趣味の為に生きて行く。

グルメ、本、映画、旅行をメインにアップしていきます。

2点以上

映画 「15時17分、パリ行き」

なにこれ?なんでこれを映画化したの?

2015年8月にパリ行きの高速鉄道内で起きた無差別テロ事件を映画化したものです。
予告を観た時に、テロリストを制圧するなんて時間的には一瞬のことだよね?どうやって2時間もたせるの?
まさか延々と回想を挟むとか・・・!?と思ったんですよね。
不安的中。

テロリストを制圧した3人の青年の生い立ちが延々と綴られます。
まさに彼らがアムステルダム発パリ行きの高速鉄道に乗るまで、ずっと。
鉄道のくだりは15分も無かったのでは?
そこまでずーっと、正直言ってどうでも良い一般人のありきたりな生い立ちを見させ続けられる。
これが本当につまらなくて、苦行のようでした。
3人とも悪ガキで、しょっちゅう校長室に呼び出されるとか、マジどうでもいいっちゅうねん。

どうしようもない悪ガキで、人生に挫折し続けた過去を持っていても、勇気を出せば、人生一発逆転できるよ!という話??
(私はねー、昔から、ヤンキー先生とか嫌いなのよ!)
だとしたら、延々と見させられるこの3人の過去をもっと上手く生かすべきだったと思うのよね。

どうしようもない人間が人助けする話なら、「アンナチュラル」の8話の方がずっと感動します。
悪かった過去もちゃんと生きているし、脚本の出来がずっと良い。

私はイーストウッド監督作品を結構観ていますが(「ミスティック・リバー」以降は全て)、今までで一番酷かった。
イーストウッド信者って、イーストウッド監督作品全てを褒め称えるけど、それって論理的ではないと思うんですよね。
私にも好きな監督はたくさんいますが、好きな監督にも駄作はあるし、全作品が傑作なんてありえないでしょう。
イーストウッドのことだから、全てが痛烈な皮肉(本編中に「アメリカ人は全ての手柄がアメリカのものだと主張する」みたいな台詞があったので、深読みした)であったとか、何かしらのオチが欲しかった・・・。

なお、青年3人を本人たちが演じているという挑戦をイーストウッドはしたそうですが、これもねぇ、監督の自己満足だと思うのよね。
視聴者には関係無いというか。
だって私、観終わってエンドロール流れるまで、気付かなかったし。
なんか演技下手な見たことのない俳優さん達だなとしか思わなかった。

細かいことだけど、Wi-Fiが繋がらなくて一等車に移動していましたが、切符はどうしたんですかー?


2点
http://wwws.warnerbros.co.jp/1517toparis/



映画 「空海 KU-KAI

かなり退屈しました・・・。
隣に座っていた男性は最初から最後まで寝ていた・・・。

舞台は7世紀の中国。
唐の都では、不可解な権力者連続死亡事件が起きていた。
真相を追う遣唐使の空海と詩人の白楽天は、事件の鍵が50年前の玄宗皇帝の時代にあることに気付く。その時代には、絶世の美女・楊貴妃がいた。

CGにお金をかけているのだとは思いますが、もはやこれくらいのCGでは驚かないし、いかんせん、何か映画全体がダサいんだよね・・・。

吹替版(しかやっていなかった)で観たのですが、海外ドラマの安い吹き替えみたいで気になってしかたない。

テンポも悪くて、前半本当にきつかった。

なによりも、なぜ今これ??という気持ちになる。
空海という主人公もだし、中国を舞台にしたアクションファンタジーというのもだし。

もちろんマーケティングが全てではないと思っていますが、一体これを誰が観たいと思って角川さんは製作したんだろう。

そもそも、チェン・カイコ-にファンタジーって無理があったのでは??

あと、空海のことを天才的僧侶みたいな表現しているのだけど、僧侶の天才って何?お経が上手いとかそういうこと??

2.5点
http://ku-kai-movie.jp/index.html

映画 「デトロイト」

1967年に起きたデトロイト暴動を描いております。

確かに暴動の発端は横暴なデトロイト市警にあります。

でも、でもよ?
自分達の住む街で放火したり略奪したりと暴動を起こして、街が崩壊して住めなくなったら、あなた達どうするの?
家賃高いからニューヨークにもワシントンにも住めないよ?
(実際、この暴動がきっかけでデトロイトは崩壊し、今では中心部は廃墟状態だそうです。)
正直、アホなの?と思ってしまった。
(実際、暴動起こした殆どの人がアホなんだと思う。)

映画の中心は、デトロイトのモーテルで起きた警察官による黒人青年殺害事件です。
モーテルに宿泊していた黒人青年の一人が、ふざけて、競技用のスターターピストル(音だけ鳴るやつ)で警邏中の警官達に向かって発砲するんですよ。
そしたらモーテルが警官&州兵に囲まれてしまって。
で、警官達が宿泊者達に誰が発砲したのか追及するのですが、誰も口を割らないから、エスカレートして拷問が始まると。
この拷問シーンだけで1時間近くあるんですよ。
もうね、ホラー。これ、ホラー。
バカな大学生がバカなことして恐ろしいことに巻き込まれるハリウッドのB級ホラーを観ているかのようにイライラしました。

一番の疑問は、なぜ、とっとと「ふざけてスターターピストルを発砲しました」と言わないの?と。
発砲した人をかばっているのだろうなと思ったのだけど、発砲した人は早々に殺されちゃうの。
そうしたらもうかばわなきゃならない人はいない訳で。
観終わっても、なぜ口を割らなかったのか、分かりませんでした。

うーむ。実話を元にしているから変えられないのだろうと思いますが、ふざけてスターターピストルを発砲したという愚かさに引っ張られて、作品の根底にある意義みたいなものが歪められちゃったように思います。
人種差別については頭では理解しているものの、日本人でリアルな実感が無いからか、このデトロイト暴動に関しては黒人の方々に同情できない。

実録物というかドキュメンタリーを観ているかのようなリアルさはあります。

そして、常軌を逸した警官を演じたウィル・ポールターの演技は印象に残りました。人種差別に少しも疑問を抱いていないどころか、自分の行為が人種差別とも思っていないサイコな様子に戦慄しました。

それにしても、やはり私はキャスリン・ビグロー監督とは合わないんだな。
「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」そして本作。
テーマ的には意義があると思いますが、映画はやはり面白いかどうかだと思うの。
どれも面白くはないんだよなぁ…。


2.5点
http://www.longride.jp/detroit/


映画 「オリエント急行殺人事件」

これだけのキャストが揃っているのに、何故!?
退屈でした・・・。
これなら、フジテレビで放送された三谷監督×野村萬斎さん版の方が断然面白かったです。

何度もしつこいですが、私は早川書房から出ているアガサ・クリスティの著作89作を読破している程のクリスティファン。なので、ストーリー自体は物凄く面白いと思っていますし、上述の三谷版のこともあるので、オチを知っているから退屈と思っている訳でもありません。

一言でいうと、個性が無いのです。
『オリエント急行殺人事件』の面白さの一つに、乗客全員が容疑者で、しかもそれぞれが癖があって一筋縄ではいかないという点だと思うのですが、本作は、これだけのキャストが出ているのに、一人一人のキャラクターが没個性になっている。
ペネロペ・クルスもミシェル・ファイファーもジュディ・デンチもウィレム・デフォーも、キャラが弱い。
ジョニー・デップも、別にジョニー・デップじゃなくて良かったんじゃないの?と。
テンポも良くないのだと思いますが、メリハリが無くて、ダラダラしているように感じます。

そして、ケネス・ブラナー。
なぜ監督と主演の両方をやることになったのだろう・・・。
比べるのはなんですが、やはりデヴィッド・スーシェのポアロ(NHKで観たことあるかと)が刷り込まれちゃっているので、インパクトに欠けるんだよなぁ。 

という訳で、睡魔との闘いでした・・・。

『ナイルに死す』も実写化するのかぁ。
ポアロシリーズで一番好きな作品なのですよね・・・。
結局、観ちゃうんだろうなぁ。


2.5点
http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie/


映画 「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」

舞台は1948年のチリ。
大統領は国民的詩人で共産党員のパブロ・ネルーダを弾劾、警察官のペルショノーに逮捕を命じる。
ネルーダは逃亡生活に刺激を受けながら、詩集「大いなる歌」を完成させようとする。

ネルーダとペルショノーの追跡劇なのですが、これが退屈で・・・キツかった。
何を面白がれば良いのかが分からず、企画書上の見どころって何だったんだろう?と。
ネルーダのことを知っていたらまた違うのかもしれませんが、その人を知らなければ楽しめないのだとすれば、そもそも映画として成立していないなと。

監督はパブロ・ラライン。
私はこの監督の「NO」と「ジャッキー」を観ていました。
ペルショノー役のガエル・ガルシア・ベルナルは、「NO」に続き、この監督2作目ですね。


2点
http://neruda-movie.jp/

映画 「プラネタリウム」

ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・メロディ・デップ(ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘ね)が姉妹を演じると聞いたら、観なければ!と思いますよね。

舞台は1930年代後半のパリ。
アメリカからやって来たローラとケイト姉妹。
ケイトには死者と交信できるという能力があり、姉妹は降霊術ショーを行っているのですね。
で、姉妹を見初めた有名映画プロデューサーが、本物のゴースト映画を作ろうと企画すると。

人の心を狂わすこの姉妹は、高名なスピリチュアリストなのか、世紀の詐欺師なのかー。
というコピーに騙されました。

てっきり、姉妹の化けの皮がはがされる話なのかと思っていたら、全然違う。
半分以上観ても、一体どこへ連れて行かれるのかサッパリ分からない。

この映画プロデューサーが、常軌を逸して姉妹に傾倒してしまい、社員やスタッフに総スカンを食らいます。
しかも、彼はフランス人と偽っているけれど実はユダヤ人なのですね。
時代も時代なだけに、それで余計に槍玉に揚げられると。

うーむ。。。
という訳で、霊媒師という設定は骨子とは関係無いように思いました。

アメリカからやって来た姉妹が、ショービズ界&第二次世界大戦目前の不穏な時代に翻弄されていく話。
ただし二人の心情は明確には表現されておらず、観客に委ねられる部分が大きいです。
映像&女優二人の美しさには見入ってしまいました。

2.5点
http://planetarium-movie.com/

映画 「ローガン」

ひ、酷かった・・・。
「X-MEN」ファンとしては、記録から抹消し、封印して欲しい。

一体、誰が、こんな結末を観たい!?

舞台は2029年。
老眼鏡をかけた初老のローガン(ウルヴァリン)。
老いて自分の脳をコントロールできなくなり、他人からは呆けているようにすら見えるチャールズ(プロフェッサーX)。
どうやら他の人達はもうこの世にはいないみたいで、ローガンがチャールズを介護している。
しかも貧乏。(チャールズの莫大な資産は??)

こんなの見たくなかった。
こんなんだったら、別に完結編なんて要らないよ。
どこかでみんな元気に暮らしている、そう思っていたかった。

なんか、「ロッキー」の最後の方みたいな感じ。
金の亡者達に、「X-MEN」が搾取され、消耗され、吸い取られ、ボロボロになっていく。

私ね、アメコミの実写化って興味ないのですが、「X-MEN」だけは愛しているのですよ。
特に、「X-MEN: フューチャー&パスト」と「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」は大傑作だと思っています。

そんな中、シリーズの面汚しともいえる作品が現れました。
2013年に公開されたスピンオフ作品「ウルヴァリン: SAMURAI」です。
もうね、本当にね、これは抹消すべき作品ですよ。
で、この時の監督がジェームズ・マンゴールド。
「17歳のカルテ」とか「ウォーク・ザ・ライン」みたいな作品を撮っていれば良いのですよ。
なぜ、「X-MEN」に抜擢した!?

と思っていたら、「ローガン」もこいつじゃないか!!
完全に「X-MEN」の戦犯になっておる!!!

映画は監督次第なんですよ。
「X-MEN」作品の歴代監督を整理してみました。

ブライアン・シンガー (「ユージュアル・サスペクツ」)
「X-MEN」「X-MEN2」「X-MEN: フューチャー&パスト」「X-MEN: アポカリプス」

マシュー・ヴォーン (「キック・アス」「キングスマン」)
「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」
↑ブライアン・シンガーが原案とプロデューサーを務めている。

この二人の作品が傑出しています。

私が「X-MEN」に惹かれたのは、ミュータント達の悲哀(人間を助けたのに、その能力を恐れられ、迫害される)なのです。

ブライアン・シンガーは、(ゲイ寄りの)バイセクシャルでユダヤ人なのですね。
「X-MEN」(コミックス)のファンではなかったけれど、本作の根底にある偏見や差別に共感し、監督を引き受けたそうです。

何が言いたいかと言うと、「ローガン」は私の中で無かったことにします。
もし「X-MEN」を観たことが無ければ、絶対に「ローガン」からは観ないで!
まずは、「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「X-MEN: フューチャー&パスト」を!!


2.5点
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/

映画 「昼顔」

こんな結末、誰が観たいの?
観なきゃ良かった×100万回。

単につまらないということだけではない。
これはもはや犯罪の域。
フジテレビと井上由美子に猛クレーム入れたい。

早々に再会して再燃しちゃうので、これだと話が終わっちゃうから、中盤は無理くりマッチポンプ的な展開で話を引っ張っていて、白ける。
北野先生がまだ奥さんに会っているんじゃないかという嫉妬⇒自分に好意を持ってくれているっぽい別の男にフラフラ⇒北野先生にばれる⇒喧嘩⇒雨降って地固まる的な、はぁ!?
自分で火を付けて消しているだけじゃねーか。
安いぞ、安っぽい展開だぞ!

そしてラスト。
あの出かけて行く北野先生を見て、嫌な予感がしたんですよ。

そうしたら案の定!
安易、安易すぎるぞ!
こんなんで泣くと思うなよ!ファンを舐めるなよ!!

こんな展開、「昼顔」ファンは誰も望んでない。
みんな、帰宅して、冴えない夫にごはん作らなきゃならないの。
悲恋なんて求めてないの。
なぜなら、現実が悲哀に満ちているから!
映画くらい、夢見たいの!!
分かってねーな、バカかと思うわ。

あまりの怒りで、普段使わないような乱暴な言葉遣いで綴ってしまいました。

まじで観なきゃ良かったわ。
あったらやはり観ちゃったと思うから、これなら映画化しないで欲しかった。

それから!上映中、ずっとベチャクチャしゃべり続けていたおばさん二人!
うるさいっちゅうねん。
大丈夫!あんた達には北野先生は現れないから!安心して、寝な!


2.5点
https://www.toho.co.jp/movie/lineup/hirugao-movie.html

映画 「パーソナル・ショッパー」

忙しいセレブに代わって服やアクセサリーを買い付けるパーソナル・ショッパーという職業にフューチャーしたオシャレなお仕事映画だと思いきや。

何これ?×100万回。

確かに、主人公のモウリーンの職業は、このパーソナル・ショッパーとやら(ていうか、スタイリストとの違いは何?買うか借りるかの違い?)なのですが、こんなのただの設定で、ストーリーと関係無くない?
これなら、職業、何だって良いじゃん。

これね、ジャンルで言ったら「スリラー」とか「ホラー」ですよ。

モウリーンは霊媒師で、同じ能力を持つ双子の兄が病死した後、あの世からの“サイン”をずっと待っています。
降霊術とかエクトプラズムとか出てくるよー。

完全にタイトルとポスターに騙された・・・。

びっくりなんだけど、本作、カンヌの監督賞を受賞しています。
やはり河瀨直美をやたら持ち上げているカンヌとは、ワタクシ、相性悪いわ。
そう言えば、オリヴィエ・アサイヤス監督の前作「アクトレス」も、私はダメだったんだった。

モウリーンを演じたクリステン・スチュワートは、「カフェ・ソサエティ」でも思ったけど、美人。


2点
http://personalshopper-movie.com/index.html

映画 「グレートウォール」

私は何故これを観たんだろう?監督がチャン・イーモウだから。
マット・デイモンは何故これに出たんだろう?監督がチャン・イーモウだから。
だと信じたいが、チャイナマネーにぐらついたか!?

監督は「初恋のきた道」「HERO」のチャン・イーモウ。
ということで、ちょっと嫌な予感がしたのですが観てきました。

結論。
私はキツかった・・・。

黒色火薬を求めてシルクロードを旅する傭兵のウィリアム(マット・デイモン)は、万里の長城にたどり着くものの禁軍に降伏を余儀なくされる。
禁軍は、60年ごとに山から姿を現す饕餮(とうてつ)という怪物達と闘う準備をしているところだった・・・。

万里の長城は饕餮から都を守る防壁という設定。
もし饕餮が都に侵入したら、人類は終わりとのこと。

冒頭の禁軍によるアクションは見応えあります。

テーマ的には、「それまで金のために戦ってきたウィリアムが、初めて大儀の為に戦う」という成長モノなのだと思いますが、うーむ・・・戦う相手が何を考えているのかも分からない怪物だと、大儀とか思想が感じられないのです。
「シン・ゴジラ」の時も思ったけど、怪物と戦って勝ってもカタルシスが無くない??


2.5点
http://greatwall-movie.jp/
記事検索
カテゴリ別アーカイブ









東京食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村