趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

2点以上

2012年のヴェネツィア映画祭で「嘆きのピエタ」がグランプリを受賞したキム・キドク監督の最新作。
私は「魚と寝る女」以降、殆どの作品を観ております。
キム・キドク、パク・チャヌク、ポン・ジュノと韓国三大監督の1人ではないでしょうか。

劇場にキム・キドクの作品なのに何故かおばさんがたくさん。
あー、チャン・グンソク目当てかー。
ふ。洗礼を受ければよいさ、きっと劇場を出る時には青ざめているはず。
と思ったら、キム・キドク作品の殆どを観ている私でも、さすがにこれはない!と思いました。
あまりのエグさに、免疫力が落ちそう・・・。

キム・キドクは、元々画家志望だっただけあって、エグイけど美しい映画を撮る監督だったの。
「春夏秋冬そして春」「サマリア」「弓」。
「嘆きのピエタ」のラストはあまりの衝撃に椅子から転げ落ちそうになったけど、美しいと言えば美しいのかも。
が、本作は、俗悪!

客船というクローズドサークルの中で極限状態に陥った人間たちがどうなるか、という話なのです。
大体どんな悲劇が起こるか想像つくじゃないですか?
が、なぜかまだ船に乗ったばかりな上に極限状態にも陥っていないのに、序盤からすぐにそういうことが起きるの。ストロークが全く無いAV(ちゃんと観たことないけど)かよ!

なんかこれには設定的な理由があるのかな?
そもそも時代設定はいつ?
なぜ藤井美菜の日本語とチャン・グンソクの韓国語が通じ合っているの?
何かあるの?

はい、何も説明は無く、回収もありません!

ただただグロかったなぁ。
美学はどうした!?

2点
https://ningennojikan.com/

「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」「舞妓はレディ」の周防正行監督の最新作です。

子供の頃から活動弁士に憧れてた染谷俊太郎は、活弁士募集の言葉に騙され、偽弁士として泥棒一味の方棒を担がされていた。一味からどうにか逃亡した俊太郎は、小さな町の映画館「青木館」にたどり着く。そこで活弁士としての才能を開花させた俊太郎だったが・・・。

うーん、期待していただけに、残念でした。
一言で表すと、ドタバタしているのにグダグダ。

冒頭の子供の頃のくだりは長すぎて退屈だし、後半はドリフかよ!というドタバタ。
しかも面白くない。
頭の中ではずっと「え?なんの話?」という言葉がグルグルしていました。

俊太郎を演じた成田凌さんは頑張っていたけれど、もっと声の良い俳優さんがいたのではないかなとも。

それにしても高良健吾さんは役によってガラリと変わりますよね。
モトカレマニアのまこちんと同一人物とは思えない。

2.5点
https://www.katsuben.jp/

 

ものすごくチープなB級ホラー映画です。
が、それは原作を読んでいるので分かってはいました。
では何故観に行ったのか?
それは中村倫也が出ているから。
でもまぁ、中村倫也は(ウンチャラカンチャラ)だけど。
まぁそれも原作読んでいるから分かってはいたけど。

タイトルから、館シリーズ的なクローズドサークルもの(アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』など)を期待するとガッカリします。
クローズドサークル。
例えば、吹雪で山荘に閉じ込められる、絶海の孤島で嵐により船が近づけない、などなどありますが、本作の新しさは〇〇〇によるクローズドサークルということなのです。

ただし、クローズドサークルものとしての面白さに決定的に欠けている部分があります。
クローズドサークルの醍醐味って、一人ずつ次々と殺されることにあると思うのですが、本作は決定的に「この中に犯人がいる!」「次に殺されるのは誰か!?」というハラハラ感に欠けるのです。
と言うより、登場人物にも観客にも殺人事件という認識があまり無いかも。何故なら死因が〇〇〇だから。殺人なのかよく分からないという。

前置きが長くなりましたが、〇〇〇に乗れるかどうかが全てですね。
私は乗れませんでした。

あと、木村ひさしさんの演出が、今となっては古く感じるのですが、今の若い方はどう思われましたでしょうか?

浜辺美波はものすごく可愛いけど、活舌が悪いね!

それにしても本当にみんな、本は読まないんだな・・・。
この原作、第27回鮎川哲也賞受賞作で、「このミステリーがすごい!2018年版」「週刊文春ミステリーベスト10」「2018本格ミステリ・ベスト10」で全て1位で三冠達成したのですよ。
それでも読まないとなると、もう本が売れる気がしない。


2.5点
https://shijinsou.jp/

ブラッド・ピットが初の宇宙飛行士役でSF超大作。
にしては宣伝の立ち上げが遅くない?
出来がイマイチなのかしら…?と嫌な予感がしていたのですが、予感的中。
つまらなかった・・・。

地球外生命体の探索に出発して16年後に消息を絶った父を捜しに、主人公が海王星に向かうという話。

とは言え、「アルマゲドン」的なAEROSMITHが流れてくるようなエンタメ作品ではありません。とても静かなのです。

細かい所で色々と突っ込みどころが満載。
そういうリアリティを追求する映画ではなく、哲学的ファンタジーということなのかもしれませんが、そう吹っ切れる程のクオリティじゃないから、やはり細かい所が気になってしまう。

静かなSF映画ということで、「2001年宇宙の旅」や「ゼロ・グラビティ」を思い浮かべたのですが、いかんせんクオリティが違い過ぎる・・・。

ラストも雑すぎる。
「ゼロ・グラビティ」もラストが超高速展開だったけど、あっちは雑だとは思わなかったんだよなぁ。
何の違いなんだろう?


2点
http://www.foxmovies-jp.com/adastra/index.html


楽しみにしていただけに、ガッカリしました。
これじゃない感と、もっと頑張って欲しかったという残念な気持ち。

まず、エルトン・ジョンを演じたタロン・エジャトンの歌がイマイチ。
下手ではないかもしれないけど(上手でもない)、声が良くない。
冒頭、最初の歌声で、あぁこれはダメだと思った。
エルトン・ジョンを演じるにはハスキー過ぎる。
最初の歌声で心掴まないとダメだよ。

そして、ここぞという肝のシーンが全然ダメ。
レジナルド(エルトン・ジョンの本名)が初めて奨学生として王立音楽院でピアノを披露するシーンや、「Your Song」が誕生するシーン、もっとハッとさせて欲しかったなぁ。
あそこ頑張らなくて、どこ頑張るんだよ。

他、ミュージカルシーンも安っぽい。
なんでもっと頑張らなかったのかなぁ。

監督のデクスター・フレッチャー。
殆ど監督経験が無いですよね。
荷が重かったのではないでしょうか。


2.5点
https://rocketman.jp/

「カメラを止めるな」の上田慎一郎監督のオリジナル脚本で、トリプル監督(その一人が上田監督)という作品。

「カメ止め」同様、ネタバレ厳禁系なので、多くは語りません。
が、「カメ止め」同様、中盤で物語の見え方が180度変わる系です。
が、「カメ止め」と違い、色々と無理がある。

どうやって潜入したんだとか、気に入られる確証は無いだろうとか。
ミスリードの仕方も、ちょっと嫌な予感がしていたのですが、それをやったらアカンやろう。

要は、そういった諸々を吹き飛ばせる程、面白くなかったということです。
後味もあまり良くないし。

あと、カメがかわいそう。
本当に大事にしていたペットなら、あんな真似は絶対に出来ないはず。


2.5点
http://aesop-tsubo.asmik-ace.co.jp/

「君と歩く世界」のジャック・オーディアール監督作品で、第75回ヴェネチア国際映画祭の銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞作です。

舞台はゴールド・ラッシュで沸き立つ1851年のアメリカ。
最強の殺し屋“シスターズ兄弟”は、ボスの指令で、連絡係のモリスが捜し出したウォームという男を捕らえに行く。ウォームは科学者で、黄金を見分ける化学式を見つけていたのだ。

んー。期待して観に行ったのですが、面白くはなかった。

衝動的で殺し屋が天職な弟と、弟のために嫌々ながら殺し屋を続けている兄のデコボコ感は面白かったし、弟を演じたホアキン・フェニックス、兄を演じたジョン・C・ライリー、モリスを演じたジェイク・ギレンホールと芸達者が揃っているなとは思いましたが。

何というか、彼らはこの役を演じて楽しいだろうなという感想。
(邦画で例えるなら、「任侠映画」を演じている男優に感じる、しらーっとした気持ち。)

そもそも、企画者はジョン・C・ライリーだそうで、そりゃあ、この兄は美味しい役だろうよと思いました。
俳優が自分で企画立案して主演務めるのに反対な私です。
独りよがりになるというか、本人だけが気持ちよくなっているなと白ける。

ラストも女性は「はぁ?」となると思う。
男は結局、マザコンか。

ま、男性には刺さるのかもしれませんが、女性は置いてけぼりな感じです。


2.5点
https://gaga.ne.jp/goldenriver/

アメコミ映画には興味が無い私ですが、「X-MEN」と「バットマン」だけはシリーズ追いかけています。

特に「X-MEN 2」(「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督)、新三部作の「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(「キック・アス」「キングスマン」のマシュー・ヴォーン監督)、「X-MEN:フューチャー&パスト」(再びブライアン・シンガー監督)は傑作だと思っています。

そんな「X-MEN」シリーズが遂に終焉。
その最終作が「X-MEN:ダーク・フェニックス」です。

前置きが長くなりましたが、結論から先に申し上げますと、ものすごくガッカリしました。
上述した3作にある深みが全く無く、単なるアクション映画になっている。
仲間割れや宇宙人の登場、重要人物の死という安易でチープなプロット。

前作の「X-MEN:アポカリプス」も酷かったんだった。
もう「X-MEN:フューチャー&パスト」で止めれば良かったんだよ。

監督は本作が初監督のサイモン・キンバーグ。
「X-MEN」シリーズのプロデューサーの一人。
・・・なんでこの人に撮らせたんだよ!
ファンを舐めるな!!

なお、「X-MEN:フューチャー&パスト」で過去が変えられたことにより、「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」と矛盾が生じています。パラレルワールドになっている感じ。

まだ「X-MEN」を未見の方は、「X-MEN」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」の5作だけ観れば十分です。
スピンオフもしょうもないから観る必要無し。
5作も観る時間無いよと言う方は、せめて「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」の2作だけでも!
話はそこからだ!

本作で良かったのは2つだけ。
久々に普通のジェームズ・マカヴォイが見られたことと、マイケル・ファスベンダーが相変わらずセクシーということだけ。



2.5点
http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/

ラース・フォン・トリアー監督の最新作です。
私、一作も好きだと思えたことがないのに、何故かこの監督の作品を観続けてしまっています。
なお、前作の「ニンフォマニアック」は映画館で観る勇気が無く、配信で観ました。

で、本作。
マット・ディロン演じるシリアルキラー・ジャックの殺戮に明け暮れる12年間を描いています。

結論から言うと、誰にも薦めはしません。
R18なのだけどさ、よくもまぁこんなに不謹慎で醜悪でエグイことが思いつくなと。
エグさがシュール過ぎて、途中で噴いたもの。

私には逆立ちしても思いつけない!
あのラストの”家”とか、「オー!マイキー」みたいなアレとか。
キム・キドク監督の作品を観ても同じことを思いますが、私って凡人だなと痛感する。

ただし、特に心に残るものが無かった。
ジャックがシリアルキラーになるきっかけとなったユマ・サーマン演じる煩いおばさんとの出会いは、やけに納得感あったけど。

ラストの方で、ご自身の過去作のシーンがたくさん出てきますが、自虐なのかしら??

あと、David Bowieの「Fame」をこんなシーンで使わないでーーー!!!


2.5点
http://housejackbuilt.jp/

ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描いた社会派もの。

クリスチャン・ベイルが役作りのために20kg増量。
あれ?なんかもはや驚かない。

観ている途中で思い出しました。
私、本作の監督であるアダム・マッケイの前作「マネー・ショート」も刺さらなかったんだった。
クリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリング、スティーヴ・カレル、ブラッド・ピットという信じられない豪華キャストを集めたのに、これ??とガッカリしたのだった。

演出がダサいの。
「バイス」はダサい上に狙いすぎで、なんかもう映画の世界に入っていけなかった。


2.5点
https://longride.jp/vice/

↑このページのトップヘ