ・ソサエティ」でも思ったけど、美人。


2点
http://personalshopper-movie.com/index.html

映画 「グレートウォール」

私は何故これを観たんだろう?監督がチャン・イーモウだから。
マット・デイモンは何故これに出たんだろう?監督がチャン・イーモウだから。
だと信じたいが、チャイナマネーにぐらついたか!?

監督は「初恋のきた道」「HERO」のチャン・イーモウ。
ということで、ちょっと嫌な予感がしたのですが観てきました。

結論。
私はキツかった・・・。

黒色火薬を求めてシルクロードを旅する傭兵のウィリアム(マット・デイモン)は、万里の長城にたどり着くものの禁軍に降伏を余儀なくされる。
禁軍は、60年ごとに山から姿を現す饕餮(とうてつ)という怪物達と闘う準備をしているところだった・・・。

万里の長城は饕餮から都を守る防壁という設定。
もし饕餮が都に侵入したら、人類は終わりとのこと。

冒頭の禁軍によるアクションは見応えあります。

テーマ的には、「それまで金のために戦ってきたウィリアムが、初めて大儀の為に戦う」という成長モノなのだと思いますが、うーむ・・・戦う相手が何を考えているのかも分からない怪物だと、大儀とか思想が感じられないのです。
「シン・ゴジラ」の時も思ったけど、怪物と戦って勝ってもカタルシスが無くない??


2.5点
http://greatwall-movie.jp/

映画 「ゴースト・イン・ザ・シェル」

映像もストーリーも全く驚きが無かったなぁ。

ワタクシ、詳しくないので分からないのですが、そもそも原作漫画の初出は1989年、最初の劇場版アニメは1995年、今回が初の実写映画化だそうですが、なぜこんなに時間がかかったの??

原作者が実写化を認めなかったから?
それとも映像化不可能とずっと言われていたの??

10年前だったら(いや、「マトリックス」が1999年だから15年前でもダメかも)驚いたかもしれないけれど、もうこの手の映像では驚けなくなってしまったなぁ。

実写化のタイミングが遅かったというのもあるだろうし、今やるなら、もう一歩進んだ技術革新的な映像が観たかった。

しつこいけれど、原作漫画や押井監督の劇場版アニメのファンでもないので、草薙素子がなぜスカーレット・ヨハンソンなのかの議論には参加しません。
(一応、本作ではその点に違和感を覚えない設定が作られています。)


2.5点
http://www.ghostshell.jp/

映画 「アサシンクリード」

本来は、ゲームの実写映画化には興味が無いのですが、私の大好きなマイケル・ファスベンダーが主演ということで観てきました。

結論。
やはりゲームが原案だからか、ドラマが弱いね。
ここでいうドラマというのはストーリーということではなく、観ていて感情が揺れ動かないということ。

人間の暴力性を取り除く力があるが人間の自由な意思も失わせる歴史的秘宝「エデンの果実」をめぐり、古来より、アサシン教団とテンプル騎士団は争いを続けてきた。

死刑囚のカラム(マイケル・ファスベンダー)は、死刑執行日にアブスターゴ財団(実はテンプル騎士団)に拉致される。
遺伝子の記憶をたどることが出来るアニムスという装置を付けられたカラムは、祖先であるアギラールの人生を追体験させられる。
アギラールは15世紀のスペインでアサシン教団のマスターで、エデンの果実の行方を知っていると目されていた。
カラムは何度もアギラールの人生を追体験するうちに、エデンの果実の秘密に近づいていく。

アクションはすごいです。
マイケル・ファスベンダーはどれだけのトレーニングを積んだのだろうと思うくらい。

なんですが、アクション押しになっているため、カラムの動機とか覚醒とかの描き方が弱く、観ていて退屈してしまいました。

アブスターゴ財団でアニムスを開発した科学者を我らがマリオン・コティヤールが演じています。


2.5点
http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

映画 「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」

ニューヨークの大学で働くマギーは、魅力的な新進気鋭の文化人類学者・ジョンと知り合い恋に落ちる。
ジョンは既婚者だが、妻のジョーゼットはコロンビア大学の教授で仕事が忙しく、家事や育児をジョンに任せっきりで、ジョンは家庭的なマギーに安らぎを求めてしまったのだ。
ジョンはジョーゼットと離婚し、マギーと再婚する。
だが3年後、ジョンの小説はいまだ書き終わらず、収入も家事育児もマギーに頼りっきり。
ジョンへの愛情がすっかり冷めてしまったことに気付いたマギーは、ジョンをジョーゼットに返そうと画策する。

あらすじは面白そうだと思ったんだよなぁ。
女殺しの魅力的な文化人類学者をイーサン・ホークって、ハマり役すぎる。
ジョーゼットがジュリアン・ムーアというのも良い。

なんだけど、なんかダラっとしていて、いまいち乗り切れなかった。
もっと面白くできたろうにと思うと残念。

マギー役のグレタ・ガーウィグが大柄でやぼったい。
でもジョンと不釣り合いなのが逆にリアルなのかも。

本作で印象的だったのが、ジョーゼットと暮らしていた時は家事をこなしていたジョンが、マギーと暮らし始めたら何もやらなくなったこと。
人って、そんなもんだよね。
うちの夫も、私と付き合う前は自分でリサーチしてアフリカや南米を旅行していたのに、私と付き合って以降は私に任せっきりだもの。


2.5点
http://maggiesplan.jp/

映画 「ブラック・ファイル 野心の代償」

ひ、酷かったー!!!

全米を牛耳る巨大製薬会社の不正を暴く社会派映画かと思いきや、何じゃこりゃな展開。

元カノを利用して巨大製薬会社の不正を暴き出世しようとした弁護士が、元カノがおかしな人だったため、破滅街道まっしぐらになるという話。

突っ込みどころ満載。
いやいや、接着剤なんかで傷口塞いだら、膿んで高熱出して、そんな何事も無かったかのように動けないから。

アンソニー・ホプキンスとアル・パチーノの超無駄遣い。

イ・ビョンホンに至っては、もはやコメディ。
凄腕の殺し屋という役柄なんだけど、だったらこんな展開にならないだろう・・・。

監督は本作がデビュー作だそう、日系2世のシンタロウ・シモサワ。
まじセンス無いから、今まで通りプロデューサー業に専念した方が良いです。

構成は散漫で、何がテーマなのか、何を見せたいのか分からないし、音楽だけ大仰。


2点
http://blackfile.jp/story.html
記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村